デジタル
apple
2019/4/28 18:00

iPhoneギアなどを活用してまったり「お家でGW充」させていただく術

平成最後の、そして令和になって初めての春の大型連休・ゴールデンウィークがスタートしました。今年のゴールデンウィークは特別に長い10連休を満喫される方も多いはず。でも特に予定は立てていなかったので、家でのんびり映画や音楽でも楽しもうかと考えている方に、iPhoneを上手に活用しながら過ごすインドア・バケーション向けの妙技を紹介したいと思います。

 

↑2019年の特別なゴールデンウィークを最新のiPhoneで満喫するテクニックをご紹介します

 

連休期間中にiPhoneでお得に楽しめるコンテンツはコレだ!

まずは今年のゴールデンウィークにiPhoneで楽しめるお得なコンテンツ情報をお知らせしたいと思います。

 

iTunesのストアでは4月24日から5月7日まで、昨年から今年にかけてリリースされた最新ヒット作品の期間限定・特別価格キャンペーンを実施しています。画質と迫力のあるサウンドにも定評の高い『スパイダーマン:ホームカミング』『オーシャンズ 8』など必見タイトルが揃ってます。

 

↑iTunesではゴールデンウィークの期間中に注目映画の限定・特別価格キャンペーンを実施中

 

Apple Musicでは5月1日に新元号・令和の始まりに合わせて専用ルームの公開を予定しています。

 

↑休日はApple Musicの音楽ストリーミングをのんびり楽しむのもオススメです

 

App Storeでは10連休の間、2日ごとに「食べログ」や「Cookpad LIVE」などのサブスクリプションApp1本とゲーム1本を、「Today」タブの“ストーリー”でハイライトします。4月27日・28日ぶんとして公開された「日本経済新聞電子版」アプリは2ヶ月間お試しキャンペーンを実施しました。お得な情報に出会えるかもしれません。

 

↑Apple Booksアプリのブックストアでも連休期間中限定のお得なキャンペーンを展開しています

 

Apple Booksアプリのブックストアでは、「連休中に読みたいおすすめブック」として、5月10日までの限定期間に渡ってセールで500円以下で販売されている小説タイトルを特集しています。同じく「連休中に読みたいおすすめマンガ」「連休中に読みたい一気読み小説10選」などの期間限定企画にも要注目です。

 

 

iPhoneによる動画音楽再生が楽しく・便利になる厳選アクセサリーを紹介

少し話がはずれますが、アップルが3月下旬に発表した定額動画配信の新しいサービス「Apple TV+」は、今年の秋以降に日本を含む世界100か国以上に順次拡大しながら提供されることになりそうです。Apple TV+のプラットフォーム上でしか見られないオリジナルコンテンツも制作されるのだとか。日本にはどんなコンテンツが上陸するのか楽しみです。Apple TV+の作品はiPhone/iPad、Apple TVのほかにMacでも見られるようになります。

 

↑今年の秋から始まるアップルの新しい動画配信サービス「Apple TV+」。アップルの独自制作によるコンテンツにも注目が集まっています

 

iPhoneによる動画コンテンツの視聴は既に多くのユーザーが楽しんでいることと思いますが、Apple TV+の上陸に備えて今からiPhoneでの視聴環境を強化してみてはいかがでしょうか。最新のiPhone XR、iPhone XS、iPhone XS Maxに対応するいくつかのアクセサリーを集めてみました。ゴールデンウィークはそんなアクセサリーを試す実行の機会でもあります。

 

アップルの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」はiPhoneと簡単にペアリングができて、動画再生時に映像と音のズレが発生しない低遅延性能を特長としています。大変快適に使えるイヤホンですが、例えば飛行機に乗って旅に出かける場合、あるいはふだん会社や学校に地下鉄を使って通う時に、もっと遮音性能の高いヘッドホン・イヤホンがあれば動画再生の音も一段と明瞭になり堪能できます。

 

例えばBeats by Dr. Dreのアクティブノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスヘッドホン「Beats Studio3 Wireless」は、周囲の環境音に含まれるノイズ成分を効果的にシャットアウトしながら、ピュアなサウンドに身を任せられるアイテムです。

 

↑アウトドアで真価を発揮するアクティブノイズキャンセリング機能を搭載するワイヤレスヘッドホン。ビーツの「Beats Studio3 Wireless」はiPhoneとのペアリングも簡単でおすすめできる製品です。アップルストア価格で3万7584円

 

アップルが独自に開発した「W1チップ」を内蔵しているので、AirPodsと同様に電源をオンにしてiPhoneに近づけるだけでペアリングが完了。ワイヤレスヘッドホンは初めてという方にも非常に簡単で使い勝手の良いモデルとしてオススメできます。

 

逆に、休日には家にこもって料理や掃除をしながらiPhoneで音楽を聴きまくるという過ごし方もオツなものです。ワイヤレススピーカーも非常に便利なアイテムですが、キッチンで水仕事を始めたり、スピーカーから少し離れた場所に移動してしまうと音楽が聴こえづらくなってしまいます。iPhoneを側に置きながら、イヤホンを身に着けて音楽を聴くスタイルが音の聴こえ方としては一番安定しているしストレスがありません。でもイヤホンを使うと、不意にインターホンが鳴ったり、家族に声をかけられた時に反応できなくて困る場合もあります。

 

そんな時には耳を塞がないワイヤレスイヤホン「ambie wireless earcuffs」が便利です。耳に着けるイヤカフアクセサリーのように、本体を耳に挟んで装着するスタイルなので、カナル型イヤホンのように耳穴を塞がなくても音楽を聴くことができます。

 

↑耳を塞がないワイヤレスイヤホン「ambie wireless earcuffs」。実売価格は1万2960円

 

iPhoneで楽しむ映画の音や音楽と、周囲の人の声がミックスされて自然に聴こえてくる感覚に最初は少し驚きますが、慣れてくると“ながら聴き”の心地良さがやみつきになってきます。音が明瞭に聴こえるのに、周囲への“音漏れ”も少ないのでアウトドアでも使えます。

 

iPhoneで動画の「ながら観」をする時も、長時間iPhoneを片手に持っていると、当然ながら手が疲れてくるものです。電車やバスでの移動中には仕方ありませんが、室内ならiPhone対応のスタンドを併用すると長めの動画鑑賞もしやすくなります。アップルのオンラインストアでも販売されている「Joby GripTight Action Kit with GorillaPod 500 Stand」のようなアイテムがあると便利ですね。

 

↑iPhoneによる動画鑑賞は「Joby GripTight Action Kit with GorillaPod 500 Stand」(アップルストア価格6048円)を使ってハンズフリーで楽しもう

 

外出時にiPhoneで動画を楽しむ際にはバッテリー切れが不安になることもあります。iPhone XRは単体でもバッテリーが長持ちすると評判のモデルですが、純正の「Smart Battery Case」も揃えておけば備えは万全。

 

↑iPhone XRの「Smart Battery Case」。アップルストア価格で1万5984円

 

iPhone XRは最大約27時間、iPhone XSとiPhone XS Maxは最大約25時間の連続動画再生が楽しめるバッテリー容量が確保されます。

 

↑iPhone XSとXS Maxの「Smart Battery Case」には新色の“ピンクサンド”が加わりました

 

↑バケーション期間中は当然ながらアウトドアレジャーにiPhoneを持ち出すことも多くなるはず。カラフルなiPhone XRのデザインが楽しめるクリアケースも必携アイテムです

 

今年はぜひiPhoneと一緒に“特別なゴールデンウィーク”をお楽しみあれ!

TAG
SHARE ON