本・書籍
2019/1/10 6:00

話題の『まぜ単』で、英語嫌いな人生を change できるかも!

 

最近、じわじわと人気になっている『まぜ単』(船登 惟希・著、スティーブン リッチモンド・監修/学研プラス・刊)をご存知ですか?

 

LINEスタンプ等でも人気のイラストレーター「わかる」さんのゆるくて可愛いイラストと、ルー大柴さんになったような気分で楽しく英単語の勉強ができるこの本が、学生だけでなく大人にとっても楽しい英語本だとじわじわと人気になっているというのです。

 

年が明けて「今年は英語を頑張りたい!」と思っている方もいるかもしれませんね。今回はそんな方だけでなく、センター試験のラストの追い込みをちょっと気分上げて頑張りたいという学生さん、英語嫌いなお子さんに悩んでいるという親御さんなどなど、幅広い人になぜ『まぜ単』がオススメなのか、その理由をご紹介させていただきます。

 

 

1600語も掲載されていて、ボリューム満点

『まぜ単』には、英単語帳で収録回数が多い1600語もの英単語が掲載されています。また、ただ単語が羅列されているだけではなく、7つのカテゴリにわけて掲載されているので、そのときの自分のテンションに合わせて読むことができます。目次をちょっとご紹介しておきますね。

 

1.確実に覚えておきたい英単語

2.授業を理解するのに最低限必要な英単語I

3.授業を理解するのに最低限必要な英単語II

4.定期テストで上位を取る人が覚えている英単語I

5.定期テストで上位を取る人が覚えている英単語II

6.受験準備に必要な英単語

7.入試によく出る難しい英単語

 

今まさに入試勉強中! という方は「7.入試によく出る難しい英単語」から始めるといいかもしれません。また、高校生向け、大学生向け、大人向けというような年齢での区切りが特にないので、誰でも楽しめます。

 

それにこの本は他の英語本とは違い、とにかくゆるいテンションなので勉強している気がまるでしません。私も何回か読んでみたのですが、英語を勉強しているというよりもネタ本を読んでいるような感覚でした。子どもに大ウケした『うんこかん字ドリル』と雰囲気は似ているかもしれませんね。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON