グルメ
立ち食いそば
2016/7/12 9:00

【昼は立ち食いそば】本場新潟の名物そばが味わえる「がんぎ 新川一丁目店」で緑のそばを堪能!

本日は東京・茅場町の「がんぎ 新川一丁目店」を紹介します。中央区新川、港区三田に店を展開する「がんぎ」は、小麦粉の代わりに布海苔をつなぎに使った、緑がかったそばを味わえるお店です。

 

新潟名物のそばがワンコインで堪能できる!

↑看板のデザインは、店名の由来である「雁木」をイメージ。「雁木」とは新潟で雪よけ用に軒下に作られた屋根付き通路のことだ
↑看板のデザインは、店名の由来である「雁木」をイメージ。「雁木」とは新潟で雪よけ用に軒下に作られた屋根付き通路のことだ

 

同店のそばは自家製で、製麺には加圧時に熱が発生しにくいイタリア式のパスタマシンを使用。そばの風味を損なうことなく、プリプリとした独特の歯応えのそばができる。つゆはだしの香るふくよかな味わいだ。

↑かき揚げもりそば(470円)。かき揚げはえび、いかのうまみに加え、春菊の苦みも利いている。衣はモッチリ系で食べ応えあり
↑かき揚げもりそば(470円)。かき揚げはえび、いかのうまみに加え、春菊の苦みも利いている。衣はモッチリ系で食べ応えあり

 

人気メニューは「かき揚げもりそば」。いか、えび、春菊、玉ねぎなどが入った豪華なかき揚げがのっている。揚げ油にはごま油としらしめ油のブレンドを使い、さっぱりした揚げ上がり。

↑にしんそば(580円)。新潟の山間部でもよく食べられるメニューで、甘辛く煮たにしんのうまみを堪能できる
↑にしんそば(580円)。新潟の山間部でもよく食べられるメニューで、甘辛く煮たにしんのうまみを堪能できる

 

また同店では、立ち食い店では珍しい「にしんそば」も食べられる。夜はお酒が飲める店舗になるのも面白い。

TAG
SHARE ON