本・書籍
2019/8/3 19:00

台湾の神様がスゴすぎる! 台湾のキョーレツな聖殿と神々9選


数年前より爆発的人気となった台湾旅行。特に女性ファンが多く、機能美に富んだ雑貨などのショッピング、お茶やグルメ探訪が人気で、“オシャレな国”として扱うメディアも多いです。

確かに、それも台湾の一面ですが、その一方では我々日本人にはなかなか理解できない、不思議ですごすぎる神様がいることはあまり知られていません。むしろ“オシャレ”とははるかに遠い、過剰でエネルギッシュな神様が各地に鎮座しており、それに伴う不思議な聖殿があちこちにあります。

ここでは、いわゆる昨今の台湾ブームの流れとはちょっと視点をズラし、こういった台湾のスゴすぎる神様、聖殿を9か所ご紹介します!

 

【その1】巨大すぎる犬の像が鎮座する廟

新北市・十八王公廟
住所:新北市石門區乾華里阿里磅1-1號

台北をグルっと囲む新北市の、北海岸エリアに鎮座する犬の神様です。清国時代、中国大陸から台湾に渡ってきた17人の商人が海で遭難。ずっとそばにいた犬も飼い主たちと一緒に海に飛び込んだという逸話があり、犬が誠実な犬、忠犬として祀られるようになりました。

また、この廟はくじ運にも効果があるとされ、特にパワーがアップするという深夜帯には、くじ運アップを望む参拝客で賑やかになるそうです。アクセスしにくい場所なので、旅行者が深夜帯に行くのは難しそうですが、日中、近隣の散策とセットで行ってみてください。

↑台北市内からMRTで淡水駅まで行き、そこからバスかタクシーで約1時間。アクセスしにくい場所ではありますが、近くには温泉やグルメが美味しい金山や、魚介料理で有名な富基漁港もあります。ぜひセットで行ってみてください

 

【その2】犬の陰茎に触れると金運アップ!?

新北市・土城義塚大墓公
住所:新北市土城區埤塘里忠義路61號

台湾には“土地公″という地域に根付いた神様が各地にいますが、この廟もメインとなる神様は土地公。一方、古い歴史の中で、台湾原住民(台湾では先住民ではなく、原住民と呼ぶ)と漢民族との間のトラブルで亡くなった人たちも祀られています。

亡くなった人々のシンボルとなっているのが、廟内に鎮座する黒い犬。十八王公廟と比べるとややかわいらしい印象ですが、この黒犬の陰茎に触れると、金運がアップすると言われ、今では日本人旅行者も多く訪れるようになったようです。

比較的アクセスもしやすい場所にあるので、近隣散策と合わせて是非行ってみてください。

↑台北市内からMRTで永寧駅まで行き、そこから徒歩約5分ほどとアクセス抜群。「犬の陰茎」の話ばかりが先行して語り継がれていますが、神聖な廟ですので、礼節を持って行ってみてください

 

【その3】貝殻だらけの竜宮城のような寺

新北市・富福頂山寺
住所:新北市三芝區圓山里二坪頂69號

台湾の寺廟は、ド派手なきらびやかな装飾を施すところが多いですが、なかでもその建築のほとんどを貝殻で装飾したことで有名なのが、ここ富福頂山寺です。通称、“貝殻廟”とも呼ばれ、台湾マニアの間ではよく知られたお寺です。

使われているのは貝殻、サンゴ、メノウなどで、雰囲気はまるで竜宮城のようです。本殿の裏側には、貝殻だらけの小さなトンネルがあり、この中には小さな神様がいくつも鎮座しており、道教の言い伝えを具現化しています。

メインに祀られているのは、酒を愛したという済公活佛であるため、廟内には、酒の匂いをかぐヤカンなどもあります。金運に強いと言われる廟でもありますので、見学と散歩でぜひ行ってみてください。

↑台北市内からMRTで淡水駅まで行き、そこからタクシーで約50分ほど。山奥にあり、アクセスはかなり悪いですが、一見の価値ありです。参拝中、タクシーの運転手さんにはその場で待っていてもらうのが、良いでしょう

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON