デジタル
スマートフォン
2020/2/26 18:00

5G時代の到来を予感させる1億画素カメラ&8K撮影の「Galaxy S20」シリーズの超絶画質に驚嘆

2020年春にNTTドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイルの携帯4社がスタートする「5G」。これまでの4G LTEを進化させた、超高速な通信サービスです。

 

5Gで気になるのはやっぱり、「最初にどんなスマホが発売されるのか」でしょう。その有力な候補になりそうなスマホを、世界最大のスマホメーカー・サムスンが発表しました。その名も「Galaxy S20」。定番「Galaxy S」シリーズの2020年最新型です。

 

2月11日(現地時間)に米サンフランシスコでお披露目されたGalaxy S20シリーズは、正確には大中小の3つのモデルが存在します。3つのスマホはすべて5Gに対応。

↑左からGalaxy S20(6.2インチ)、Galaxy S20+(6.7インチ)、Galaxy S20 Ultra(6.9インチ)

 

このうち、もっとも小さいスマホが標準型の「Galaxy S20」です。小さいといっても6.2インチの大きめな画面になっていますが、画面のフチが4辺とも1mmほどと極細で、横幅69.1mmのほっそりとした作りになっています。成人男性としては小さめな手の筆者ですが、このスマホは片手の手のひらで支えてみて、親指が反対側の端にちょうど届くくらいでした。手が小さめな人が多い日本人向けのサイズ感かもしれません。

↑もっとも小柄な「Galaxy S20」。それでも画面サイズは6.2インチと大きめです

 

↑Galaxy S20の小ぶりなボディは日本人の手にも馴染みそうです

 

中くらいのGalaxy S20+は画面サイズ6.7インチ。こちらも正面ギリギリまで画面が覆い尽くしています。

↑Galaxy S20+。プラスと付くだけあってS20から二回りほど大きめ

 

3モデル共通で画面の上の方にある穴開けパンチで開けたような穴には、インカメラが仕込まれています。画面の下の方には指紋センサーが入っており、超音波式という方式ですばやくロック解除できるようになっています。

 

もっとも大きいGalaxy S20 Ultraは6.9インチと一回り大きいくらい。7インチ弱というと一昔前ならタブレットに分類されるサイズですが、実際持ってみると違和感は少なく、重さも220gという重さも感じにくくなっています。背面がなだらかにカーブする形状で、手のひらの凹みにフィットしやすいからでしょうか。

↑Galaxy S20 Ultra。S20+よりちょっと大きい程度ですが、額縁が細いディスプレイの迫力が増しています

 

↑S20 Ultraはカメラを大幅に強化したスマホという位置づけ。1億画素カメラなど、他の2モデルにはない特長も備えています

 

  1. 1
  2. 2
  3. 3
全文表示
TAG
SHARE ON