乗り物
クルマ
2020/11/18 6:45

イマドキの“軽”はこんなに遊べる! 個性派軽自動車5選

最近の軽自動車は安全性能の進化もスゴいが、限られたボディサイズにメーカーのアイデアがキラリと光る装備が施されている。“遊べる“軽の代表的な個性派5台を紹介しよう。

※こちらの記事は「GetNavi」 2020年10月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

【No.01】軽クロスオーバーの先駆者は室内も遊び心があふれる

スズキ

ハスラー

128万400円~179万800円

軽クロスオーバーというジャンルを築いたパイオニア。現行モデルのデザインは、タフさを演出する直線基調となり、より力強さが増した。2トーンカラーはクロカンモデルの幌がヒント。遊び心をより演出する。

SPEC【HYBRID Xターボ 2WD】●全長×全幅×全高:3395×1475×1680mm●車両重量:830kg●パワーユニット:658cc直列3気筒DOHC+ターボ●最高出力:64PS(47kW)/6000rpm[モーター3.1PS(2.3Kw/1000rpm]●最大トルク:98Nm(10.0kg-m)/3000rpm[モーター50Nm(5.1kg-m)/100rpm]●WLTCモード燃費:22.6km/L

 

↑運転席からカーナビ、助手席まで同じデザインの3連カラーガーニッシュが「ギア」感を演出するハスラーのインパネ。遊び心を高める

 

↑後席の背面やラゲッジフロアは汚れを拭き取りやすい素材。広さも申し分なく、後席を倒した場合の最大床面長は1140mmを確保する

 

★ココが遊べる! 広い荷室は自転車も積める

アウトドアを遊び尽くせるようサイクルキャリアやベルトもオプションで用意される。限られた空間でも工夫次第で楽しみ方は無限大。

 

悪路走行性能も本格的

全モデル地上最低高は180mmと高く設定され、急坂にも十分対応できる前後のアングルを確保する4WDならばより高い走破性を実現している。

 

【No.02】開放感抜群! 自由自在に使える工夫も満載

ダイハツ

タフト

135万3000円~173万2500円

「タフト復活」と思った貴兄はかなりのダイハツ通。1974年の初代は本格的なクロカンモデルだったが現代のタフトは開放的な空間が自慢のクロスオーバーモデル。135万3000円~の価格設定はコスパ抜群だ。

SPEC【Gターボ 2WD】●全長×全幅×全高:3395×1475×1630mm●車両重量:840kg●パワーユニット:658cc直列3気筒DOHC+ターボ●最高出力:64PS(47kW)/6400rpm●最大トルク:100Nm(10.2kg-m)/3600rpm●WLTCモード燃費:20.2km/L

 

↑タフトのテーマはバックパック。荷室の使い勝手も良く、十分な広さと後席のアレンジ性を備える。防汚性に優れた樹脂製のパネルを採用する

 

↑スカイルーフトップ(シェード付)は全モデル標準装備。開放感抜群で気分を盛り上げるガラスルーフは、赤外線や紫外線をカットする

 

★ココが遊べる! テーブルとしても活用可能

オプションのフレキシブルボード2段モード取付キット。マルチフックとラゲージバー2本を組み合わせて、テーブルとしても使えて便利だ。

 

汚れを気にせず収納OK

こちらもオプションのラゲージBOX。泥などで汚れた靴や濡れた衣類などを収納できる。クルマからBOXごと取り外して持ち運べるのも魅力だ。

 

【No.03】力強いデザインと自由自在に使えるスペースが自慢

三菱

ekクロス スペース

165万5500円~199万1000円

力強いデザインが特徴のekクロスよりもSUV色を強めたモデル。後席スライド長は最大350mmで、乗る人や荷物の量に応じて自由自在に使えるのがポイントだ。先進安全運転支援技術「マイパイロット」も搭載可能。

SPEC【T 2WD】●全長×全幅×全高:3395×1475×1780mm●車両重量:970kg●パワーユニット:659cc直列3気筒DOHC+ターボ●最高出力:64PS(47kW)/5600rpm[モーター2.7PS(2.0kW/1200rpm]●最大トルク:100Nm(10.2kg-m)/2400~4000rpm[モーター40Nm(4.1kg-m)/100rpm]●WLTCモード燃費:18.8km/L

 

↑「マイパイロット」は「G」以上のグレードにオプション設定。フロントカメラとレーダーを使った車線維持支援やクルーズコントロールも可能だ

 

↑存在感あるフロントフェイスを作り出すLEDヘッドライトは全モデルに標準装備。切れ長で吊り上がったフォルムが力強さを演出している

 

★ココが遊べる! 汚れを気にせず使える荷室

樹脂仕様のラゲッジボードとPVC仕様の後席シートバックを設定。汚れたアウトドア用品なども気にせず積めて便利だ。

 

【No.04】軽ハイトワゴンとSUVを融合させたアクティブモデル

スズキ

スペーシア ギア

164万4500円~189万900円

広い室内が人気の軽ハイトワゴンにSUVのアクティブさをプラスしたモデル。ベースはスペーシアだが、内外装に専用パーツを採用するなど、こだわった1台。発進時にモーターのみで走行可能なマイルドハイブリッド搭載。

SPEC【HYBRID XZターボ 2WD】●全長×全幅×全高:3395×1475×1800mm●車両重量:890kg●パワーユニット:658cc直列3気筒DOHC+ターボ●最高出力:64PS(47kW)/6000rpm[モーター3.1PS(2.3Kw/1000rpm]●最大トルク:98Nm(10.0kg-m)/3000rpm[モーター50Nm(5.1kg-m)/100rpm]●JC08モード燃費:25.6km/L

 

↑スペーシアの豊富なシートアレンジはそのままに、防汚仕様が施されたラゲッジルーム。車高の高さを生かして自転車も余裕で積載可能だ

 

↑スーツケースをモチーフにしたダッシュボードはスペーシア同様。収納スペースは上下だけでなく、ドリンクホルダーも装備するなど豊富だ

 

★ココが遊べる! シート下にも収納スペース!

助手席座面下にも靴などが入れられる収納スペースを装備。樹脂性なので汚れに強く、持ち出して洗うこともできる。

 

【No.05】レジャーのプロと開発したことで抜群の使い勝手を実現

ダイハツ

ウェイク

137万5000円~187万5500円

キャンプや釣りなど、レジャー人口の多いジャンルのプロたちとコミュニケーションを取りながら開発。最適な形にアレンジしやすいラゲージルームや、最大の特徴である背の高さが、アウトドアや車中泊を快適なものにしてくれる。

SPEC【Gターボ“SAⅢ” 2WD】●全長×全幅×全高:3395×1475×1835mm●車両重量:1020kg●パワーユニット:658cc直列3気筒DOHC+ターボ●最高出力:64PS(47kW)/6400rpm●最大トルク:92Nm(9.4kg-m)/3200rpm●WLTCモード燃費:16.9km/L

 

↑インパネまわりはもちろん、シート下のスペースまで活用できる収納スペースを数多く装備。散らかりがちな小物の収納に困ることはない

 

↑レジャーエディションに標準装備される防水素材のイージーケアフロアは汚れを簡単に落とせる。座席側だけでなく荷室側にも設定されている

 

★ココが遊べる! 高い車内高を有効活用でき便利に使える

荷室高は1140mmで大きな荷物も長い荷物も同時に積める(左)。オプションのデッキボードで2段積みも可能だ(右)。

 

 

【フォトギャラリー(画像をタップするとご覧いただけます)】

TAG
SHARE ON