雑貨・日用品
キッチン用品
2020/9/2 20:15

「蒸し焼き」っていいですね! 入荷待ちの大人気「グリルイングリル」でおいしさ実感

コンロ下の、いわゆる“魚焼きグリル”。あれいいですよね。焼き魚が好きな筆者はかなり重宝している存在で、トースターとして使うこともあります。そんな魚焼きグリルのパフォーマンスをさらに爆上げする新商品がいま、大人気なことをご存じでしょうか。

↑今回はビタクラフトの「グリルイングリル」をレビューします!

 

それがビタクラフトの「グリルイングリル」。ビタクラフトは、1939年にアメリカのカンザスシティで生まれた調理器具ブランドで、「グリルイングリル」は、魚焼きグリルに入れて使う調理器具です。同社のプロダクトのなかでも、本品は公式オンラインショップでは9月中旬まで入荷待ちになっているという人気ぶり。果たして、その実力はいかに? ということで、実際に試してみることにしました!

↑2020年6月に発売された「ビタクラフト グリルイングリル」(実売価格は9900円)

 

ステンレス+アルミの5層構造で全方向から熱を取り込む

アイテム自体はシンプルで、ステンレス+アルミ製の本体とフタによる調理器具となっています。ただしその構造はきわめて精巧。素材の表面は保温性と耐久性に優れたステンレス2層、内側は熱吸収率と熱伝導率が高いアルミニウム3層の、計5層となっています。

↑本体もフタも全面5層。この構造により、360度全方向から熱がムラなく短時間で伝わるように作られています

 

5層とはいえ見た目はそこまで厚くはなく、それほど重さは感じません。サイズも魚焼きグリルに収まるほどコンパクトながら、熱まわりのよさで素材の味を閉じ込めてくれるのです。

↑サイズは横26.5cm、縦18.5cm、高さ4.5cm(フタ含む)。変形A4の「GetNavi」より小さいサイズとなっています

 

素材だけでなく、密閉性にも優れているのが本機の隠れた特徴。高温で水分が逃げ、肉などがパサつきやすくなる魚焼きグリルですが、「グリルイングリル」なら食材の水分やうまみを閉じ込め、理想的な蒸し焼き状態に。お肉はしっとりジューシーに、魚はふっくら、野菜は素材本来の味が引き出され、シンプルな味付けでもおいしくなるのです。

 

また、全20のメニューがのったオリジナルレシピブックが付くので、どんな料理を作ればいいかわからない人でも安心。魚、肉、野菜はもちろん、ごはんものからスイーツまで、手間をかけずに本格オーブン調理ができるのです。

↑まずはレシピブックを参考にして慣れるのがベター。今回は3つの料理にトライします

 

ハンバーグはひっくり返す手間が不要でジューシーに焼ける

まずは1品目として、ハンバーグを作ってみることにしました。グリルイングリルで作るハンバーグは、フタをせずに焼くタイプで、フライパンと違ってひっくり返さずに焼けるので、それだけで手軽です。ハンバーグだねは、両面焼きグリルの場合は弱火で6分加熱とのことですが、筆者の場合は片面焼きなので、弱火で8分加熱しました。

↑レシピに従ってハンバーグだね作りから開始。みじん切りした玉ねぎをあめ色になるまでソテー。卵、牛乳、パン粉などを混ぜたペーストとともに合いびき肉をこねてハンバーグだねを成形します

 

↑200gのハンバーグなら2個ぐらい焼けるサイズです

 

↑8分経ったら火を止め、余熱で7分(両面焼きグリルの場合も7分余熱)。こうして内部まで熱を通したら完成

 

完成したハンバーグをグリルから出してみると、表面はこんがり、中身はジューシーな仕上がりに。弱火なので焦げることもなく、それでいてフタなしでしっかり熱が通ったのは、熱伝導率の良さがなせるワザでしょうか。付け合わせとともに皿へ盛り付ければ、立派なメインディッシュのでき上がりです。

↑ふっくらしっとりのエアリーな食感で、われながらウマい!  肉100%のハンバーグでもおいしく焼き上がると思います

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON