雑貨・日用品
2020/11/25 10:30

なくしやすいレンズキャップをホールド! カメラストラップに取りつけるクリップ「CAPNiP」レビュー

カメラやコンピューター周辺機器を取り扱う企業「GLOBAL・DC」では、遊び心満載のカメラやアクセサリーを販売するブランド「BONZART」を展開中。クラウドファンディングによる商品開発も行っており、レンズキャップ用クリップ「CAPNiP」は目標金額の1076%を達成した注目の商品です。ネット上でも様々なメディアに取り上げられ、「見た目もスマートでめっちゃ便利」「何度もキャップをなくしてたから助かる!」といった声が続出。スタイリッシュなデザインと機能性に注目しながら、使い勝手をレビューしていきましょう!

 

●なくしやすいレンズキャップを挟める「CAPNiP」(GLOBAL・DC)

今年は遠くに出かける機会があまりなく、気に入っている一眼レフの出番も少なめ。さすがに少しもったいないと思い、最近は散歩がてら近所の風景を撮影しています。しかし歩きながら写真を撮っていると、外したレンズキャップをどこに仕舞ったか忘れがち。道端に置き忘れたり誤って踏み壊したりする前に、カメラストラップに取りつけて使う「CAPNiP」(2160円/税込)を購入してきました。

 

同商品は、57(縦)×57mm(横)と55(縦)×55mm(横)のパーツが重なったクリップ型のカメラアクセサリー。マットなブラックの本体にシルバーのアルミプレートが貼りつけられた、とてもクールなデザインです。裏側の四角いパーツには、カメラストラップを通すホールが。幅43mmまでならどんなストラップにもセットできますよ。

 

 

さっそく自分のカメラストラップに取りつけてみたところ、違和感なくフィット。クリップ状になっている部分にレンズキャップを挟むと、クリップの内側にある突起がキャップをしっかりホールドしてくれました。

 

本体が樹脂製なのでキャップを傷つけることなく、強めに振っても全くズレない安定感。そのままストラップを首から下げて歩いても、キャップが落ちる心配がありません。

 

 

購入した人からは、「レンズキャップがばっちり収まって気持ちいい!」「コンパクトで邪魔にならないサイズ感がいいね」「いちいちポケットやバッグに仕舞う手間が省けて助かる」と好評の声が。スマートな「CAPNiP」で、レンズキャップの居場所を作ってみては?

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

TAG
SHARE ON