グルメ
2019/6/9 19:00

2019年夏、最新冷涼フード&トレンド「5ネタ」をどっぷり取材してきました

この時季、雑談の鉄板ネタといえば「今年も暑いですね~」から始まる夏トーク。今回は、そのあとに「いま、こんなアイテムが話題らしいですよ!」と盛り上げられる最新フードを、トレンドの背景とともに紹介します。

 

【関連記事】

アイスマニアが「神フレーバーキターーー」と唸った明治「エッセル スーパーカップSweet’s」の新味とは?

【その1】居酒屋が独自に出していた「アイスの実サワー」が缶に

夏の酷暑で売切れが続出したアイスといえば、「ガリガリ君」。その人気や見た目のインパクトから、居酒屋などで「ガリガリ君」をグラスに突っ込んだサワーも話題になっていますが、なかには「アイスの実」を入れたタイプも存在します。

このアレンジ、自宅で挑戦する人もいましたが、ついに本家が動き出しました。「アイスの実」を発売する江崎グリコと、缶チューハイ「氷結」を展開するキリンビールのコラボによる画期的な商品が発売されたのです。

 

↑「キリン 氷結 loves アイスの実」。期間限定で、実売価格は350ml缶が140円。500ml缶もあり、そちらは200円。アルコール度数は4%で飲みやすくなっています

 

味わいは、「アイスの実」の定番であるぶどうを軸に、もも、メロンそれぞれの氷結果汁を絶妙にブレンドした果実味あふれるおいしさ。「アイスの実」や、その原料が入っているわけではないのですが、氷代わりに「アイスの実」を入れて飲むと、いっそうのおいしさを体感できます。

 

↑最左はプレーンの状態。「アイスの実」を入れると“味変”が楽しめます

 

混ぜると味だけでなく、とろみがつくのも面白いところ。「アイスの実」はぶどう、もも、メロンと3種類があって、実売価格はそれぞれ151円。試してみることをオススメします!

 

【その2】お湯禁止! 水で戻せる糖質ゼロ麺

インスタントフードのなかで、ジワジワと存在感を増しているのが糖質ゼロの麺を使ったヘルシー系。各社から新商品が続々と発売されるなか、今夏最注目のアイテムが登場しました! アサヒグループ食品の「汁なし麺0(ゼロ)麻辣担々麺」です。

↑「汁なし麺0(ゼロ)麻辣担々麺」。コンビニを中心に展開され、実売価格は232円

 

こちらは寒天とコンニャクで作った糖質ゼロの麺が特徴の、「おどろき麺0」シリーズの進化版。これまではお湯で戻すのが常識でしたが、最新作は水で戻せるのです。むしろお湯を使うと麺を溶かしてしまうので、「お湯禁止」と大きく表示されています。

 

↑まずは乾麺に200mlの水を入れて5分待機。その後水を捨て、粉末スープと混ぜれば完成です

 

味は「麻辣担担麺」と、シビレのブームを抑えたトレンド感あふれる商品設計もナイス。しかも、進化したのは調理法だけではありません。「おどろき麺0」の60gより麺量が1.3倍の80gになるようボリュームアップされており、それでいて麺の糖質は変わらずの0g。全体の糖質は3gかつ44kcalと、きわめてヘルシーなのです。

 

↑平打ち風の太麺は、もちもちの弾力。味は辛さ以上にシビれが効いて、香りも鮮烈。インパクトは十分で満足度も高いです

 

熱湯で調理するカップ麺を、夏場に汗を流しながらフー!フー!と食べるのはなかなかシビア。水でクールに食べられる点からみても、本商品は画期的といえるでしょう。特にカップ麺好きの人には覚えていただきたい一品です。

 

【その3】ビールに氷、アリなんです!

ビール離れという話はよく聞きますが、暑い日に飲むビールは最高ですよね! その一方で、夏はぬるくなりやすいという懸念も。それを解決する商品がサントリーから登場しました。なんと、氷を入れて飲むビールです。飲食店限定にはなりますが、これはぜひ試していただきたい!

