デジタル
アプリ
2017/8/29 21:18

夏の思い出、撮りっぱなしにしてない? GoPro「Quik」アプリで手軽にササッとまとめちゃおう!

短かった夏もいよいよ終わりが間近……。家族や友人と、海や山でアウトドアを楽しんだり、レジャー施設やアミューズメントパークに出かけたり、思い思いの夏を楽しまれたのではないでしょうか。そんな楽しい思い出を記録するために、カメラやスマホを使って写真や動画を撮った人も多いはず。でも、その思い出、SDカードに保存したままになっていませんか?

 

また、最近はSNSや動画サイトなどに撮った動画をアップしている人も増えていますが、撮った動画をそのまま上げてしまっては、誰も見てくれません。でも、動画の編集は大変で、なかなか時間が作れない、という悩みも。

 

そんな2つの問題を一挙に解決してくれるのが、アクションカメラのパイオニア「GoPro」が提供しているアプリ「Quik」です。

20160720-i05 (2)

 

このQuikは、動画や写真を選ぶだけで自動で1つのムービーに編集してくれる便利なアプリ。スマホ版(iOS/Android)のほか、PCで編集できるデスクトップ版も用意されています。GoProで撮った静止画や動画だけでなく、それ以外のデバイスで撮影したデータも編集可能。しかも無料で使えるのがうれしいですね。

20170829-i02 (3)

 

2017年の7月26日には、新機能「Quik Stories」が追加され(スマホアプリのみ)、より手軽に動画を編集できるようにパワーアップしています。

20170829-i02 (9)

 

今回は、このQuikを使って、この夏の撮り貯めた思い出を簡単手軽にまとめてみましょう。

 

誰でも手軽に動画が編集できる

まずは、GoProシリーズのエントリーモデル「GoPro HERO session」(直販価格1万9500円)で撮った動画をご覧頂きましょう。この「GoPro HERO session」は、本体だけで水深10mまで耐える防水性能を持ちながら、とても小型なのが特徴。自分で持ったり、身に付けて撮影したりできるのはもちろん、子どもに持たせて撮影してみても面白い映像が撮れます。

20170829-i02 (6)

 

 

でも、撮った映像を編集せずにそのまま見ても、家族ならいざ知らず、他人から見ると冗長で退屈になりがち。これではSNSにアップしても「いいね!」はもらえそうにありませんね。

 

そこで、PCの動画編集ソフトを使って、自分で動画を編集してみることに。冒頭にタイトルを挿入し、3つの動画をカットしながらつなぐだけでも1時間近くかかってしまいました。

 

出来としては悪くありませんが、もうちょっと簡単に短い時間で編集できるといいですね。

 

続いて、Quikを使って作った動画がこちら。自分でやると非常に大変な「カットつなぎ」の作業も自動でテンポよく行ってくれるので、冗長な部分がなくサクサク見れてしまいます。

 

素材は自分で編集したものと同じですが、こちらは使いたい動画/静止画や音楽を選んで文字を入力するだけで10分ほどで完成しました。この手軽さでこのクオリティなら、大満足ではないでしょうか。別のテイストを選択すれば、ワンタップでまったく違った印象の動画も簡単に作れてしまいます。

 

さらに、出来上がった動画にフィルター効果を加えたり、動画の長さを自由に変更することも可能なので、こだわって編集したい方にもピッタリです。

 

ワンタップで動画を編集してくれる便利機能

追加されたばかりの新機能「Quik Stories」についても解説しておきましょう。このQuik Storiesの最大の特徴は、撮った静止画/動画のデータを自動でスマホに転送し、さらに編集まで行ってくれること。いちいちGoProからデータを取り出したり、転送の作業を行うことなく、スマホとGoProをワイヤレス同期させるだけで、自動的に転送から編集まで行ってくれるのです。

20170829-i02 (9)

 

例えば、GoProで撮影しつつ1日遊んだあと、帰り際にGoProとスマホを同期させておけば、1日の思い出を自動的に1本のショートムービーにまとめてくれます。あとはSNSにアップするだけ。簡単ですね。ちなみに、スマホへのデータの転送には、別のアプリ「GoPro (formerly Capture)」(無料)が必要となります。2つセットでダウンロードしておくといいでしょう。

 

このQuik Storiesを使って作った動画を見てみましょう。撮影には「GoPro HERO5 Black」(直販価格5万3000円)を使用しています。

20170829-i02 (5)
↑GoPro HERO5 Black

 

 

動画を見て頂ければわかりますが、全自動でおまかせ編集したにもかかわらず、カットインなどが豊富に使われており、見ている人を飽きさせない仕上がりになっています。もちろん、使いたい写真や動画を選択したり、動画の長さを自由に変えたりすることも可能ですので、時間があれば自分が納得するまで作りこむことができます。

 

動画や静止画を撮影したら、あとは休憩しているときなどにGoProとスマホを同期しておくだけで凝ったショートムービーが自動で作れてしまうのは本当に便利! このQuik Storiesは、GoPro HERO5シリーズのみ対応となっていますので、以前のGoProシリーズをお持ちの方は、この機能のためだけに買い替えてもいいでしょう。この手軽さは、一度体験してしまうとやみつきになりますよ。

 

あとでまとめてやろうと思っても、ついつい面倒になって放置してしまいがちな撮影データの整理&編集は、GoProのQuikを使ってササッとまとめてしまいましょう!

TAG
SHARE ON