デジタル
デジタル周辺機器
2021/7/6 16:40

オンライン会議は「顔を見せた方がいい?」--Jabraが調査結果を発表

業務向けおよびコンシューマ向けヘッドセットブランドJabraを展開するGNオーディオジャパンは、 週1回以上WEB会議を行うビジネスマンを対象に、 オンライン会議で多くの人が抱える課題と改善点を明らかにするため、「オンライン会議と周辺デバイスに関する調査」を実施しました。

【調査概要】 ・調査対象:20~50代の働く男女(合計300名)  ・調査期間:2021年6月15日~6月16日  ・調査エリア:日本全国  ・調査方法:インターネット調査  ・調査機関:株式会社ネオマーケティング

 

オンライン会議で顔を表示することについての質問では、「相手の顔が見えてる方が話しやすい」と答えた人は全体の7割以上を占め、 オンライン上でも相手の顔を見たほうが話しやすいと感じている人が多いことが分かりました。

「Jabra(GNオーディオジャパン)調べ」

 

一方で、 自分自身が「毎回自分の顔を映している」と回答した人は約3割にとどまり、相手の顔は見えたほうが良いが、自分は毎回表示したくないという矛盾が生じていることが判明しました。

「Jabra(GNオーディオジャパン)調べ」

 

「オンライン会議で自分の顔を通常映さない」と回答した人にその理由を聞くと、「自分が映るのが嫌だから」という回答が51.7%、また次に多い「音声だけでも問題ないと思うから」という回答が46.6%となりました。

「Jabra(GNオーディオジャパン)調べ」

 

この結果に対し、 大企業の社長や企業幹部にコミュニケーションのコーチングを行っている、 コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんは、「音声だけで伝わると思っている人がこんなにいることに驚きました。確かに電話での会話などでも、円滑なコミュニケーションは可能ですが、その場合は、端的に伝える力が求められますね。オンラインであっても、きちんと相手の顔を見て話すのと音声だけで話すのでは、伝わり方や理解力に大きな差がでます。ビジネスを行う上では、目的に合わせて、最適なコミュニケーション方法を選ぶようにしてほしいですね」と話していました。

 

テレワーク時の企業のサポートに不満な人が半数近くに

続いて、テレワークが推奨されているなか、企業が実際にどのような対応をとっているのかについての質問では、「あなたのお勤めの会社では、 テレワークが推奨されていますか」という問いに対して、82%の人が「推奨されている」と回答。

「Jabra(GNオーディオジャパン)調べ」

 

その一方で、オンライン会議用の備品(ヘッドセット、webカメラ、スピーカーなどPC以外の外付け設備)に対する会社からの援助に不満を感じている人は44.3%と半数近くに上り、テレワーク環境の整備に対し、企業からのサポートが足りないと感じている人が多いことが分かりました。

「Jabra(GNオーディオジャパン)調べ」

 

そこで同社では、オンライン会議に役立つアイテムとして、広範囲を映すことができるオフィスに最適なwebカメラ「Jabra PanaCast50」や、コンパクトな個人向けwebカメラ「Jabra PanaCast20」、オンライン通話に最適なヘッドセット「Jabra Evolve2 30」を提案。これらのアイテムを活用することで、クリアな画質・音質で快適なオンライン上のコミュニケーションがとれるとしています。

 

Jabra PanaCast50は、世界初180°パノラマ4K対応インテリジェントカメラを採用しており、 会議室全体の様子をより鮮明に映し出すことができるオフィス向けwebカメラ。 カメラの性能はもちろんのこと、 8つのビームフォーミングマイク搭載で、 音声を正確に検出しノイズを除去するため、 よりクリアな音声を提供し、 会議のスムーズな進行をサポートします。

 

さらに、 会話の流れを追い、 自動で発話者をアップで映し出すインテリジェントズーム機能や会議室内の人数を数え、 定員をオーバーしている場合にアラームで知らせてくれるPeopleCount機能など、 オフィスで役立つ機能が充実しています。

↑Jabra PanaCast50(14万5000円/税抜)

 

Jabra PanaCast20は、 コンパクトで持ち運びやすく、 4K Ultra HDビデオ、 HDRビデオ対応で高精細な映像を届けられる個人向けwebカメラ。自動で発話者を適当な画角に収まるよう調整するインテリジェントズーム機能や、 時間帯や周囲の状況に関わらず適切な明るさで映してくれる自動照明補正機能などを備え、テレワーク環境をより快適にしてくれます。

↑Jabra PanaCast20(3万5000円/税抜)

 

Jabra Evolve2 30は、 2つのマイクを使った通話テクノロジーと28mmのスピーカー、最新のデジタルチップセット搭載したヘッドセット。 独自のイヤーカップ設計により、 周囲の雑音を遮断することができます。 通話中は自動でビジーライトが点滅するため、 通話中であることを周囲に示すことができ、 通話や作業に集中できます。

↑Jabra Evolve2 30(1万2100円/税抜)

 

オンライン会議時のコミュニケーションで不満を感じている方や企業は、ぜひJabraブランドのwebカメラやヘッドセットを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

【フォトギャラリー(画像をタップするとご覧いただけます)】

TAG
SHARE ON