雑貨・日用品
2020/12/18 10:30

折り紙がコップやお皿に変身! 耐久性抜群な「使える非常用食器折り紙」レビュー

防犯グッズや防災用品など、いざというときに役立つアイテムを取り揃えている企業「アーテック」。同社の「使える非常用食器折り紙」は、お皿やコップとして使える不思議な折り紙です。食材だけでなく水を汲むこともできるため、ネット上で「この発想は日本らしくて面白い!」「いろんな形に折れるところが便利」と話題に。気になる耐久性やお手入れの方法など、使い方を詳細にレビューしていきましょう!

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)

 

●折り紙がそのまま食器になる「使える非常用食器折り紙」(アーテック)

私はアウトドアでも自前の食器を使うことが多いのですが、中には運びやすさを重視して使い捨ての食器を持ってくる人も。軽いうえに壊れる心配もなくてかなり魅力的なのですが、個人的にはゴミが増えてしまう点が気になります。紙皿や紙コップくらい気軽に持ち運べる食器はないかと探していたところ、防災グッズとして販売されていた「使える非常用食器折り紙」(130円/税込)を発見。本当に食器になるのかとても気になったため、思い切って購入してみました。

 

約195(縦)×195mm(横)ほどの白い紙が5枚セットになってる同商品。よく見る折り紙よりも少し大きめのサイズで、表面はなめらかな手触りです。素材は紙ではなく、石を原料とした「ストーンペーパー」。水に濡れても耐久性は変わらないため、簡単に破れる心配がありません。

 

さっそく1枚取り出し、パッケージの折り方説明を見ながら長皿を作ってみることに。折っている感覚は紙とほとんど変わらず、あっという間に完成しました。

 

次は折り方を変えて、小さなコップを作成。小さいころにおままごとで使っていたような形ですが、水を注ぐとちゃんとコップとして使えます。使い終わったら折り目を開いて正方形に戻し、水で洗えばOK。洗剤や漂白剤を使って食器と同じようにお手入れできますよ。

 

 

ちなみにペンで文字を書くこともできるので、非常時の連絡手段にも最適。非常用バッグに数枚忍ばせておきたいアイテムです。

 

購入した人からも「こんなに薄い紙が食器になるなんて驚き」「洗って使えるから衛生的ですね」といった声が。食器を持ち運べないシーンでは、「使える非常用食器折り紙」を折って自分にぴったりの食器を作ってみては?

TAG
SHARE ON