デジタル
2021/1/13 14:15

「povo on au」、かけ放題抜きでキャリア3社最安を実現! サービスをトッピングできる新発想のプラン内容を解説

KDDIは1月13日、新料金ブランドに関する発表会をオンラインで開催。月20GB・2480円の「povo on au」を発表しました。

 

昨年12月にドコモが「ahamo」、ソフトバンクが「Softbank on LINE」を発表していますが、ついにKDDIもその流れに続いたかたち。3社のなかでは最安の価格、そして「トッピング」という大きな特徴を持っています。

 

月20GB・2480円の新プランの魅力は“トッピング”?

「povo on au」は、月額2480円で20GBの容量を使えるオンライン専用のプラン。複雑な割引はなく、基本料金はずっと変わりません。申し込みやサポートがオンラインのみであることや、内容のシンプルさは「ahamo」や「SoftBank on LINE」と同じですが、2社よりも500円安く、3社のなかでは最安となりました。3月より提供を開始する予定です(5Gは今夏を予定)。

↑新プランは「povo on au」

 

キャリアメールの提供はなし。音声通話は30秒につき20円がかかります。通話料金に関して、KDDIの髙橋社長は「ユーザーの約6割は月間通話時間が10分未満であり、インターネット通話を利用している方が多い」ことから5分以内の通話かけ放題などは設けていないと説明しました。

 

povoの最大の特徴は、プランにさまざまなサービスを追加できる「トッピング」。と聞くと、これまでのオプション(かけ放題、SNSフリーなど)と変わらないように思えますが、povoのトッピングは日ごとや週ごとにオプションを付けたり外したりできます。

↑20GB・2480円のプランにサービスを追加できる

 

第1弾として提供されるのが、<5分以内のかけ放題>と<24時間データ使い放題>の2つ。たとえば、「Netflixでドラマを全話いっき見したい」「オンライン授業を受けたあとリモート飲み会がある」という日は、<24時間データ使い放題>をトッピング。次の日にはトッピングを外しておく、という使い方ができます。

↑トッピング例

 

↑必要なときだけオプションを追加できる

 

今後は<SNS使い放題>や<特定のドラマシリーズが見放題>などなど、ユーザーの生活シーンに合ったトッピングをどんどん提供していきたいとしていました。トッピングの選択肢が増えれば、ユーザーのカスタマイズできる幅も広がりそうです。

↑トッピングはアプリから自由に付けたり外したりできるとのこと

 

従来の使い放題プラン、UQモバイルのプランも見直し

従来の使い放題プラン「データMAX」も見直されました。新しい「使い放題MAX」は4G・5G共通で月額6580円で利用可能。月のデータ使用量が3GB以下の場合は、自動で1500円が割引されます。

↑新しいデータ使い放題プラン

 

現行プランと比較すると4Gは約1000円、5Gは約2000円安くなりました。また「auスマートバリュー」や「家族割プラス」を適用すると、最大2100円が割引されます。提供は3月開始予定です。

↑現行プランとの比較

 

↑各割引を適用した場合の価格

 

小容量のプランを担うのはUQモバイル。新しく「くりこしプラン」が発表されました。容量ごとに、S(3GB)/M(15GB)/L(25GB)と3種類が用意されています。

↑くりこしプランS/M/L

 

3種類用意されているのは従来と同じですが、3つとも500円安くなっています。また、上位2つのプランではデータ容量も5GB増えており、さらにお得。家族割などはないものの、シンプルなわかりやすく、余った容量を繰り越せるため、1人でも利用しやすいプランとなりました。2月1日より提供を開始します。

↑現行プランよりもお得に使えるようになる

 

またau、povo、UQ間での変更手数料は0円となっています。

↑3ブランド間の移行に手数料はかからない
TAG
SHARE ON