雑貨・日用品
2020/9/24 10:30

最後の1滴まで絞っておいしいお茶に! ティーバッグ感覚で使える「ティープレス ハーブ」レビュー

ハウスウェアやトイ・ホビー商品を取り扱う企業「あおぞら」には、キッチン周りで役立つ便利グッズが豊富。同社の「ティープレス ハーブ」があれば、ティーポットなしで気軽にお茶を入れられるようになります。インテリアショップ「ニトリ」の公式Twitterで紹介された際は、3000件以上の“いいね”を獲得。ネット上でも「ティーバッグとマドラーが一体化したみたいで便利!」「これはオフィスで使いたい」と話題のアイテムを、さっそくレビューしていきましょう!

 

●最後の1滴まで絞れる「ティープレス ハーブ」(あおぞら)

いつもコーヒー派な私ですが、先日知人から高級な茶葉をもらったので久しぶりに紅茶を飲んでみることに。最初はティーポットでゆっくり時間をかけて淹れてみたものの、毎回この手間を掛けるのは少し面倒に感じます。市販のティーバッグのように小分けにできないかと考えていたところ、ネットショップで「ティープレス ハーブ」(680円/税別)を発見。ティーカップで直接お茶を淹れられるという点に惹かれて購入してきました。

 

スプーンのような形状の本体に、金属製のネットがついた同商品。大きさは4.1(幅)×17.7(高さ)×2.5cm(厚み)ほどで、ティーカップにもマグカップにも使えるサイズ感です。

 

 

まずはネットの部分を開けて、1杯分の茶葉をセット。そのままお湯を入れたカップに浸せば、ティーバッグの要領でお茶が抽出されます。

 

 

お湯が色づいて香りが出たら、少しかき混ぜて茶葉を引き上げれば完成。最後に柄の端を押し込んで茶葉を絞ることで、最後の1滴まで味の滲み出たおいしいお茶になりますよ。

 

茶葉の水気をしっかり絞ってから引き上げられるため、カップの周りを汚す心配もなし。お手入れも簡単でティーポットよりも素早くお茶を楽しむことができました。

 

購入した人からも、「ネットの目が細かくて茶葉がこぼれないところが安心」「見た目もかわいいから使っていてテンション上がるね」「これなら自分好みの濃さに調節できる」と好評の声が。忙しい日のティータイムに、「ティープレス ハーブ」を活用してみては?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

TAG
SHARE ON