雑貨・日用品
2020/10/9 10:30

「ZIP!」で紹介された話題のレインアイテム! 自然にカビを防ぐ「trico 珪藻土 傘立て」レビュー

ノルコーポレーションでは「メゾン ド サボン」「モアルーム」など、多様なブランドの生活雑貨を販売中。同社が扱うブランドの1つ「trico」は、吸水力と乾燥力を併せ持つ珪藻土を使ったアイテムシリーズです。その中でも特に注目を浴びているのが「trico 珪藻土 傘立て」。今年6月に放送された「ZIP!」で役立つレインアイテムとして紹介され、「どんどん水分を吸ってくれて助かる!」「コンパクトだから玄関に置いても狭く感じない」と好評の声が続出しました。東急ハンズやヴィレッジヴァンガードの公式Twitterでもおススメに挙がった同商品を、さっそくレビューしていきましょう。

 

●傘同士を離して保管できる「trico 珪藻土 傘立て」(ノルコーポレーション)

先日、家に遊びに来ることになった友人を迎えに行くと激しい雨に遭遇。なんとか家に着いてお互い濡れた傘を傘立てに挿したものの、時間が経っても全然乾きません……。数時間後、結局友人は半乾きの傘を持って帰る羽目になってしまいました。もう少し通気性の良い傘立てはないかと悩んでいた時、「trico 珪藻土 傘立て」(2200円/税込)を発見。板タイプの斬新な形状に心を惹かれ、さっそく購入することに。

 

平らな板状の本体は大きさ約300(幅)×9(奥行)×300mm(高さ)ほど。一般的な傘立てに比べて床にスッと同化する見た目なので、玄関に置いても窮屈さを感じません。広々としている分、傘を複数立てた時に傘同士がくっつく心配もナシ。風通しがよいため、一般的な傘立てよりも乾燥スピードを短縮できます。これなら雨の日に滞在時間の短いお客さんが来た時も安心ですね。

 

 

 

さらに乾燥力を上げる要素として、素材に珪藻土が使われているのも高ポイント。そもそも珪藻土とは表面に無数の孔があって、自立呼吸をしている自然鉱物です。この呼吸には乾燥スピードを短縮するだけでなく、バイ菌やカビを防ぐ効果も。カビにくくて洗濯も不要なので、いちいち傘立てのお手入れをしなくて済みますよ。

 

 

購入した人からも「普通の傘立てみたく底にずっと水が溜まらないから清潔で嬉しい!」「傘がくっつきにくくて乾くスピードが早まった」と絶賛の声が多数。室内に嫌なカビ臭を発生させないためにも、「trico 珪藻土 傘立て」を傘の保管に役立ててみてはいかがでしょうか?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

 

※価格は商品購入時のAmazon実売価格です。

TAG
SHARE ON