ビジネス
エクセル
2016/7/4 22:12

【エクセル使い方講座】入力速度がグンとアップする便利な小技4選

このコーナーでは、エクセルのいまさら聞けない基本的な機能や、達人が使っている超速ワザなど、オフィスワークに役立つ情報を紹介します。

20160627-i01

エクセルでセルにデータを入力するとき、思いどおりに表示されなかったり、同じ作業を繰り返したりと、意外と手間取ることがあります。今回は、知っていると入力が格段にスピードアップする便利な入力ワザを紹介します。作業を効率的に進めてみましょう。

 

1. 入力した文字をそのまま表示する

「1/3」や「001」などと入力したいのに、「1月3日」や「1」と表示されて困ることがあります。入力したいデータをそのまま表示したい場合は、「’」(シングルクォーテーション)を使います。「会員番号」などを入力する場合にも役立ちます。

013-01
↑ 先頭に「’」 → 「001」と入力します

 

013-02
↑ 「001」と入力したとおりに表示されます

 

2. セル内で改行する

セル内で文字列を改行する場合は、Altキーを押しながらEnterキーを押します。

013-03
↑ 文字列を入力 し Alt+Enterキーを押します

 

013-04
↑ 改行されるので、続けて文字列を入力し、Enterキーを押します

 

3. 上のセルと同じデータを入力する

上のセルのデータと同じ内容を入力する場合は、Ctrlキーを押しながらD(Down)キーを押します。左のセルのデータと同じ内容にする場合は、Ctrlキーを押しながらR(Right)キーを押します。

013-05
↑ 入力するセルを選択 → Ctrl+Dキーを押します

 

4. 前と同じ文字を入力する

入力した文字列が同じ列にある場合、Altキーを押しながら↓キーを押して一覧を表示し、その中から選択して入力できます。数値の場合はできません。

013-07
↑ 入力するセルを選択 → Alt+↓キーを押す → 一覧から↑↓キーで選択し、Enterキーを押します

 

013-08
↑文字列が入力されます

 

少しのテクニックでエクセルの作業スピードはグンとアップします。ぜひ覚えて使ってみて下さい。

 

関連記事
大きな表でもサクサク作業できる便利ワザ3選
必見! 作業時間を短縮できるキーマクロの使い方
作業効率を上げるスペース拡張ワザ3選
仕事のスピードを上げるツールバー活用術[印刷範囲の設定編]
絶対知っておきたいショートカットキーBEST10
調子が悪いときは「プログラムの修復」が効果アリ!
ワンクリックで使えるエクセルの便利機能
うまく起動できないときは「セーフモード」を試してみましょう
クリックしてもファイルが開かないときの対処法
Excelファイルを一瞬で開く超速オープンワザ3選
絶対知っておくべきExcelの瞬間起動ワザ3選

TAG
SHARE ON