乗り物
クルマ
2019/6/20 16:45

「エブリオ」の名を冠したJVCケンウッドのドライブレコーダー第2弾、キーワードはWi-Fi

JVCケンウッドは、ドライブレコーダー「Everio(エブリオ)」の新ラインアップとして「GC-DR20」を7月上旬から発売します。

 

本機は、運転時の状況を鮮明なフルHDの高画質映像で記録できることに加え、Wi-Fi機能搭載によりスマホなどですぐに撮影映像の再生や、見たい映像を選んで転送することができ、手軽にドライブ状況の確認が可能です。また、3色展開の本体カラーと薄型でコンパクトなボディ設計を採用。さまざまな車の内装や小型車にもマッチします。

 

新製品の「GC-DR20」は、”Everio”の「いつでも、どこでも、カンタンに。」のコンセプトを継承しながら、評価の高い高画質性能に加え、Wi-Fi機能を新たに搭載。「論よりスマホ」と題し、撮影された映像をスマートフォンなどで再生・転送でき、映像を見ながらすぐに状況を確認することが可能です。

 

「GC-DR20」のポイント

1.Wi-Fi機能を搭載で、スマートフォンなどに撮影映像の転送が可能

Wi-Fi機能を搭載し、本機で撮影した映像をカメラ本体からSDカードを抜くことなく、スマートフォンなどへの転送が可能。万が一の際も、スマートフォンの画面で映像を見ながら状況を確認することができます。専用のスマートフォン/タブレットアプリ「JVC Dashcam」により、本機とWi-Fiでダイレクト接続(※1)し、本機に記録された映像をそのままストリーミング再生できるだけでなく、その中から必要な動画ファイルを選んでスマートフォンに転送することも可能です。
※1:対応OS、AndroidTM スマートフォン/タブレット: AndroidTM OS 4.4 ~ 9.0、iPhone/iPad: iOS 10 ~ 12

 

2.さまざまな車の内装とコーディネートできる3色展開
本体カラーには、ドライブレコーダーの定番色であるブラックだけではなく、インテリア感覚で楽しく選べるブルー、ブラウンを加えた3色をラインアップ。車の内装にコーディネートできるだけでなく、フロントガラス側から見た存在感で、防犯対策としても効果を発揮します。

 

3.薄型コンパクトなボディ設計で、小型車にも対応
幅約63mm×高さ約51mm×奥行約28mmの薄型コンパクトサイズのボディ設計により、小型車にも対応します。また、フロントガラスとレンズとの距離が短く設置でき、ダッシュボードなどの映りこみを低減し、より鮮明な撮影を実現します。

 

4.フルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応し、走行時の鮮明な映像記録が可能
高精細なフルハイビジョン(1920×1080)撮影に対応。ナンバープレートや標識など、走行時の映像をより細部まで鮮明に記録することが可能です。

 

5.衝撃を検出する「Gセンサー」を搭載

「Gセンサー」を搭載し、衝撃を検出した10秒前から50秒後までを録画。映像は上書きがされない「イベント」フォルダに保存されます。

 

6.1秒間に撮影するコマ数を適正に設定し、全国のLED信号機の無点灯記録を防止

7.急激な明るさの変化に強いWDR(ワイドダイナミックレンジ)を搭載

8.高耐久MLCタイプのmicroSDHCカード(8GB)を付属

9.地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計

10.設置・配線をする際に便利なコードクリップ(5個)を付属

 

TAG
SHARE ON