乗り物
自転車
2021/1/14 18:45

電動アシスト自転車VOTANI「Q3」のおしゃれさに惹かれる! 街乗りには十分な装備と性能をレビュー

2020年、大きく販売台数を伸ばしたのがe-Bikeと呼ばれるスポーツタイプの電動アシスト自転車。満員電車を避ける通勤手段としての需要が高まったことが伸長の理由ですが、通常の電動アシスト自転車と比べると、高価なのがネックでもあります。

 

「ママチャリっぽくないデザインの電動アシスト自転車がほしいけれど、できれば予算は抑えたい」そんな人にオススメしたいのが、VOTANI(ヴォターニ)というブランド。ミニベロと呼ばれる小径タイヤを採用した街乗りに似合うスタイルですが、通常の電動アシスト自転車に少し足したくらいの予算で購入できるのがメリットです。以前に「H3」というモデルに試乗しましたが、好印象だったため、続いて上陸した「Q3」というモデルにも乗ってみることにしました。

↑フレームが低くまたぎやすい形状で、女性にも乗りやすそうなスタイルのヴォターニ「Q3」。写真のスノーホワイトの他に、カッパーゴールドカラーもある

 

BESVのノウハウを注入された設計

ヴォターニというブランド名を聞き慣れない人も多いと思いますが、アシストシステムや車体設計などを手掛けているのはe-Bike専業メーカーのBESV(ベスビー)。おしゃれなe-Bikeを数多くリリースしているだけに、このQ3にもそのエッセンスが感じられます。以前に紹介したH3との違いは、フレーム形状と後輪にサークル錠を装備していること。バッテリーやモーターなどのアシストユニットは共通です。

↑フレームの形状がU字になっており、低い位置を通っているので乗り降りしやすいのが特徴。車両重量は20.4kg

 

↑モーターは前輪の車軸部分に搭載される形式。タイヤは前後とも20インチです

 

↑バッテリーはシートの後ろ側に搭載されていて、ケースにはVOTANIのロゴが入る

 

↑充電時はケースからバッテリーを取り出して行う。フル充電時間は約3.5時間

 

アシストは3段階に調整が可能で、ベスビーが得意とするペダルを踏む力に合わせて最適なアシストを提供するオートアシストモードも備えています。アシスト可能な走行距離はエコモードで約80km、ノーマルモードで約60km、パワーモードで約45km。日常使いでは十分なバッテリー容量といえるでしょう。

↑アシストの切り替えは左手側のディスプレイで行い、残りのアシスト可能距離なども表示可能

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON