雑貨・日用品
2021/11/16 10:30

手軽に切れ味復活! 釣り針から金型仕上げまで幅広く使える「ダイヤモンドシャープナー(研ぎ台付)」レビュー

ちょっとしたプレゼントには、実用的かつ人と被りづらい商品を選びたいものですよね。そこで今回注目したのが、あると便利ですが意外と持ってる人は少ないシャープナー。様々な刃物の切れ味を手軽に取り戻すことができる「ダイヤモンドシャープナー(研ぎ台付)」をセレクトしました。包丁はもちろん釣り針を研ぐのにも使えるため、最近料理を始めた人や釣り好きへの贈り物にピッタリですよ。

 

【フォトギャラリー(画像をタップすると閲覧できます)】

 

●初心者も簡単に扱える研ぎやすさが魅力の「ダイヤモンドシャープナー(研ぎ台付)」(グッドフェイス)

包丁やハサミをしばらく研がずにいると、肝心な時にうまく切れずイライラすることがあります。そんな時に便利なのが「ダイヤモンドシャープナー(研ぎ台付)」(999円/税込)。研ぎ慣れていない人でも使いやすいスティック型の商品です。

 

シャープナーには様々な種類がありますが、同商品は台に刃物を固定して研ぐタイプ。研ぎたいものの大きさや形状を問わずに使えるのが便利ですね。全長は約157mmと省スペースで、アウトドアの際に持ち歩くのも邪魔にならないサイズ感。リュックのポケットにもスっとしまえますよ。

 

また、包丁やハサミだけでなく、釣り針仕上げや金型仕上げに使うことが可能。セラミック・チタン・鋼・ステンレスなど様々な素材を研げる万能さも魅力です。砥石の先端が尖っているスティック型シャープナーも見かけますが、同商品は鋭利な部分がないので手を傷つける心配もありません。

 

今回は同商品を使って包丁を研いでみましょう。あらかじめシャープナーを水に濡らしておき、研ぎ台に包丁をセッティングしたら準備完了です。あとはシャープナーを刃にあてて前後へ水平にスライドさせるだけでOK。

 

研ぎ台に置くと自動的に包丁の刃が15度傾いた状態で固定されるため、自然とベストな角度になります。「どの向きに刃をあてれば良いのだろう…」と試行錯誤する必要はナシ。初心者でも簡単に研ぐことができました。

 

実際に購入した人からは「刃物を固定できるので、研ぎ慣れていなくても簡単に扱えました」「コンパクトで置き場所に困らないのも魅力」といった反響が続出。刃物や金属の切れ味を、「ダイヤモンドシャープナー(研ぎ台付)」で取り戻してみては?

 

※価格は商品購入時のAmazon実売価格です。

TAG
SHARE ON