AV
2020/3/13 19:35

2020年春の新製品をプロがチェック! 最新AVアイテムを「じっくり使った前と後」

春の新製品の季節。2020年の春の新製品をプロが試し、使ってみる「前」の印象と使ってみた「後」の印象、「買い」か「様子見」かなど、使ってわかった本音レビューをお届けします。

 

※こちらの記事は「GetNavi」 2020年4月号に掲載された記事を再編集したものです。

 

その1.最新の「AIクラウド」技術で未体験の高画質

【前】パッと見は従来モデルと変わらない?→【後】AIによる高画質化技術の実装が楽しみすぎ!

東芝

レグザ Z740X

実売価格22万8690円(55V型)

新開発の「レグザエンジンCloud PRO」を搭載する液晶の旗艦モデル。クラウド上にある番組やジャンルごとの映像解析情報を取得し、AIが高画質処理を行います。「レグザ重低音バズーカオーディオシステム PRO」は迫力十分です。65、55、50V型を用意。

SPEC【55V型】●チューナー:BS4K/110度CS4K×2、地デジ×9、BS/110度CS×3●接続端子:HDMI入力×4、USB×4、LAN×1ほか●音声実用最大出力:80W●サイズ/質量:W1237×H766×D237mm/20.0kg(スタンド含む)

AVライター

鳥居一豊さん

専門誌やウェブでレビュー記事を執筆。自宅のシアタールームで4K視聴を楽しみます。画質にこだわりアリ。

 

クラウドに蓄積したデータで絶えず画質が進化し続ける

東京五輪へ向けて各社が4K注力モデルの準備を進めるなか、レグザのZ740Xが先陣を切って登場。ウリは、「クラウドを活用し、AIが高画質化する」機能です。

 

これは、番組を詳細にジャンル分けして、それぞれに最適な高画質処理を行うもの。従来は「スポーツ」とひとくくりだったのが、野球、サッカー、ゴルフ、テニス、陸上、水泳、体操……などと細分化。さらに、野球でもデー/ナイトゲームで処理を変えるなど、かなり高精度です。アニメでは、監督やシリーズによって変わるタッチまで処理に反映されるのは驚きでした。

 

処理に必要となる膨大な番組のデータを、テレビに蓄積することは不可能です。そこで、クラウド上に蓄積したデータを、視聴のたびにテレビが受け取るシステムを採用。このデータは日々更新されるため、Z740Xの画質は進化し続けます。機能が実装されるのは6月のため、まだ実力を体感できていませんが、非常に楽しみです。

 

元々レグザが得意としている地デジ放送やネット動画の高画質化技術も研鑚。画質マニアもそうでない人も、買って損はありません。(鳥居さん)

 

リモコンはシンプルでより直感的に操作可能

リモコンの「ボイス」ボタンを押せば、音声で番組検索や録画予約などが行えます。NetflixやYouTube、Amazon Prime Videoなど6つの動画サービスをワンタッチで立ち上げるボタンも便利です。

 

視聴中のコンテンツに適切な画質処理を施す

クラウドと連携する新開発の「レグザエンジンCloud PRO」。視聴中の番組に適切なパラメーターを用いて画質処理を施すことで、それぞれのコンテンツに相応しいリアルな映像を実現します。

 

いつもの地デジ放送も低ノイズでクリアに

4Kコンテンツはもちろんのこと、“いつもの”地デジ放送もキレイな画質に仕上げるのがレグザの真骨頂。エリアごとに現れるノイズを低減しつつ、精細感を巧みに復元する技術が秀逸です。

 

その2.業界初!! 4K放送を全自動録画

【前】全録機能の設定が煩雑で難しそう→【後】便利で使いやすくてもう手放せません!

