グルメ
お酒
2019/7/9 18:00

このプロジェクトは納得! 人気バーボン「アーリータイムズ」が起業家応援する取り組みが面白い

ウイスキーと聞くと、30代以上の大人のお酒というイメージが強いと思いますが、なかには若者に人気の銘柄もあります。そのひとつがロングセラーバーボンウイスキー「アーリータイムズ」。2018年は販売量が前年比115%と好調でしたが、そのうえで今年4月にデザインを一新し、若年層からより高い評価を得ています。

↑デザインの刷新以来、20代ユーザーの購入意向率が約10%アップしています

 

そんな同ブランドが人気にいっそう拍車をかけるべく、意欲的な取り組みを今夏より開始。若き起業家やビジネスパーソンを応援するというものですが、なぜお酒が起業家と? 背景や取り組みの中身を深掘りするべく、発表会に行ってきました。

 

【関連記事】

今年の「贈答ウイスキー」に最適解! 人気銘柄に加わった新作4本のブランドと味わいを解説

 

「アーリータイムズ」には開拓精神が込められている

本題にいくまえに、まずは「アーリータイムズ」の基本情報を。蒸溜所は1860年、アメリカのケンタッキー州で設立されました。名称の由来は、“Early Times Method”(昔ながらの製法)でウイスキーをつくるという信念から。また、「アーリータイムズ」には開拓時代という意味もあり、創業当時のフロンティアスピリットへの想いも込められています。

↑ラベルには、キャラクターのサールズ・ルイス・ガスリーが描かれています。彼は、1920年の禁酒法で蒸溜所が存亡の危機に瀕した際、私財を投げ打って商標権と在庫を買い取り、伝統を守った人物

 

従来からのフロンティアスピリットは、新たに掲げられたコンセプトにも通じています。そのブランドメッセージは「時代を拓く挑戦者」。この挑戦者が若き起業家やビジネスパーソンにあたり、彼らを応援するプロジェクトに至ったのです。

 

そこで「アーリータイムズ」を販売するアサヒビールがタッグを組んだのが、起業家支援企業であるプロトスター社。手始めに、同社が運営する起業家支援メディア「起業LOG」内に、次世代を担う起業家を紹介する「アーリータイムズ」の特集ページを開設。新規事業の内容や、挑戦する起業家の思いを紹介しながら、「アーリータイムズ」のブランドメッセージを伝える記事を配信するとのことです。

 

併せて、同内容は7月に創刊される日本初の起業家向けライフスタイルフリーマガジン「JUMPSTART JAPAN」内にも掲載。また、最近のスタートアップにはバーを設けている企業が多いことから、そこにアーリータイムズを提供して社内交流促進を支援していくそうです。

 

  1. 1
  2. 2
全文表示