乗り物
2015/7/3 8:00

マツダ ロードスター さらなる高みに達した「人馬一体」のクルマ

150625_k_02_01

 

MAZDA ROADSTER。日本仕様は自然吸気の1.5ℓを搭載するロードスターの4代目で、ミッションは6速のMTとATを採用しています。基本構成は従来と変わりませんが、ドライビングポジションを筆頭とする各部をブラッシュアップ。スポーツカー資質には、一層の磨きが掛かっています。

 

ダウンサイジング化で一層研ぎ澄まされた操る歓び

150625_k_02_02

 

人馬一体という歴代ロードスターのコンセプトは、この新型でも不変。むしろボディやエンジンをダウンサイジングしたことで、その持ち味は一層鮮明になった感すらあります。2シーターのオープンボディは贅肉を落としたスリークな風情で、実際の重量も標準仕様で1トンを切る軽さ。エンジンは1.5ℓ自然吸気で、スペックこそ平凡ながら走らせれば十分パワフルです。排気音のチューニングも入念なので、高回転まで駆使すればスポーツ走行時の気分も俄然盛り上がります。
一方、スポーツカーだと思うと足回りはむしろソフト。それだけに直接的な刺激は乏しいですが、コントローラブルな点は相変わりません。最新のFR車としてはもう少し駆動性能を高めてほしいですが、積極的に操る歓びを日常域から堪能できる点は、このクルマならではの魅力でしょう。

 

 

中身は進化しつつ見ためには古典的風情も

150625_k_02_03

 

足回りは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンクでブレーキは前後ディスクとスポーツカーらしさを醸し出します。ホイールを筆頭に、見ためは古典的。もちろん、機能的にも申し分ありません。全グレードで標準装着されるホイールは、新デザインの16インチ。精悍なガンメタ塗装と8スポークの古典的造形が持ち味です。

 

 

足回りは荷重移動が容易なしなやかな仕立て

150625_k_02_04

 

ハンドリングは日常域でも軽快。オープンカーながら、ボディの剛性感も満足できる水準にあります。上の写真のようにコーナリングでの姿勢変化は大きめですが、それによる不安感は皆無です。ボディシェルは先代比で約20㎏、サスペンションも約12㎏の軽量化を達成。その一方、各部の剛性感は着実に向上しています。

 

 

性能だけでなく見ためも音も入念に調律!

150625_k_02_05

 

ほとんどの部分を専用に設計し直したという1.5ℓエンジンは、スポーツカーにふさわしい回転フィールと爽快なサウンドを実現。ボディが軽量なこともあって、絶対的な動力性能にも不満はありません。エンジンのヘッドカバーは、見せることにも配慮したアルミダイキャスト製。細部に至るまでスポーツカーらしい演出に抜かりはありません。

 

スポーツカーとしての外見や性能に加え、実用性も高いロードスター。 日常の伴侶としても積極的にオススメでできる1台です。

 

 

MAZDA ROADSTER スペック(S MT)

●全長×全幅×全高:3915×1735×1235㎜
●車両重量:990㎏
●総排気量:1496㏄
●エンジン形式:直列4気筒DOHC
●最高出力:131ps/7000rpm
●JC08モード燃費:17.2 ㎞/ℓ
●最大トルク:15.3㎏-m/4800rpm

 

TAG
SHARE ON