グルメ
菓子
2019/4/9 20:00

【グミ大図鑑】見つけたら即買い! 一度は食べたい希少品種「個性派グミ」5選

たかがグミ、されどグミ。グミの種類は今では数え切れないくらいになり、そのなかには一風変わったものも少なくありません。そこで、ここでは幅広いグミを知っている日本グミ協会会長・武者さんも舌を巻く個性派たちをピックアップしました。コンビニやスーパーでは見かけにくい希少品種のため、見つけたら確実にゲットを!

日本グミ協会会長

武者慶佑さん

グミは365日食べています。9月3日「グミの日」にイベントを開催するほか、メディア露出やSNSでの発信などを通して活動中。

 

【その1】京都の名所がモチーフとなった和テイストのアソートパック

JEREMY&JEMIMAH

キョウトグミ アソート赤/アソート黒(各10個入り)

各540円

五重塔や鳥居など京都にゆかりのあるモチーフを形取り、味は黒蜜きなこ、黒ごま、抹茶金時など和風に寄せたグミのアソート。香料や着色料を使わずに滋味深いテイストに仕上げ、お茶とも好相性です。

【会長’s Comments】

オンリーワンの存在! 京都土産に選ぶべき

最も京都らしいのは八つ橋風味ですが、それ以外も草餅やひやしあめなど変わり種が満載。それでいて、味も手を抜いてないですね。僕のお気に入りは黒ごまの味。ぜひ京都土産に選んでほしい傑作です。

 

【その2】宝石のような美しい色に加え独自の食感と味わいも感動的

パパブブレ

バブレッツ

250円(2個入り)、1000円(9個入り)、1500円(15個入り)

スペイン・バルセロナ発祥のキャンディショップによる、宝石のように美しいプレミアムグミ。ゼラチンではなくペクチンを使ったねっとりした食感と、多種多様なフルーツを贅沢に使った自然なおいしさが魅力です。

【会長’s Comments】

熟した味を表現したバナナは絶対食べて

味が15種あるんですが、特筆すべきはバナナ! 熟した味を見事に表現していて、色を黄ではなく茶にするセンスにも脱帽。甘さのなかにエキゾチックな風味があり、コーヒーに合う数少ないグミだと思います。

 

【その3】宇宙で培養された乳酸菌が練り込まれた甘酸っぱいグミ

ビーシーシー

宇宙のグミ ソーダ味(40g)

378円

国際宇宙ステーションでの培養実験を経て地球に還ってきた「宇宙乳酸菌」をグミに練り込み、爽やかなソーダ味のゼリーを包んでいます。乳酸菌の甘酸っぱい風味が特徴で、完成度は極めて高いです。

【会長’s Comments】

自分史上最高の乳酸菌グミ

丸く青いグミに閉じ込められた気泡は、まるで小宇宙。宇宙に行った乳酸菌というストーリーにロマンを感じますね。味や香りも優秀で、こんなにおいしい乳酸菌ソーダのグミはないと断言できるレベルです。

 

【その4】北海道の希少な素材を活用した上品な香り漂うフルーティな味

北見ハーブオホーツク

ローズマリーグミ(50g)

432円

ハーブの名産地である、北海道北見市の無農薬ローズマリーを使用。味のベースとして余市町名産のりんご果汁をバランスよく合わせており、上品な香りとフルーティなおいしさを両立させました。

【会長’s Comments】

ロマンス製菓の底力がここにも!

普通のご当地系グミかと思いきや、グミの形と抜群のおいしさにひとつの期待が。「製造元は僕の大好きなロマンス製菓?」と。ビンゴ(笑)、そして感動! ローズマリーがしっかり効いてウマい!

 

【その5】ベルギー産のホワイトチョコがすっぱいレモンと好マッチング

ヒトツブカンロ

ピュレショコラティエ レモン&ホワイト(39g)

580円

甘ずっぱくてジューシーなレモン味のピュレグミを、ベルギー産のホワイトチョコレートで丁寧にコーティング。ピュレショコラティエシリーズにおける定番商品のひとつで、人気も高いです。

【会長’s Comments】

もはやワンランク上のスイーツだ

酸味の効いたレモングミにホワイトチョコを合わせたことで、ワンランク上のおいしいスイーツになっています。半分だけチョコがけにして、絶妙なバランスに仕上げた技も見逃せません。

 

 

文/中山秀明 撮影/高原マサキ(Tk.c)、我妻慶一

TAG
SHARE ON