デジタル
Apple
2022/10/11 19:00

6.1インチのデカ画面なiPhone SE、2024年にやってくる?

「次期iPhone SE(第4世代)」について、6.1インチディスプレイを搭載し、画面上部にはノッチが存在することを、海外アナリストが伝えています。

↑Gabo_Arts/Shutterstock.comより

 

現行モデルのiPhone SE(第3世代)は、4.7インチディスプレイを搭載。またノッチや顔認証機能は搭載しておらず、本体下部に指紋認証機能「Touch ID」を利用するための物理ホームボタンが配置されています。

 

Display Supply Chain Consultants(DSCC)のアナリストことRoss Young氏によると、2024年には5.7~6.1インチの液晶ディスプレイと、前面カメラ用の穴型カット(ノッチ)を備えた次期iPhone SEがリリースされるとのこと。つまり、次期iPhone SEにFace ID機能が搭載されるかどうかは、現時点では不明です。

 

一方で中国語サイトのMyDrivers著名アナリストのミンチー・クオ氏は、次期iPhone SEに「サイドTouch IDボタンが搭載される」との予測を発表。さらにリークアカウントのJon Prosser氏は、次期iPhone SEが「iPhone XR風のデザインになる」と指摘しているのです。

 

大画面スマートフォンへの高い需要が続く中、もし次期iPhone SEの画面サイズが大きくなれば、さらに人気が高まりそうです。

 

Source: MacRumors

TAG
SHARE ON