 

↑アイス・ドラフト〈生〉。価格は提供店によりますが、「大衆パラダイス 芝浦ホルモン」では390円(参考として、角ハイは390円、ザ・モルツは490円)

 

なお、「ビールの味が薄くなっちゃうのでは?」という心配はご無用。氷入りで飲むことを想定し、味は濃いめ、炭酸は強め、アルコールは7%に設定されています。より具体的にいうと30分経ってもおいしく飲めるように計算され、アルコールは30分後に約4%へ落ちつくとか。

 

↑この専用ジョッキで380ml

 

ビールの味はイチから開発し、同社初となる「レモンドロップホップ」というアメリカ産の風味爽快なホップを採用。レモンとあるように、ほんのりシトラス感を漂わせるフレッシュなフレーバーと、ほどよい苦味が印象的。クラフトビールで人気の、苦みの強いIPA(ホップを大量に使うスタイル)とは違いますが、飲みごたえがあって味の薄さはまったく感じませんでした。

 

↑5月末時点で、全国500店舗で提供。まずは3000店舗を目指して、取扱店を増やしていくそう

 

お店やビアガーデンでこのビールを見かけたら、「とりあえずアイス・ドラフト!」とオーダーを!

【その4】時短派に、アイス高ヒーと濃縮麦茶

前記のサントリーですが、最近コーヒーや麦茶などで力を入れているのが“時短”。「豆や茶葉から作りたいけど、時間や手間がかかるのが難点」という声に応えた新商品が注目を集めています。まずはコーヒーから紹介。

↑「プレミアムボス コーヒーハンターズセレクション」。青いラベルが無糖で、金色が甘さ控えめタイプです。ともに750mlで希望小売価格は322円。イエナカ需要を想定し、スーパーで展開していくとのこと

 

こちらは、“コーヒーハンター”として世界中のコーヒー豆に精通し、「ミカフェート」という店舗も展開する第一人者・José(ホセ)川島良彰さんと共同開発した意欲作。高品質かつ淹れたての香り高いおいしさを、注ぐだけで実現してくれるRTDコーヒーです。

 

↑コロンビアのウィラ地区、アルマカフェ認証高級豆を使用。また、生豆の品質を保つために定温コンテナで輸送するなど、こだわりが随所に。味は、フルーティな香りが芳しく、コンビニで売っているようなペットボトルコーヒーとは一線を画すおいしさ

 

個人的に、筆者は高級RTDコーヒーに注目しています。なぜなら、ほかにも軽井沢の焙煎マイスター小野善造さんの「ZENZO ROAST PREMIUM」や、スペシャルティコーヒーの旗手・丸山珈琲の「リキッドアイスコーヒー」など、最近この手の商品が増えているから。ワンランク上のアイス“高”ヒーには今後も注目です!

 

そしてもうひとつの時短が、夏の定番茶である麦茶。「GREEN DA・KA・RA」ブランドのやさしい麦茶から、水と混ぜるだけで作れる濃縮タイプが発売されました。

 

↑2Lのペットボトルより軽く、持ち運びに便利という着眼点も。180g缶で1本124円。6缶パック(745円)もあります

 

↑お好みの濃さにできるところもポイント。「やさしい麦茶」らしいマイルド感やすっきりとした余韻はそのままで、ゴクゴク飲みたくなるおいしさです

 

麦茶は煮出しや水出しで作ると手間や時間がかかります。それをスマートに解決してくれるのが本商品。夏場は特に消費量が増える時季。ペットボトル派の人はもちろん、麦茶パック派の人も、うっかり切らしてしまったとき用に備えておくといいでしょう。

【その5】そうめんは「脱つゆ」で食べるのが最新トレンド

夏の食べ物のひとつがそうめん。近年、都内では専門店が増えるなどの盛り上がりをみせていますが、家庭での食べ方にも革命が起きています。それが「脱つゆ」。もともと、ぶっかけうどん用のレトルトタレとして発売されていた商品群が、“そうめんにも使える”という提案で拡大しているのです。

 

↑「キッコーマン 具麺」「ハウス 冷やしカレーうどんの素」「S&B 麺日和」「丸美屋 かけうま麺用ソース」などズラリ! 各パッケージの表記に注目すると、そうめんにもマッチすることが訴求されています

 

ちなみに、細麺より太麺のほうがスープやタレによく絡むと思われがちですが逆です。同じ量である場合、細い方が麺肌の面積が多くなるので、そのぶんスープやソースをもち上げ、一体感も増すのです。この機会にぜひお試しを。

 

↑数あるなかからこの3品を調理。ゆで上げて水でシメたそうめんに、そのままかけたり和えたりするだけで完成です

 

そうめんは、濃く冷たいつゆで食べるというイメージが、ほかの麺料理より強いはず。そして、それがマンネリ化につながると筆者は思います。ぜひ今夏は具入りのタレで、よりおいしいそうめんの世界を楽しんでみませんか!

 

【関連記事】

【2019年版】今年の夏は「チョコミント」「お茶」「フルーツ」がトレンド! メーカー6社の「夏の新アイス」

 

【ギャラリー(本サイトからご覧いただけます)】

TAG
SHARE ON