デジタル
2017/3/25 19:00

これは訪日外国人も大喜びしそう! 24時間1500円~でロボホンが観光案内役に

シャープと京浜急行電鉄(京急電鉄)、ビジョン、フューブライトの4社が、日本初となる多言語観光ガイドを行うコミュケーションロボットサービスを4月25日から開始すると発表しました。その役割を担うのは、もちろん「ロボホン」。英語と中国語で、訪日外国人向けのガイドをします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑左から、京浜急行電鉄羽田空港国際線ターミナル駅長の市川秀雄氏、ビジョン グローバルWi-Fi空港事業部 統括の奥山亘氏、シャープ IoT通信事業本部 コミュケーションロボット事業部 商品企画部 課長の景井美帆氏、フューブライト・コミュケーションズ代表取締役の居山俊治氏

 

 

英語・中国語対応+観光ガイド機能で訪日観光客にアプローチ

シャープはロボホンの英語・中国語対応と既存のアプリの多言語化対応を、京急はロボホンのレンタル事業やロボホン本体と関連グッズの販売、ビジョンはロボホンの貸出窓口や販売のお客様対応、フューブライトは位置情報に合わせたガイドをする新規アプリの開発をそれぞれ担当します。

 

フューブライトが今回開発したのは、位置情報に合わせてガイドしてくれる「ロボてなし」というアプリ。東京・神奈川の主要観光地30箇所に対応してており、このサービスでレンタルされるロボホンにのみ導入されるとのこと。

 

もともとロボホンに備わっているコミュケーションや歌の披露、写真撮影、プロジェクターの使用などについても多言語に対応。ただし、すべてのアプリが対応するわけではなく、また、レンタル期間中は新たなアプリのダウンロードができなくなる点には注意が必要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑降りるべき駅や観光名所の見どころなどを、位置情報利用してロボホンが教えてくれます。

 

このサービスは、京急羽田空港国際線ターミナル駅の「グローバルWiFi羽田空港店」で利用できます。ロボホン本体のレンタル料金は24時間(1泊2日可)で1500円、48時間で3000円、72時間で4000円、以降12時間毎に500円と意外にリーズナブル(金額はすべて税別価格)。これなら旅のちょっとしたアクセントとして手軽にレンタルすることができそうですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑グローバルWi-Fiの店舗で、ロボホンのレンタルができます

 

ロボホンを借りる際に名前などの情報を設定すれば、ロボホンから呼びかけてもらうことも可能。返却時に初期化するので、個人情報が漏れる心配もありません。ロボホンが撮影した写真をどのような形で取り出すかについてはまだ検討中とのこと。

 

ロボホンにはSIMが入っていないので、Wi-Fiルーターを別途用意する必要がありますが、レンタル業務を担うビジョンの本業がWi-Fiルーターレンタルサービスということもあり、一緒にルーターを借りることもできます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑ロボホンと一緒にレンタルできるNINJAWiFi

 

ロボホンの破損や盗難などへの対策も検討中で、保険への加入を考えているとのこと。保険料がレンタル料に組み込まれるかどうかもこれから検討していくようです。

 

レンタルしたロボホンは、羽田空港以外に、成田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港の空港内「グローバルWi-Fi」店舗カウンターでも返却ができます。

 

そのほか、羽田空港限定でのロボホングッズの販売も企画されています。1/1スケールアクションフィギュアのプラモデルキット「プラRoBoHoN」の羽田空港バージョンやペーパークラフト(帽子と旗)、京急バージョンの耳と前掛けのシールなどが販売される予定。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
↑ペーパークラフトの帽子と旗を持ち、京浜急行バージョンの耳と前掛けのシールを貼った京急ロボホン

 

訪日外国人観光客だけでなく、日本人がレンタルすることももちろん可能。ロボホンが気になるけどいきなり購入するのはハードルが高いという人は、1日2日とお試しでロボホンと過ごしてみる、というのもありなのではないでしょうか。ちなみに、レンタル後に購入を決めた人には、ココロプラン(ロボホンが会話するのに必要な月額サービス)1年分とキャリングケース、合わせて約2万3000円相当がプレゼントされるキャンペーンが用意されるそうですよ。

 

TAG
SHARE ON