グルメ
2018/4/13 17:00

熊本の魂、「黒糖ドーナツ棒」は不滅です! 70周年を迎え震災復興とともに歩むフジバンビ

「熊本ではドーナツは丸くないのが当たり前!」。その理由は、熊本県民なら知らない人はいない「黒糖ドーナツ棒」の存在にあります。昭和61年の発売以来、ご年配から子どもまで世代と年齢を問わず愛されてきました。「全国菓子大博覧会」をはじめ数々の受賞歴を誇り、郵便局ふるさと小包全国版では人気商品ランキングお菓子部門11期連続販売数量1位を記録。そんな熊本銘菓を生み出した製菓メーカー「フジバンビ」が、今年で創業70周年を迎えました。倒産の危機を救った「黒糖ドーナツ棒」の誕生秘話と、そのおいしさの秘密に迫ります。

提供:フジバンビ

 

黒糖ドーナツ棒は、おいしくて身体に優しい

「黒糖ドーナツ棒」が愛され続ける理由。それは単純明快、おいしいからです。黒糖ドーナツ棒は、開発段階から国内産原材料にこだわると決めていました。ヒット商品の生みの親である吉田高成社長は最高の原材料との出会いを求め、全国各地を奔走。沖縄産黒糖、国内産小麦粉、新鮮な油を確保します。黒糖ならではの、からだにやさしい甘さ。表面はサクッとして、中はしっとりとした独特の食感。ドーナツなのに油っぽくないのも、原材料由来の特徴です。

 

「当初は『こんな形はドーナツじゃない!』と言われた棒状のドーナツですが、いまでは『食べやすくてちょうどいい』とご好評いただいています。類似品が出回ることもございますが、味と食感までコピーすることはできません。黒糖ドーナツ棒のおいしさの秘密は、こだわりの原材料、そして独自の生産設備にあると思っています」(吉田社長)

 

↑フジバンビの代名詞といえる「黒糖ドーナツ棒」は吉田社長の情熱が生み出しました

 

黒糖ドーナツ棒に使う黒糖は、100%沖縄産。沖縄でサトウキビの絞り汁を煮詰めて固めた、純粋な黒糖のみを使用しています。太陽の光と大地からの恵みを受けて育ったサトウキビには、カルシウム、リン、鉄、カリウムといった天然ミネラルやビタミンが豊富。沖縄や奄美地方の人々の健康の秘訣は黒糖にあるとも言われています。沖縄黒糖との出会いがなければ、原材料にこだわった“からだにやさしい日本のドーナツ”の誕生はありませんでした。

 

↑徹底したこだわりから生まれた黒糖ドーナツ棒は、熊本の銘菓としてすっかりお馴染みです

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON