デジタル
2018/12/7 19:30

スマートウォッチってスーツに合うの? ビジネスでも使いまわせる注目モデル4選

スマートウォッチは、メール・SNSなどのチェックや地図のナビゲーション、さらには時計単体でも通話できるなど、従来はスマホをいちいち取り出して行っていた操作を時計だけで行える、便利さと手軽さで支持されています。製品によって機能の差はありますが、上記に挙げたようなビジネス向けの機能が多いことは特筆に値します。

 

Apple Watchの知名度は群を抜いていますが、それ以外にも多数の逸品があります。今回はなかでもスーツスタイルに合うデザインの商品をピックアップ。5万円以下に収まるお手ごろ価格のものに絞り、スマートウォッチ最初の1本としてもおすすめできるモデルをそろえました。あなたのビジネスシーンをよりスマートにしてくれる製品をぜひ見つけてください!

 

 

ビジネスマンがスマートウォッチを持つ3つのメリット

まずは、スマートウォッチのポテンシャルを知っていただくところから話を始めましょう。あなたは、スマートウォッチがどのようにビジネスライフが変えてくれるのか、イメージできますか? 筆者は、ビジネスマンがスマートウォッチを持つメリットは大きく分けて下記の3つあると考えています。

 

・いちいちスマホを取り出さずに済み、時短になる

・健康管理にも役立つ

・必要な情報をすぐチェックできる

 

まず、一番大きいのは時短効果です。たとえば外出時、目的地に向かう際のナビゲーションをスマホではなく腕時計がしてくれると考えたらどうでしょう。同じGoogle Mapを使うにしても、スマホでマップを見て“歩きスマホ”をするのと、時計の音声に従って歩くのでは、安全性はもちろん、歩く速さにも差があります。

 

電子マネー機能を搭載する機種では、クレジットカードなどを出さずとも時計のみで決済が可能。筆者も2年ほど前にその便利さを体感してからスマートウォッチが手放せなくなりました。その恩恵は非常に大きいといえるでしょう。

 

また、スマートウォッチに多いのが健康管理機能です。心拍数や活動量、睡眠などのデータを取り、スマホアプリなどにデータを蓄積してくれます。多忙なビジネスマンは、なかなか日々の健康状況を把握することが難しいですから、それを腕時計ひとつでできるのは魅力的ですね。

 

さらには、メールやSNSなどの通知のほか、天気や株価、ニュース速報など、ビジネスに役立つインフォメーションを、スマホを出さずに得られる点も見逃せません。オンラインでのコミュニケーションや日々接する情報量が多い方であればあるほど、スマートウォッチはあなたにとって素晴らしいパートナーになってくれるでしょう。

 

[01]

スーツにあうシックな見た目ながらスポーツにも幅広く対応

ガーミン

vívoactive® 3 Music Black

実売価格3万8521円

アスリート向けのウェアラブル端末を多く扱うメーカー、ガーミンのスマートウォッチ。黒基調のシンプルなデザインで、スーツスタイルとの相性はばっちりです。

 

同社の強みであるスポーツ向けの活動量計測機能が非常に充実しており、ランやウォーキング、自転車、ヨガなど、15種類以上のワークアウトに対応しています。さらに、日常の心拍数の変化をモニタリングすることでストレスの変動も測定。体が肉体的または感情的ストレスにさらされている場合にはユーザーに通知してくれます。

 

また、クレジットカードと連携してカードレスでの決済が可能となるGarmin Payを搭載。最大500曲の音楽を本端末内に保存しておくこともでき、外で音楽を聴く機会が多い方に向いています。

 

<こんな人におすすめ>

・クレジットカード決済を多用する方

・スポーツシーンでも活きるスマートウォッチが欲しい方

・通勤時間などで音楽を聴く機会が多い方

 

[02]

年代物のアナログ時計もスマートウォッチ化できる異色の端末

ソニー

wena wrist pro WB-11A

実売価格3万7279円

スマートウォッチの機能をバンド部分に内蔵したウェアラブル端末。バンド部が時計のフェイス部分から完全に独立しているため、wena wristのバンドを使用すれば、どのような時計でもスマートウォッチ化できます。使い続けたいお気に入りの時計がある、という方にはぴったりの製品でしょう。

 

機能面ではFeliCaを搭載しており、EdyやiD、dポイントなどの電子決済に対応。バンドには小型の有機ELディスプレイがあり、スマホへの電話着信やアプリなどの通知を確認できます。電池残量やその日の歩数、電子マネーの残高といった情報も、この小さなディスプレイから確認することができます。

 

また、加速度センサ―を内蔵し、歩数に加えて消費カロリーや睡眠状態などをスマホの専用アプリに記録してくれるため、日々の健康管理にも役立つ端末といえるでしょう。

 

なお、wena wristには、proのほかActiveなど複数のラインナップがあり、機能やデザインが異なっています。スーツスタイルでピシッと決めつつ、スマートウォッチとしての充実した機能を求めるのであれば、ハイエンドモデルであり、ベルトが金属製であるproがおすすめです。

 

<こんな人におすすめ>

・機械感のあるデザインに抵抗がある方

・アナログ腕時計の質感が好きな方

・スマートウォッチを導入しても、いままで使っていた時計を継続して使いたい方

 

  1. 1
  2. 2
全文表示