グルメ
2019/2/23 11:00

【街中華の名店】下北の夢追い人に寄り添う「珉亭」は、ピンクチャーハンを筆頭に芸術性の塊だ!

下北沢を代表するグルメといえば、カレーが挙げられるだろう。ジャンルが多彩で名店も多数。筆者も否定はしない。しかし、どんなカレー店よりも推したい“聖地的存在”な街中華がある。それが「珉亭」だ!

 

↑創業は1964年。再開発のターゲットとなった下北沢は、駅の出入口を含め町が様変わりしているが、この風景は変わらない。変わってほしくない

 

 

情熱の真っ赤なチャーハンを腹におさめよう

語りたいことは山ほどあるが、まずは名物から紹介しよう。特に有名なのは、ピンク色のチャーハン。その秘密は食紅を使ったチャーシューにある。今回の取材で、多くの「珉亭」ファンが気になっているであろうナゾが明らかになった。

↑「半チャーハン」600円。具は卵とチャーシューのみとシンプルで、着色による辛さや酸味はない。単品の「チャーハン」は800円で、約1.5倍となる

 

それは、「なぜ赤(ピンク)いのか?」である。これは本場の、蜜などとともに赤く着色して焼くチャーシューにならったから。先代の時期に着色しないチャーシューを使ったこともあったそうだが、「らしくない」と思いすぐに戻したという。なお、同店の場合はチャーシューを刻んだ後にしっかりと食紅で煮込むため、チャーハンが染まるほどの濃い色が付くのである。

↑つまみやラーメン用のチャーシューの切れ端を刻み、別工程で煮込む。こうして、チャーハン専用の赤いチャーシューが生み出される

 

↑ベースとなるチャーシューはこちら。豚バラ肉を伝統のスープで90~120分煮込んだあと、しょうゆダレで30~40分漬けて完成する

 

チャーハン以外にも名物は多く、その二大巨頭を一度に楽しめる人気メニューが「ラーチャン」だ。ラーメンとチャーハンそれぞれのハーフに、同店オリジナルの漬物「辣白菜」(ラッパーサイ)が付く。

 

↑「ラーチャン」850円。+100円で、ラーメンかチャーハンどちらかを普通盛りにボリュームアップできる

 

通常の「ラーメン」は650円。これに「辣白菜」をのせると同店オススメの「江戸っ子ラーメン」(750円)となるので、850円の「ラーチャン」は非常にお得である。しかも「ラーチャン」はランチ限定などの制約がないのも嬉しい。数人で飲む際のシメにも最適なのだ。

 

↑スープは、毎朝4時間以上炊く鶏ガラとゲンコツによる清湯がベース。ほのかに柔らかな細いストレート麺とともに、五臓六腑にやさしく染み渡る

 

↑写真はセットの小皿だが、「辣白菜」は単品注文するとしっかりとしたボリュームで400円。同店では毎日約30kgを仕込んでいるという

 

「辣白菜」の味付けは、しょうゆとニンニクと粉唐辛子がベースで、ごま油が決め手。キムチ的な存在だが、酸味はきつくなくて料理の邪魔をすることがなく、酒のアテにも最高だ。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON