グルメ
2018/4/21 21:00

世界のVIPが訪れる「うかい」に新店が誕生!そこはケタ違いの美食劇場だった

2017年11月、トランプ大統領が訪日した際の会食で利用されたレストランといえば、「銀座うかい亭」。同店をはじめとするうかいグループは、鉄板料理に懐石など和洋多彩な業態の一流レストランを展開していますが、新店を3月29日、六本木ヒルズの一角にオープンしました。それも、異なるジャンルを2店舗同時に! 今回はそれぞれの一部をレポートしていきたいと思います。

 

 

物語のある食空間。これが世界に誇るうかい亭だ!

ふたつのニューフェイスは、鉄板料理「六本木うかい亭」と割烹料理「六本木 kappou ukai」。世界の名だたるブランドが並ぶ「けやき坂通り」沿いに居を構え、1階に「ジョルジオ アルマーニ」が入っている建物の2階となります。

↑「六本木うかい亭」のエントランス。天井まで届く、大きなけやきの扉が印象的です

 

各店はひとつのフロアに併設される形となり、店内で行き来ができる内装になっていますが、入口はもちろん別々。まずは「六本木うかい亭」から紹介します。

↑けやきの葉が風に舞う様を表現したエッチングガラス。その向こうに見えるのは、日本画家の畠中光享氏の作品「風の中を仰ぐ」

 

うかい亭の魅力は料理だけにあらず。日本の伝統建築と西洋芸術の様式美を融合させた、物語のある食空間になっているのも特徴。六本木も同様に、重厚感のある設えのなかに数々のアートがちりばめられています。

↑2店舗をつなぐ通路は、香水瓶のコレクションを展示するギャラリーに。こちらは19世紀、ヴェネチア製の香水瓶。優雅な貴族文化を感じさせる逸品です

 

それはもはや美術館。“非日常な空間”や“五感で楽しむ”とはよくいいますが、どれもがワンランク上。これが世界に誇るうかいブランドなのです。

 

 

シェフズテーブルで味わう日本最高峰のステーキ

うかい亭の名物といえばステーキです。「六本木うかい亭」では、指定牧場である鳥取県の田村牧場の牧場長が34カ月もの時間をかけて肥育し、特別に選び抜いた雌牛「うかい極上牛(田村牛)」を使用。

↑どれも最高品質の田村牛。しかも2000頭のなかからさらに料理長が選び抜くそうです

 

こちらを、各席専属の料理人が目の前で調理するシェフズテーブルで焼き上げるのも同店の醍醐味。今回は特別に「うかい極上田村牛コース」のメインをいただきました!

↑シェフとの会話を楽しみながら、焼き上がる音や香りとともに料理を堪能。至福のひとときです

 

↑ピカピカに磨かれた鉄板で焼き上げることで生まれる音、水蒸気、香り。この臨場感はハンパではありません!

 

このメインでは、「うかい極上牛(田村牛)」の約3種の異なる希少部位を提供。ステーキのみならず、部位ごとのうまみを生かしたプレゼンテーションで味わえます。

↑焼いていただいたのは、町田大志さん。うかい亭150人のコックのなかでも6人しかいない“マエストロ”の称号を持った達人です

 

↑器は、特注したオリジナルの唐津焼を使用しています。ステーキのおいしさも当然の如く格別。口いっぱいに贅沢な脂の甘みと肉のうまみが広がり、幸せな気分に

 

「うかい極上田村牛コース」は3万7800円となりますが、そのほかにもプランは用意されており、ランチコースであれば1万2960円で楽しめます。六本木はステーキの名店が多いエリアですが、和牛好きならうかいに決まりといえるでしょう!

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON