雑貨・日用品
2021/9/10 10:30

ザ・昭和なデザインにほっこり、「アデリアレトロ 中コップ」レビュー

1819年創業の老舗で、テーブルウェアから飲料のボトルまで幅広いガラス製品を製造している石塚硝子。同社が取り扱う「アデリアレトロ 中コップ」は、昭和の家庭で使われていたグラスウェアを現代のライフスタイルに合わせてリメイクしたコップです。フジテレビ系列で放送中の「土曜はナニする!?」で紹介されたことがあり、SNS上でも「懐かしい感じに癒される……」「飽きのこないかわいさ!」と大評判。どのような魅力を備えているのか、じっくりチェックしていきましょう。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

●現代のライフスタイルに合わせた形状の「アデリアレトロ 中コップ」(石塚硝子)

近年大きなブームを巻き起こしている“昭和レトロ”。家電・食器・レコードなどに注目が集まり、テレビ番組でもたびたび特集が組まれていますよね。私もレトロブームに触発されて、「アデリアレトロ 中コップ」(770円/税込)という商品を購入。オレンジと黄色のポップな色使いが印象的な「アリス」タイプの1つです。

 

そもそも「アデリア(ADERIA)」とは、1961年に食器事業へ参入した石塚硝子が生み出したブランド。親しみやすいデザインと手頃な価格で広まり、昭和の食卓を飾ったといいます。そんなアデリアのグラスウェアを現代へと蘇らせた商品だけに、コップから醸し出される懐かしさはまさに本物! 思わずちゃぶ台やブラウン管テレビと並べてみたくなりました。

 

見た目はレトロながら、もちろん現在の石塚硝子自社工場で作られている同商品。公式サイトによれば単なる復刻ではなく、「現在の生活でも使いやすいこと」を大切にして作られているそう。実際に“口部強化”が施されているので、安心して毎日使えるのではないでしょうか。

 

レトロ感あふれるコップとなれば、やはり飲みたくなるのは麦茶。ご覧のとおり麦茶を注いだコップは、通常のグラスからは得られない昭和レトロならではの雰囲気を感じさせてくれますよ。

 

購入者からは称賛の声が相次ぎ、「懐かしい気持ちになってほっこりした」「めちゃくちゃインスタ映えする!」といった反響が続出。「アデリアレトロ 中コップ」を食卓に並べて、昭和レトロの味わいをぜひ楽しんでみてくださいね。

 

※価格は商品購入時のAmazon実売価格です。

TAG
SHARE ON