パナソニック

ディーガ DMR-4X600

実売予想価格20万7780円

6TBの内蔵HDDに最大4ch×28日ぶんの番組を自動録画可能。4Kチューナーを2基搭載し、同放送の2番組同時録画や、視聴中の裏録にも対応します。録画番組をスマホに転送して、外でも視聴可能です。

SPEC●内蔵HDD:6TB●チューナー:BS4K/110度CS4K×2、地デジ/BS/110度CS×4、地デジ専用×1●接続端子:HDMI×2、USB×3、LAN×1ほか●サイズ/質量:W430×H60×D239mm(突起部含まず)/約4.2kg

 

GetNavi web AV担当

一條 徹

日ごろから自宅で4K放送を楽しむ数少ない編集部員。単体のBDレコーダーを使用するのは久しぶり。

 

容量の大きい4K放送は長時間録画でHDDを節約

ディーガ4X600のウリのひとつがチャンネル録画(全録)。コレ系の初期設定は煩雑になりがちですが、非常にわかりやすくて感動しました。録画予約の手間から解放されたら、もう通常のレコーダーには戻れないほど便利です。録画番組は、リモコンの「新着番組」を押すと「ドラマ」「バラエティ」などとジャンル分けして表示。UIが見やすく操作性も良好でした。

 

大容量の4K放送は、長時間録画モードがオススメ。HDDの使用量を節約でき、画質の劣化も最小限です。スマホで録画番組を楽しみたい人は、あらかじめ「スマホ転送用番組の作成」を設定しておけば素早く転送可能。多機能ながら使い勝手に優れた設計は、さすがパナソニックと実感しました。(一條)

 

詳細な番組情報は視聴する際の参考に

「番組ニュース」という欄には、かなり詳細な番組情報が記載されます。膨大な全録番組のなかから視聴する番組を選ぶ際の参考になりました。

 

UIがわかりやすくストレスなく使える

第一印象は「UIがわかりやすい!」。面倒な初期設定も、案内に従うだけで簡単にできました。動作もキビキビとして、ストレスを感じません。

 

その3.テレビだけで「録る・見る・残す」の1台3役に使える

【前】“一体型ビエラ”の「動き」はどうか?→【後】サクサク使える!操作性に大満足

パナソニック

ビエラ GR770

実売価格28万6000円(49V型)

4Kチューナー2基に加えて、2TBのHDDとUHD BD対応の光学ドライブを内蔵。1台で4K番組の録画やBDへのダビングが可能です。高輝度IPS液晶パネルを採用し、明るいリビングでも高画質で楽しめます。49、43V型を用意。

SPEC●チューナー:BS4K/110度CS4K×2、地デジ/BS/110度CS×3●音声実用最大出力:30W●接続端子:HDMI×2、USB×2ほか●サイズ/質量:W1106×H696×D301mm/約19.5kg(スタンド含む)

 

本誌テレビ担当

川内一史

本気で4Kテレビを検討中。10か月の息子が部屋をはいずり回るため、家電の配線には気を遣います。

 

多機能モデルならではの緩慢な操作感を克服!

何を隠そう、某メーカーのHDD&BDドライブ一体型テレビを10年も愛用。ようやく4Kの一体型に買い換えたいモデルが出ました。

 

多機能ゆえの弊害か、一般的な一体型テレビは起動や画面遷移が遅いなど、操作性の不安定さがデメリットです。ビエラ GR770では、そこもしっかりケア。画面がパッパッと切り替わり、まったくストレスを感じませんでした。番組表はシニア世代でも見やすい大きな文字で、録画予約やBDへのダビングもサクッと行えます。

 

画質・音質も必要十分以上のクオリティで不満はナシ。価格が20万円を切ったら……即買います!(川内)

 

背面がスッキリして妻も子どもも安心

一体型のメリットは、何といってもテレビ背面の配線がシンプルなこと。掃除が格段にラクになるうえ、子どもの安全を守るにも有効です。

 

番組の録画・視聴が直感的に操作できた

大きなアイコンが表示される「かんたんホーム」。録画予約や録画番組の視聴、ネット動画視聴などが、機械に強くない妻も快適に行えました。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON