雑貨・日用品
2019/10/18 18:45

日本の住環境はダニ天国だった! 洗いながらダニ対策できちゃう「アリエール ダニよけプラス」デビュー

P&Gジャパンは、アリエールブランド初となるダニよけ効果を備えた「アリエール ダニよけプラス」シリーズ4製品を10月下旬に発売します。ラインナップは、液体洗剤の「アリエールジェル ダニよけプラス」、ジェルボールタイプの「アリエールジェルボール3D ダニよけプラス」、衣料用柔軟剤「レノア本格消臭 ダニよけプラス」、洗えない布製品にも使えるスプレータイプ「アリエールスプレー ダニよけプラス」の全4アイテム。

↑4アイテムをラインナップ

 

日本の住環境はダニにも天国だった!

このアリエール ダニよけプラスシリーズは、様々な日用品やジャスミンの精油にも含まれる「ダニよけ成分」を配合していることが特徴。洗うだけで衣類や寝具などにダニが嫌がる成分が働き、ダニを寄せ付けづらくすることができます(※1)。いずれの製品も、皮膚科医監修のもとで肌テストを実施しており、肌に影響がないことを確認しているとのこと(※2)。

※1:すべてのダニ・素材に効果があるわけではありません
※2:すべての人の皮膚に影響がないわけではありません

 

ダニは高温多湿な環境を好み、その死がいやフンはアレルギーの一因になるとも言われています。また、布製品に付着した人の汗や皮脂はダニをよせつけやすく、寝具やクッション、カーペット、ソファー、ぬいぐるみなど、住まいの様々な場所に生息しています。

↑ダニの性質

 

環境アレルゲンinfo and careの白井秀治先生によれば、近年、日本の住環境は気密性・保温性が高くなり、秋冬でも暖房や加湿器を使用するようになってきたことから、年間を通してダニが繁殖しやすい環境になっているとのこと。

↑近年の日本の住環境はダニにとっても快適なものに

 

↑住まいのダニの数は30年で4倍以上に増加

 

これまでのダニ対策は、「ダニを殺す・取り除く」「フンや死がいを除去する」という点にフォーカスが当てられ、こまめな掃除や布団干しが主な対策とされてきていましたが、「ダニを誘引する皮脂を落とす」「ダニをよせつけない」といった生きているダニに対する予防策も合わせて行うことで、より包括的な対策ができると期待されています。

↑これまでの対策だけでなく、生きているダニを寄せ付けない予防策も必要に

 

住まいのなかのダニスポットはココ!

発表会には、CMキャラクターを務めるタレントのYOUさん、大島美幸さん、大沢あかねさんが登場。お子さんを持つママでもある三人に、日本の住環境を再現したセットでダニが多く潜む場所を予想してもらう、というゲームが行われました。

↑左から大沢あかねさん、大島美幸さん、YOUさん

 

↑ゲストの3人が住まいのなかのダニ潜伏スポットを探します

 

白井先生によると、ダニが多く潜むアイテムのランキングは、寝室では1位「寝具」、2位「ぬいぐるみ」、3位「カーテン」となり、リビングでは1位「クッション」、2位「カーペット」、3位「ソファ」の順とのこと。いずれも布製品や毛足の長い繊維、中綿などの詰め物が使われており、人が触れる回数も多いものがランクインしています。

↑ダニが潜むアイテムランキング

 

こうした場所や物に対して、従来通り掃除をしっかり行うという対策に加え、洗うだけでダニをよせつけにくくするアリエール ダニよけプラスシリーズを活用することで、より効果的にダニ対策が行えるとのこと。洗えないソファなどには、スプレータイプの製品をこまめに使用します。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
// GAKKEN-326 にてコメントアウト(ecコンシェルCrosumedelia) if (!in_category( array('shopping') )): ?>