AV
2020/1/7 19:30

小岩井ことり&桐谷蝶々の超貴重なライブにプレゼント抽選も――大盛り上がりの「ポタ-1グランプリ」ステージレポ

昨年12月に開催されたポタフェスでは、ステージにてGetNavi主催のアワード企画「ポタ-1グランプリ2019」の受賞製品が発表されました。総合グランプリに輝いたのは、ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM3」で、これでソニーは3回連続の総合グランプリ受賞となりました。

↑第3回ポタ-1グランプリ2019の総合グランプリはソニー「WF-1000XM3」が受賞

 

そのポタ-1グランプリのステージでは、授賞式以外にもライブやトークショーなど楽しい催しが開催され、ステージ観覧者へのプレゼント企画のコーナーも。今回はその模様をお届けしたいと思います。

 

ポタ-1グランプリ受賞式の様子はこちら

「ポター1グランプリ 2019」の栄冠は誰の手に!? 読者が選んだ「今年のNo.1オーディオ」はコレだ!

 

小岩井ことりさんと桐谷蝶々さんがデスメタルを熱唱!

ポタ-1グランプリの後に行われた第2部では、声優の小岩井ことりさんと、授賞式で司会を務めていた声優の桐谷蝶々さんによるライブステージ。1曲目は昨年、小岩井さんが作詞作曲した「ポタ-1グランプリのテーマ」を披露。この曲はなんとこのポタフェスでしか聴けないという超レア曲。しかも今回は、桐谷さんと2人で歌うという、おそらく最初で最後のデュエットバージョンとなりました。このステージ観覧に当選された方は、本当にラッキーだったと思います。

↑自作の曲を歌う小岩井ことりさん

 

↑伸びやかな歌声を聞かせてくれた桐谷蝶々さん

 

2曲目は、雰囲気がガラッと変わって激しいサウンドに。観客もノリノリで、息の合ったコールが始まります。こちらは、小岩井ことりさんとヘヴィメタルバンドBLOOD STAIN CHILDのギタリストRYUさんによるメタルバンドDual Alter Worldのファーストアルバム「Alter Ego」に収録された「CONSOLE1」という曲。小岩井さんが曲間にデスボイスを披露すると、観客席からは歓声が上がりました。

↑最後は2人で決めポーズ!

 

歌い終わった後、桐谷蝶々さんは「今回が初の司会と初メタルで、『初』が2つもありドキドキでした。次回は私もデスボイスにも挑戦したいと思います!」とハイテンションで語っていました。桐谷さんの初司会と初メタルを見届けることができたファンの方は、感無量だったのではないでしょうか。

 

トークショーでは観覧者へのプレゼントも

第3部は「注目ブランドのプレゼンコンペ」と銘打って、オーディオ製品を手掛ける3メーカーが登場。それぞれ自社製品のプレゼンをおこない、その後で製品に関するクイズが出題されます。これに小岩井ことりさんが正解すると、ステージ観覧者にその場でメーカー提供のプレゼントが当たるというお楽しみ付き。観覧者の期待が高まるなかで、プレゼンが始まりました。

↑登壇したのは野村ケンジさんと小岩井ことりさん

 

1社目:GLIDiC「Sound Air SPT-7000」

最初に登場したのは、GLIDiCの中村拓哉さん。プレゼンするアイテムは、2020年1月末に発売予定のランニング向け完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air SPT-7000」です。

↑イヤホンを装着したまま登場した中村さん

 

このSPT-7000は、耳を塞がない「Run-fit形状」が特徴。屋外でのランニング中も、周囲の音を確認しながら音楽が楽しめます。また、FREEBITというフィンが耳のなかで支えてくれるので、激しい運動でも快適な装着感をキープします。

 

それを聞いた小岩井さんは、SPT-7000を装着したまま激しくヘッドバンギング! しかし、イヤホンはまったく動かず、小岩井さんが頭に付けていた髪飾りの方が飛んでいってしまいました。これには会場も大盛り上がり! SPT-7000の実力が大勢の前で実証されました。

 

その後のクイズでは小岩井さんが見事正解となり、GLIDiCの完全ワイヤレスイヤホン「Sound Air TW-7000」の新色サンドホワイトが観覧者にプレゼントされました。

 

2社目:M-SOUNDS「MS-TW3」

続いて登場したのは、M-SOUNDSを手掛ける株式会社エスエムシーの三谷さん。プレゼンを行ったのは、完全ワイヤレスイヤホンの新製品「MS-TW3」です。

↑エスエムシーの三谷さん

 

このMS-TW3は、同ブランドのなかでもフラッグシップに位置付けられるモデル。2層複合構造のドライバーや高音質化技術HDSSなどを搭載し、深い没入感を得られるサウンドが特徴です。

↑2019年9月に発売された「MS-TW3」をプレゼンしてくれました

 

また、IPX7の防水性能やMIL規格準拠の耐久性を備えるなど、安心して使える点もポイント。クイズはこの耐久性に関する難問でしたが、小岩井さんは観覧者のアドバイスを聞いて、無事に正解を答えることができました。

↑防水性や対落下耐久性などタフな設計を採用

 

3社目:Owltech「Samu-SE04」

最後は、PCパーツやスマホアクセサリーなど幅広いアイテムを扱うOwltechの安藤省吾さんが登場。こちらも完全ワイヤレスイヤホンの新製品「Samu-SE04」をプレゼンしました。

↑アフロのカツラでおなじみの安藤さん

 

Samu-SE04は、ダイヤモンドよりも硬いグラフェン素材を振動板にコーティングすることで、キレのよい音質を実現。充電ケース併用で最大約63時間の長時間使用も可能など、高いスペックが特徴となっています。

↑プレゼンされたのは完全ワイヤレスイヤホン「Samu-SE04」

 

クイズは、プレゼンの内容にまったく関係がない超難問でしたが、小岩井さんは今回もまた観客の助けを受けてなんとか正解にたどりつきました。

↑抽選に当たった観覧者には、その場でプレゼントが手渡されました

 

これで3社すべてのプレゼンが終わり……と思いきや、ワンモアチャンスとして、今回プレゼンに参加できなかったNUARLより、完全ワイヤレスイヤホン「NT01A」のブラックゴールドと新色ディープネイビーがそれぞれ1台ずつ提供されました。抽選の結果、こちらを当てたのは、なんと抽選券番号1番の方でした! プレゼントをゲットしたみなさん、おめでとうございます!

↑NUARLより完全ワイヤレスイヤホン「NT01A」が各色1台ずつプレゼントされました

 

受賞式だけでなくライブとトーク、そしてプレゼントが当たる抽選会まで楽しめた今回のポター1グランプリのステージでしたが、この記事を読んだみなさんも来年はぜひ参加してみて下さい。ポタ-1グランプリへの投票も行えば、2重に楽しめること請け合いです!

 

【ギャラリー(GetNavi webでご覧いただけます)】

 

【この記事を読んだ方はこちらもオススメ】

定番ブランドから中華メーカーまで「ポタフェス2019冬」で気になる製品を聴きまくり!

ネットで見かける「中華ブランド」ってどうなの? 「ポタフェス2019冬」で注目アイテムを一挙聴き!

 

撮影:我妻慶一

TAG
SHARE ON