雑貨・日用品
キッチン用品
2017/4/14 15:20

めちゃくちゃ使いやすい! フード関係のプロが絶対に手放せない「べた惚れ日用品」3選

料理のよしあしには、使う道具も影響します。そのため、本当にいいものを使いたいですよね。

 

そこで、フード関係のプ口が「これだけは使い続ける」と惚れ込んだ逸品を教えてもらいました。その道を極めた人の愛用品、ぜひ真似してみてください。

 

【その1】ツヴィリング「ツイン セルマックス M66 シェフナイフ」3万4560円

まずは、HAL YAMASHITAオーナーシェフの山下春幸さんが愛用している包丁「ツイン セルマックス M66 シェフナイフ」から。

20170414_a00

この包丁の心材は、超硬合金を含んだマイクロカーバイドパウダースチール。これを両側から刃物鋼ステンレスで挟み込むという、きわめて贅沢な構造が特徴です。カミソリのような鋭い切れ味が長く続きます。

 

↑ハンドルも美しい。樹脂を染み込ませた特殊な素材を重ね合わせ、一本一本職人がハンドルの形に成型
↑ハンドルも美しい。樹脂を染み込ませた特殊な素材を重ね合わせ、一本一本職人がハンドルの形に成型

 

様々な食材を切っていても疲れない好バランスが魅力

山下さんによると、「切れ味は当然のこと、最も信頼しているのはバランスのよさ。指の当たる位置や手の触れる箇所など細部まで研磨され、さらにグリップ剛性、鋼の強さ、刃付きの角度などすべてにおいて計算し尽くされています。肉、魚、野菜と様々な食材を私はほとんどこの包丁で切りますが、好バランスなので手も疲れず、安全に使用できるのです」とのこと。

 

【その2】OXO「クリアサラダスピナー」4860円

つぎは、フードスタイリストの新井美代子さんが愛用しているスピナー「クリアサラダスピナー」。

20170414_a01

このスピナーは、片手でノブを押すだけでカゴが回転し、簡単に野菜の水切りが可能。しかもこのノブは濡れた手でも滑りにくく、またフタ内にしまえるなどの特徴があって使いやすいです。小サイズもあります。

 

サラダ作りに欠かせない機能美あふれる逸品!

新井さんによると、「おいしいサラダ作りには野菜の水切りが欠かせないので、スピナー選びは大切。そこにあってこちらはワンタッチで押せたり、回転を止められるブレーキが付いていたりと、配慮に富んだ機能美が素晴らしいです。私は10年以上愛用!」とのこと。

 

【その3】工房アイザワ「角形ランチボックス 中」4320円

最後は、フードアナリストの中山秀明さんが愛用しているランチボックス「角形ランチボックス 中」。

20170414_a02

このランチボックスは、新潟県燕市の老舗が製造。素材に臭いや色移りがないステンレス製で、仕切りが付いています。シリコン製のパッキンにより汁漏れしにくいのもうれしいです。2段タイプや小、大サイズもあります。

 

油汚れがすっきりと落とせていつまでも使い続けたくなる

中山さんによると、「プラスチック系の弁当箱より油の落ちがよく、スカっと洗えるのが一番のお気に入りポイント。パッキンも取り外せるので衛生的です。頑丈で精悍な一面がありながら、細部まで使いやすさを追求した意匠はまさに日本の名工品!」とのこと。

 

“わかっている人”は普段こんな日用品を使っているのです。意外と高嶺の花なアイテムは少なかったので、気軽に真似できますよね。もっと楽しく料理するためにも、ひとつ購入してみては?

 

【教えてくれた人】

HAL YAMASHITAオーナーシェフ 山下春幸さん

2010年の世界グルメサミットで、年間最優秀シェフに輝く。素材の味を最大に引き出す「新和食」の旗手として国内外で活躍。

 

フードスタイリスト 新井美代子さん

雑誌や広告を中心に活躍。レシピ開発やスタイリング、制作など料理全般に広く携わり、特にサラダには思い入れがある。

 

フードアナリスト 中山秀明さん

アウトドア好きのフードライター。この春は花見やピクニックで男の手料理をふるまおうと日夜自炊に励む弁当男子。

TAG
SHARE ON