乗り物
鉄道
2019/8/25 18:30

【2019夏保存版】乗るなら今のうち! 残り少ない国鉄形車両 〈電車編〉

 

【国鉄形⑩211系】近郊形電車として今も大多数が活躍中

製造年1985年〜1991年(現存車両数576両)
残る路線JR東日本:中央本線、上越線・両毛線・信越本線など。

JR東海:東海道本線など

 

長年にわたり活躍した近郊形電車の113系、115系。両形式に代わる車両として開発されたのが軽量ステンレス製の211系だった。国鉄の晩年にあたる1985年に開発・製造され、JRに移行後も増備が続いた。

↑東海道本線で今も主力として活躍するJR東海の211系。新型の313系との連結も可能で、まだまだ一線で活躍しそうだ

 

国鉄時代に生まれたとはいえ、JRとなった後にも増備が図られた車両で、国鉄形という印象は薄いが、車歴は長くなりつつあり、徐々に一線をしりぞき始めている。

 

JR東日本の211系は首都圏近郊の東海道本線や高崎線、東北本線での運用はすでに行われていない。連結していたグリーン車が外され、115系の後を引き継ぐように、群馬地区の各路線と、中央本線の近郊区間を走り続けている。

 

またJR東海の211系は、後進の311系、313系と連結が可能で、東海道本線などの主力車両として走り続けている。いずれも今後、かなり長い期間、走り続けることになりそうだ。

 

ちなみに、JR西日本でも211系が製造されたが、団体・イベント用の車両2両のみで、すでに引退している。

 

 

【国鉄形⑪213系】211系の2扉型という特異な姿の電車

製造年1987年〜1991年(現存車両数56両)
残る路線JR東海:飯田線など。JR西日本:山陽本線、宇野線、播但線など

 

211系と同じ正面スタイルの213系。大きな違いは211系が3扉車であるのに対して、213系が2扉車というところ。コストを削減するために、211系と多くの機器が共通化されている。

 

ちなみに開発製造は1987年と、国鉄最終年で、国鉄として最後の「新規系列車両」でもあった。国鉄当時に製造された基本番台は岡山地区用に。その後、JR東海が関西本線名古屋地区向けに製造した213系は5000番台とされている。

 

↑JR西日本の播但線で活躍する213系。211系を見慣れていると、2扉というのはちょっと異質な印象がある。利用客が少なめの路線ではちょうど良い造りのようだ

 

211系に比べるとやや少なめの製造車両数となった213系。JR西日本では岡山地区で活用される。

 

一方のJR東海では、最初に投入された関西本線での運用はなくなり、現在は、飯田線での運用がメインとなっている。飯田線の路線の北側の終点は辰野駅だが、列車のほとんどがJR東日本の岡谷駅や、一部の列車は上諏訪駅まで乗り入れる。211系とほぼ同じ造りだけに、JR東日本管内での運用も容易なのだろう。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
TAG
SHARE ON