デジタル
パソコン
2021/10/13 13:00

VAIO Zの技術を継承した、軽量・頑丈モバイルノートPC「VAIO SX14」「VAIO SX12」デビュー

VAIOは10月13日、14型モバイルノートPC「VAIO SX14」と12.5型のモバイルノートPC「VAIO SX12」を発表。発売はそれぞれ10月22日からで、VAIO SX14の店頭想定価格は19万9800円(税込)から、VAIO SX12は17万9800円(税込)からとなっています。

 

両モデルともに、フラッグシップにあたる「VAIO Z」に次ぐモデル。VAIO Zの技術を継承した、主力モバイルノートPCと位置付けられています。

 

それぞれ共通で、ボディの天板には立体成型したカーボンを採用。これにより軽量化と堅牢性を実現しています。また、米国国防総省が定める調達規格「MIL-STD-810H」に準拠したテストをクリアするほどの強いボディに仕上がっています。

 

このほか、バッテリーは新開発したものを採用し、最大約30時間の駆動時間を実現。モバイルノートとしては不満のないモデルと言えるでしょう。

 

さらに、昨今のビジネス環境のニーズに応えた機能性も備えています。オンライン会議向けに、内蔵マイクを強化したほか、Dolby Atmosによる音声の聞き取りに特化したエフェクトを採用。これに加えて、AIノイズキャンセリング機能をそなえることで、マイク入力に対して騒音などと声を識別し、ノイズを除去してクリアな音声のみを相手に届けることが可能です。

 

また、細部にもこだわっており、新ヒンジによって片手で本体を開けたり、ディスプレイを180度まで倒せたりします。

 

VAIO SX14の中で最高スペックのモデルは、インテル Core i7-1195G7 プロセッサー、16GBメモリー、512GB SSDを搭載。ディスプレイ解像度はフルHD(1920×1080ドット)です。OSはWindows 11 Home 64ビットを搭載しています。本体サイズは約幅320.4×高さ13.3~17.9×奥行222.9mmで、重さは約1.06kg。

VAIO SX14のファインブラックモデル

 

店頭想定価格は26万9800円(税込)です。

 

VAIO SX12の中で最高スペックのモデルも同じ仕様。本体サイズは約幅287.8×高さ15.0~17.9×奥行205.0mm、重さは約925g。

VAIO SX12のファインブラックモデル

 

店頭想定価格も同じ26万9800円(税込)です。

 

なお、インターフェイスは共通で、USB Type-C(Thunderbolt 4、USB PD対応)×2、有線LAN、HDMI出力、USB 3.0×2、ヘッドホンジャックをそろえています。

TAG
SHARE ON