グルメ
2023/1/9 20:35

スイーツも居酒屋も主食も「反動」がやってくる。「2023年グルメトレンド」を専門家が予想

グルメの長期的トレンドは「健康」や「DX」です。2022年のヒット商品では、睡眠改善をうたった「ヤクルト1000」や、好バランスかつオンライン販売が主軸の「完全メシ」が象徴的だったといえるでしょう。では、今年はどんなトレンドが生まれるのか?それは「反動」。注目のトピックスとともに、5つのキーワードで解説します。

 

↑冬~春の旬にかけて盛り上がるいちごスイーツですが、今年は「ナポレオンパイ(いちごのミルフィーユ)」に注目。その理由も解説

 

1:サクサクスイーツ

近年のスイーツトレンドは「タピオカ」「マリトッツォ」「カヌレ」「生ドーナツ」「ボンボローニ」など、もちもち・ふわふわ系が共通点でした。その反動で来る、むしろ来ているのがサクサクスイーツです。その筆頭が、中東の「バクラヴァ」というパイのようなサクサクスイーツ。グルメの聖地・銀座では”バクラヴァの王様”と称される「ナーディル・ギュル」が昨年11月にアジア第1号店を構え、大行列となっています。

↑松屋銀座に開業した「ナーディル・ギュル」の「ピスタチオバクラヴァ」。過去何度か期間限定出店しており、ついに常設店が開業しました。同店新商品「カダユフロール」もサクサク系で絶品です

 

そして「マリトッツォ」や「ボンボローニ」を生んだイタリア発のサクサクスイーツが、「スフォリアテッラ」と「カンノーロ」。前者は薄い生地を層状に重ねた貝殻型のパイで、コンビニでは昨秋よりローソンが積極販売しています。後者「カンノーロ」はサクカリッとした筒状の生地に、リコッタチーズベースのクリームを詰めた菓子。身近なところではセブン-イレブンで買えます。

↑ローソンの「マチノパン ショコラスフォリアテッラ」。チョコクリームが入っています

 

リバイバルのサクサクスイーツでは、「ナポレオンパイ(いちごのミルフィーユ)」に注目。例えば昨年11月、六本木の老舗喫茶として有名な「アマンド」は、同店で80年代に人気を博したナポレオンパイ専門店「アマンド東京」を東京駅内にオープンしました。改めて、今年のスイーツ対サクは、サクサク系で決まりです。

 

2:ご飯ファストフード

輸送費高騰、世界情勢、円安などで輸入食材が目立った値上がりをしている昨今、国内自給率の高いコメは比較的影響が薄め。そこで注目されるのが、コメ食。なかでも「ライスバーガー」や、「ぼんご系おにぎり店」がアツくなると思います。

 

ライスバーガーの例としては、近年マクドナルドの「ごはんバーガー」が限定発売を積極展開。福岡発の専門店「コメコメバーガー」は昨夏東京に進出しました。小売りでも、イオンは昨春に冷凍食品で「トップバリュ ライスバンズ」シリーズを新発売し、人気を博しています。

↑「トップバリュ ライスバンズ」は味が3種あり、醤油風味を使って自分でも作ってみました。レンチンしてそのまま食べれば焼きおにぎり代わりに

 

「ぼんご」とは大塚にある老舗の大人気おにぎり店のこと。年々注目度が増し行列も長くなっており、昨秋は近くに移転したことでも話題となりました。同店は卒業生も多く、近年では亀戸「豆蔵」、蒲田「こんが」、鬼子母神前「山太郎」などが続々オープン。外観からして「ぼんご」に似ている「戸越屋」や、新宿の「ぼんこ」(開業はこれから)にも注目です。

↑「戸越屋」は、戸越銀座店と渋谷道玄坂店があります
  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON