デジタル
タブレット
2020/5/13 22:00

Amazonの高コスパ8インチタブが刷新! 新「Fire HD 8」 3モデルをこってり紹介します

Amazonは5月13日、タブレット端末「Fire HD 8」の新モデル3機種を発表しました。お手頃価格な8インチタブレットが基礎体力をアップして魅力が増しています。Amazon.co.jpでは13日より予約を受け付け、6月3日より出荷されます。

↑Fire HD 8別売カバー付き

 

性能アップ「Fire HD 8」は9980円から

標準モデルの「Fire HD 8」(第9世代)は、前世代モデルの弱点をカバーして基礎体力を向上させてきました。価格は32GB版が9980円、64GB版が1万1980円(価格はすべて税込)。Amazon.co.jpだけなく、ビックカメラやヤマダ電機などの家電量販店でも販売されます。

 

ボディは上下の幅が縮まり、横長になって、より正方形に近い形状になりました。8インチディスプレイに解像度は1280×800ドットと、前世代モデルから変更はありませんが、インカメラが上部から左側に移動したため、横持ちしたときのビデオ通話での写りが自然になっています。

↑画面サイズは変わらずも携帯しやすい形になった

 

チップセットは2.0GHzのクアッドコアに増強。メモリ(RAM)も2GBに増量したことで、前世代モデルと比べて30%高速化されたとしています。本格的なゲームを遊ぶには少々力不足ですが、動画再生やネットサーフィンをする時の動作も快適です。

 

アプリの保存領域となるストレージも32GBと64GBに増強。SDカードは最大1TBまで対応します。バッテリーもビデオ・音楽再生時で最大12時間と長時間もつようになりました。また、Wi-FiはIEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)に対応。外部端子は最近のスマホでも多く採用されているUSB Type-C形状(USB 2.0)に変更されました。

 

2018年発売の前世代モデルでちょっと見劣りしてしまっていた性能面の弱点を補ってきた新型Fire HD 8。Amazonプライム・ビデオやKindleのマンガを楽しむのにぴったりな性能で、1万円で手に入るお手頃感も備えたタブレットです。

↑カラーは画像のブルーのほか、ブラック、ホワイトの3色をラインナップ

 

なお、Fireタブレットシリーズに共通の注意点として、Google PlayストアやGmailなどは利用できません。アプリを追加する手段としては、Amazonのアプリストアが用意されています。

 

スマートディスプレイ的に使える「Fire HD 8 Plus」

派生モデルとして展開される「Fire HD 8 Plus」は、第9世代 Fire HD 8を“ちょっとグレードアップした”モデルです。具体的には、メモリ(RAM)の容量が3GBに増強されているほか、FireタブレットシリーズとしてはじめてQi互換のワイヤレス充電に対応。別売のスタンドに置くだけで、充電できるようになりました。

↑Fire HD 8 Plusの専用スタンドは横に立てかけるタイプ。FireタブレットをAlexa対応のスマートディスプレイとして使える「SHOWモード」が自動で起動する設定も用意している

 

SHOWモードでは、Alexaのスマートスピーカーとほとんど同じ使い方ができます。たとえば朝に「Alexa! 天気を教えて」と話しかけて天候を知ったり、料理中のタイマーとして使用が可能。今回発表された3モデルはいずれもSHOWモードに対応していますが、充電スタンドが使えるFire HD 8 Plusならより便利に利用できます。

 

普段はリビングの隅っこにでも置いておいてスマートスピーカーとして使い、ちょっと映画や読書を楽しむ時に取りはずしてタブレットになるという取り回しの良さが、Fire HD 8 Plusの最大の持ち味。スマートスピーカー以上の便利さが体感できるはずです。このほか、付属の充電器も9W対応のものとなっており、Fire HD 8よりも高速で充電できます(約4時間で満充電)。

↑カラーは画像の「スレート」のみ

 

Fire HD 8 Plusの32GB版は税込1万1980円、64GB版は1万3980円で販売されます。専用充電スタンドは別売で、単体で買うなら4600円。本体と同時購入する場合、32GB版+スタンドで1万4980円、64GB版+スタンドで1万6980円という割安なセットも用意されています。

 

壊しても安心! な「Fire HD 8 キッズモデル」

新型のFire HD 8でも「キッズモデル」がラインナップされます。2年間の限定保証と子ども向けサービス「FreeTime Unlimited」が付いて、価格は1万4980円です。

 

キッズモデルのタブレットは、ポップなカラーのスタンド付きケースに入っていますが、中身はFire HD 8 32GBモデルと全く同等の仕様となっています。割高なようにも思えますが、価格に含まれる強力な保証サービスが隠れた魅力となっています。

↑ピンク、ブルー、パープルの保護カバーを用意。本体カラーはいずれもブラック

 

キッズモデル限定保証は、落下や水濡れなどで壊したとしても、保証期間内であれば無料で新品と交換できるというサービス。子どもが荒く扱ってしまってもお財布へのダメージは軽減できる、子育て世代には安心のサービスになっています。

 

1年無料で使えるFreeTime Unlimitedは、Amazonが子ども向けに用意する月額サービスで、児童書や学習マンガや図鑑といった電子書籍や、子ども向けの知育ゲームが選び放題で楽しめます。飽きずに使えるように、子どもの学年にあわせたコンテンツを表示する機能も用意されています。

↑保護カバーはキックスタンド付き

 

使い過ぎを防ぐための機能として、親が15分単位で利用できる時間を制限できるほか、アプリや本などジャンルごとにアクセス制限も設定できます。子どもが体験した内容や時間は、親向けの報告ページで確認できるなど、ペアレンタルコントロール機能もしっかり備えています。

 

つまり、「子どもにタブレットを渡すと、教育上ふさわしくない情報に触れてしまうのでは…」と心配する親にとってもしっかり対策できる機能を揃えているのが、Amazonのキッズモデルというわけです。単純にスマホやタブレットを禁止するよりも「一日何時間まで」といった約束を決めて、専用のタブレットを楽しんでもらう方が、子どもの成長の糧になりそうです。

 

■第9世代 Fire HD タブレット 8 主なスペック

Fire HD 8Fire HD 8 PlusFire HD 8 キッズモデル
価格(税込)32GB版:9980円
64GB版:1万1980円
32GB版:1万1980円
64GB版:1万3980円
【充電スタンドセット】
32GB版:1万4980円
64GB版:1万6980円
32GB版:1万4980円

※キッズケース同梱
※2年保証、FreeTime Unlimited 1年分付属

メモリ(RAM)2GB3GB2GB
CPUMediaTek 8168(2.0GHz駆動、クアッドコア)
ストレージ(ROM)32GBまたは64GB32GBまたは64GB32GB
外部ストレージmicroSDXCカード対応(最大1TB)
ディスプレイ8インチタッチスクリーン
解像度1280×800ドット画素密度189ppi
カメラインカメラ:2MP
背面カメラ:2MP
オーディオDolby Atmos対応デュアルスピーカー
3.5mm ステレオイヤホンジャック
ネットワークデュアルバンドWi-Fi(IEEE802.11a/b/g/n/ac)
Bluetooth A2DP/LE対応
バッテリー通常使用時最大12時間
付属充電器5W出力対応9W出力対応5W出力対応
外部端子USB Type-C(USB 2.0)
大きさ/重さ233 x 184 x 26mm、550g
※製造工程により異なる可能性もあります
その他SHOWモード対応SHOWモード対応
ワイヤレス充電対応(Qi互換)
SHOWモード対応

 

【フォトギャラリー】※画像をタップすると閲覧できます。一部SNSからは閲覧できません。

TAG
SHARE ON