グルメ
2016/7/14 15:59

良質ネタが10貫で800円!? 立ち食い寿司ブームの火付け役「魚がし日本一 新橋店」は昼どきが狙い目【立ち食い寿司の名店】

江戸前寿司の起源といえば屋台寿司。その伝統を受け継ぐ立ち食い寿司の店が、近年人気を集めている。対して、安くておいしい庶民の味である回転寿司には、大手チェーンだけでなく、独立店あるいは小規模チェーンとしてオリジナリティのある店が多い。また、回転レーンなしで客の注文に丁寧に応えつつ、安さとうまさを両立する老舗からも目を離してはいけない。

 

本稿では、“名店”と評判の立ち食い寿司店や回転寿司店を紹介していく。首都圏を中心に安定した人気を誇る店、北海道や石川など地方から鳴り物入りで進出してきた店、町場の店に匹敵するサービスと味を提供する店など、様々な営業スタイルをもつ店を網羅。店舗の看板メニューやサイドメニュー、店内・外観の写真を豊富に織り交ぜ、店のこだわりと魅力を余すところなくお伝えしよう。

 

■本日のお店

20160714-a05 (5)

20160714-a05 (6)

立ち喰い寿司魚がし日本一 新橋駅前店

住所:東京都港区新橋3-21-10 新橋オルバスビル1F

交通:JR山手線ほか 新橋駅徒歩1分

スタイル:立ち食い寿司

 

築地と大田市場のセリ権をもち良質ネタをリーズナブルに提供!

↑旬にぎり・ランチセット(800円) ランチタイム限定。お値打ちメニューのまぐろなどの定番ネタと、いさきやあじなど季節で変わるネタの計九貫に玉子が付く。
↑旬にぎり・ランチセット(800円) ランチタイム限定。お値打ちメニューのまぐろなどの定番ネタと、いさきやあじなど季節で変わるネタの計九貫に玉子が付く

 

平成元年開業の「立ち喰い寿司魚がし日本一」は、近年の立ち食い寿司人気の火付け役的存在。都内を中心に22店舗を展開しており、この新橋駅前店が1号店だ。

↑三貫王(432円) 旬のオススメネタを厳選。写真は取材時のメニューで、左からいさき、初がつお、真あじ。どれも鮮度がよく爽やかな味わいだ。なお、価格はネタによって変動する
↑三貫王(378円~) 旬のオススメネタを厳選。写真は取材時のメニューで、左からいさき、初がつお、真あじ。どれも鮮度がよく爽やかな味わいだ。なお、価格はネタによって変動する

 

同チェーンは築地市場と大田市場のセリ権を有し、質のいい魚を毎朝安く仕入れている。旬の魚も豊富で、夏なら関あじやコチ、スズキなどが日替わりで入荷。カウンター前のネタケースにはこれらがズラリと並び、食欲を激しく刺激する。また、シャリは人肌のあたたかさ。酢を効かせつつ甘さは控えめなので、ネタの味わいを損なわない。

↑炙りえんがわ/一貫(108円) えんがわを炙ることで香ばしさを出した一品。ポン酢を 乗せたことで、濃厚な脂をさっぱりと食べられる。ほかに脂のうまみをよりストレートに味わえる塩味も選べる
↑炙りえんがわ/一貫(108円) えんがわを炙ることで香ばしさを出した一品。ポン酢を乗せたことで、濃厚な脂をさっぱりと食べられる。ほかに脂のうまみをよりストレートに味わえる塩味も選べる

 

午前11時の開店と同時に満席となり、夜は飲み会の〆に多くの人が来店。うまいネタをリーズナブルな価格で提供する同店は、今日も大勢のビジネスパーソンの空腹を満たす。

↑寿司屋の緑茶ハイ(410円) 店で提供する“あがり”と同じお茶を使った緑茶ハイ。口の中が抹茶の風味でさっぱりして、寿司がよりおいしく食べられる

※価格やネタは変動する場合があります。

 

【URL】

立ち喰い寿司魚がし日本一 http://www.uogashi-nihonichi.com/

TAG
SHARE ON