雑貨・日用品
2017/12/11 18:00

履かせてフィット!? 家でもアウトドアでも映えるボトルクーラー

年末の時期に差し掛かると、忘年会や新年会などのイベント行事が続き、いつもより懐が寂しい。普段はなんとかお小遣いの中でやりくりできているけど、今月いっぱいは自宅で晩酌をして節約しなくちゃならないな……。でも、どうせなら宅飲みだって楽しみたい! わがままかもしれないけど、自宅で使えるおしゃれで便利な宅飲みアイテムはないんだろうか?

main-3

そんなお父さんにお届けしたいのが、昭和10年創業の老舗靴下メーカー「昌和莫大小」の自社ブランド「OLENO」から発売されている「OLENO ボトルクーラー」。

 

このボトルクーラーのポイントは、老舗靴下メーカーだからこそ叶えられた機能性の高さ。特殊な糸を使って作られており、水が蒸発するときに熱を奪う“気化熱”という性質を利用することで、飲み物の冷たさを保つことができるんです。さらに、11種類と豊富なデザインはどれもおしゃれ。今回はそんな「OLENO ボトルクーラー」の使い方をご紹介します。

 

 

濡らして絞って装着するだけ! 保冷効果抜群のボトルクーラー

STEP1
ボトルクーラー全体を濡らす

ボトルクーラー全体を濡らす

まずは専用ボックスからボトルクーラーを取り出し、全体に水を含ませて絞ります。このときに、なるべくしっかりと絞るのがポイント!

 

 

STEP2
また濡らして絞れば何度も使える!

また濡らして絞れば何度も使える!

いよいよ、ボトルの下部に装着。生地が乾いたら、また水を含ませて絞ってボトルに装着するだけで、保冷効果を持続させることが可能。

 

 

STEP3
付属専用ボックスはコースター替わりに

付属専用ボックスはコースター替わりに

付属ボックスは、コースターとしても使うこともできます。使い終わったボトルクーラーは台拭きなどと一緒に干しておきましょう。布製のため洗濯も楽チンですよ!

 

 

まとめ

水に濡らし、絞って装着するだけで簡単にボトルが保冷できる「OLENOボトルクーラー」。「晩酌用のお酒を冷やし忘れてしまった!」なんてときにも、ボトルに装着して冷蔵庫に入れれば、冷却スピードを早めることもできます。また、ボトルクーラーはワインボトルだけでなく、子ども用のジュースやペットボトルなどに装着することも可能。職場や学校など普段使いにも重宝します。さらに、コンパクトで持ち運びにも便利なので、アウトドアでお酒を飲む際にも役立ちます。ぜひ「OLENOボトルクーラー」で、テーブルをポップに彩りながら冷たくて美味しいドリンクを飲みましょう!

 

 

【紹介したグッズ】
item-1

昌和莫大小「OLENOボトルクーラー」
価格:1944円

 

日々の「参った!」というお悩みを5分で解決!「参田家(まいたけ)のおうち手帖」

matitake300x97_01