グルメ
2018/10/29 21:00

ローソン×ヤッホーブルーイングの最強の組み合わせはどれ? 投票で決まったベスト3を発表!

グルメの秋。11月には恒例の「ボジョレー・ヌーヴォー」が控えていますが、とはいえビールも飲みたいですよね。そんなビール党が注目すべきイベント「大人のお月見ナイト~ベストペアリングを探せ!~」が開催されました。主催はクラフトビールのヤッホーブルーイングとローソン。

 

内容は、両社商品のベストペアリングを投票で決めるというもの。普段から何気なく飲み食べ合わせているものの、じっくり試せるナイスチャンス!ということで参加してきました。

 

 

14の料理と5種のビールをそれぞれ試して1位を決める!

会場となったのは、渋谷のイベントスペース「東京カルチャーカルチャー」。入口からすでに熱気はムンムンで、それぞれのファンで満員となった会場内には両社の商品群がズラリ!

↑「でか焼鳥」をはじめとするホットスナックのコーナー

 

ローソン側は、おなじみの「からあげクン」や「でか焼鳥」といったホットスナックに加え、乾きもののスナック、そしてスイーツまで。なかには超名作「プレミアムロールケーキ」もあって至れり尽くせりな内容。

↑こちらはスナック類

 

↑盛り付け一例。参加者のお皿の多くが、夢のような内容にあふれかえっていました

 

対するヤッホーブルーイングは、大定番の「よなよなエール」を筆頭に、ローソンといえば、の両社コラボビール「僕ビール、君ビール。」など全5種類がラインナップ。苦みの効いたスタイル、フルーティなスタイルと、キャラクターの異なるビールが並びました。

↑今季最注目の1本は、一番左の「僕ビール、君ビール。流星レイディオ」。10月30日に限定新発売される、ライ麦を使った珍しい「ライペールエール」です

 

↑会場となった渋谷の「東京カルチャーカルチャー」

 

冒頭では、ペアリング理論の解説と商品紹介からスタート。その後、それぞれの担当者によるトークセッションへ。ビールに関しては、ヤッホーブルーイングの職人が「ペアリング理論」に基づいたおいしい食べ合わせの探し方をレクチャーしてくれました。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON