本・書籍
2019/7/12 21:45

唐揚げから始まるラブストーリー! 「物理」と「恋愛」を掛け合わせたらワクワクが止まらない?

高校の時、全然ついていけなかった物理の授業。

 

大人になってから「ちゃんとやっておけばよかった」なんて思うことはないだろうと思っていましたが、ありました……コミック『アルキメデスのお風呂』(ニコ・ニコルソン・著/KADOKAWA・刊)を読んでいる時に!

このコミックは、タイトルからビビっと来た方もいるかもしれませんが、物理をテーマにしたお話。キテレツ王子こと天才物理学者と、お弁当屋さんで働いていたぽっちゃり女子が、偶然の? いや必然な出会いをしていくところからストーリーが始まっていきます。

 

タイトルから「なんか難しい物理漫画なのでは?」と思って読まないのはもったいない! 物理が好きだった人はもっと好きになるし、苦手だった人は興味が湧いて高校時代の自分を後悔するでしょう(笑)。今回はそんな『アルキメデスのお風呂』をご紹介します。

 

【関連記事】
ニコ・ニコルソン著『わたしのお婆ちゃん』を読む――2025年には730万人が認知症に。向き合う一歩は「知る」ことかも

 

アルキメデス……なんか聞いたことあるな

ご存知の方からは「そんなことも知らないのか!」と言われてしまいそうですが(笑)、タイトルともなっているアルキメデスとは、古代ギリシアの学者さんのこと。「アルキメデスの原理」という物理学の法則も見つけた方で、浮力を習う時に出てきたことうっすらでも思い出しませんか?!

 

タイトルともなっている「お風呂」ですが、アルキメデスの原理は、アルキメデスがお風呂に入っている時に見つけた原理だったのです。裸でお風呂を飛び出していったなんてエピソードもあるそうですよ。

ちなみに、コミックの冒頭には、見開きカラーでお風呂に入っている天才物理学者のキテレツ王子と、恥ずかしそうに目を隠すぽっちゃり女子のツーショットも! 最初は「ん?」と思ったのですが、このカラーイラストひとつとっても「あぁ〜もっと高校で物理やっていればこういう細やかな部分にも気がつけたのに!」と後悔(笑)。高校生のみんな! ちゃんと物理はやっておくんだぞ!!

 

 

唐揚げから恋とは一体?

個人的にコミックや読書、映画は【ネタバレなし】で楽しみたい主義なので、あまり深いことはお伝えしませんが、このお話のキーを握るのは「唐揚げ」です。

 

お弁当屋さんでバイトをしているぽっちゃり女子の原 陽子は、25歳。バイト先では他人とのコミュニケーションもほぼなく、ただただ唐揚げを揚げるだけの日々。自分の時給よりも高いお弁当を頼まれて、「私の時給の方が安いのか〜」なんてへこんでしまうような女の子です。

 

一方、キテレツ王子こと天才物理学者の大池学(おおちがく)は、「アルキメデス陽子加速器センター(通称:A-PARC)」の素粒子原子核研究所に勤務する男性。金髪おかっぱヘアーですらっとした容姿から見た目は王子なのですが、20分も太陽に手を向けたりと所内での浮いた行動が多いため「キテレツ王子」と言われている人。

 

こんな二人が「唐揚げ」を通じて恋してしまうのか、しないのか! ぜひコミックでお楽しみいただきたいと思います。

 

通常のラブコメ漫画だと、恋する二人の世界だけで描かれがちですが、『アルキメデスのお風呂』には魅力的な脇役たちがわんさか出てきます。作中に出てくる研究所の職員さんたちは、漫画監修を務めているJ-PARCセンターまでニコ・ニコルソンさんが足を運び、職員さんを元に描いたそうです。

 

ちなみにこのJ-PARCは、茨城県にあるのですが、2019年8月25日(日)に施設公開のイベントも開かれます。コミックを読んでから見学にいくと「あれ、もしかしてこの人って!!」なんて方も見かけられるかもしれませんね。 去年の情報ですと事前申し込みは必要なく、基本無料で楽しめるようなので、夏休みの自由研究にお子さんを連れていくのも良さそうですね!

 

【J-PARC】

J-PARC施設公開2019開催日決定のお知らせ

 

 

目に見えている世界が全てではない。

『アルキメデスのお風呂』を読み終えると、早く続きを読みたい……という気持ちはもちろんなのですが(笑)、それだけでなく、もっと自分の興味の世界を広げていきたいなぁという気持ちにさせてくれました。

 

どうしても同じ日々を繰り返しているように思えてしまう人が多いと思うのですが、そんな日々だってちょっと周りに目を配れば、同じ景色も違うように見えてくるということに気がつかせてくれます。

 

また物理については物理学者の多田 将先生が「素粒子とは?」「ニュートリノとは?」など作中で出てきた物理用語を丁寧に解説してくれているので、勉強にもなるし、苦手だった物理が「あ、面白いかも」と興味が湧くようになります(高校生のうちに読みたかったぁ〜!)。

唐揚げという一見物理とはなんの関係もなさそうなキーアイテムから恋が始まり、人生が素粒子がピンク色に色づいちゃうなんて体験を『アルキメデスのお風呂』で体験してみて欲しいです!

 

個人的に大好きなセリフがあるのですが、キテレツ王子が原ちゃんに対して「あなたに見えている世界が全てじゃないです。あなた 事故や病気じゃなく 無知で死ぬんですか」と言った言葉を、自分の人生で悩んだ時の言葉として大事にしていきたいです(ここまでの流れは見所だから、ちゃんとコミックで読んで欲しい!!)。

 

あなたの見えている世界は全てですか? ぜひ『アルキメデスのお風呂』を読んで、恋に仕事に人生にハッ! としちゃってくださいっ。なお、アルキメデスのお風呂はマンガアプリ「マンガZERO」の青年誌レーベル「ジヘン」にて好評連載中です。1〜3話は無料公開中なので、気になる方はぜひ試し読みしてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

ジヘン「アルキメデスのお風呂」作品ページ

ニコ・ニコルソンさんのGetNavi web公開作品

 

 

【書籍紹介】

 

アルキメデスのお風呂

著者:ニコ・ニコルソン
発行:KADOKAWA

弁当屋店員でぽっちゃり女子の原陽子は駅で自殺を図る。通りがかったイケメン理系男子に救助されたが、二人には意外な接点が……。『ナガサレール イエタテール』『わたしのお婆ちゃん』のニコ・ニコルソン最新作は、ぽっちゃり女子×天才理系男子の超ド級素粒子系(!?)ラブコメ!!

楽天ブックスで詳しく見る
Amazonで詳しく見る

TAG
SHARE ON