デジタル
スマホ周辺機器
2016/12/16 20:55

iPhoneユーザーならひとつは持っておきたい! PhotoFastのLightning直結型デバイス3モデル

アップル製品の周辺機器を手がけるPhotoFastから、iOSデバイス向けのLightning接続可能な外部ストレージデバイス3モデルが登場しました。いずれも搭載するLightningコネクタで直接iPhoneやiPadなどに接続でき、画像や音声データを保存できる外部記憶デバイスとなっています。

 

シンプルなSDカードリーダー「CR-8710」

「CR-8710」は、iOSデバイスから直接アクセスできるSDカードリーダー。デジタルカメラなどで撮影した写真データを記録したSDカードを読み込み、iPhone内に取り込むことが出来ます。価格は5980円(税抜き)。

20161216-i06 (1)
↑CR-8710

 

従来のLightningコネクタ接続タイプのカードリーダーは、画像データの伝送のみ対応したものが多かったのですが、本モデルでは画像だけでなく、動画や連絡先、カレンダー、音楽ファイル、オフィスファイルなどもiPhone内に取り込むことができるのが最大の特徴です。

 

また、専用アプリを使用して、デジタル一眼レフで撮影したRAWファイルも取り込むことができるので、高画質なデジタルカメラで撮影した写真をSNSに即座にアップすることも可能になります。

↑iPhoneに接続したところ
↑iPhoneに接続したところ

 

逆に、iPhone内のデータをSDカードに書きだすことも可能なので、iPhoneのメモリがいっぱいでこれ以上保存できない、といった場合にデータをSDカードに移してメモリを空けることができます。

 

日ごろ、デジタルカメラや音楽プレーヤーなどとiPhoneのあいだで、SDカードを介したデータのやりとりが多い人におすすめです。

 

 

PC用としても使えるmicroSDカードリーダー「4K Reader」

「4K Reader」は、iOSデバイスに直結できるmicroSDカードリーダーです。LightningコネクタのほかにUSB3.0コネクタも搭載しているので、パソコンにも接続できるのが特徴。価格は5980円(税抜き)。

↑「4K Reader」本体。コンパクトなサイズです
↑「4K Reader」本体。コンパクトなサイズです

 

本モデルも「CR-8710」と同様に多くのファイル形式の送受信に対応しており、iOSだけではなくWindowsやAndroidといった異なるOS間でのファイルの送受信に活用できるモデルです。

↑USB3.0コネクタも備えています
↑USB3.0コネクタも備えています

 

microSDカードの利用頻度が高い人は、こちらの方が便利に使えそうですね。

 

 

4つのコネクタを搭載したフラッシュメモリ「iType-C」

「iType-C」はUSBメモリのように、本体内にフラッシュメモリを搭載した外部ストレージデバイスです。Lightning、USB Type-C、USB3.0、Micro USBのコネクタを搭載しているため、4種類の接続方式に対応しているのが特徴。

↑アダプタ(左)とiType-C本体
↑アダプタ(左)とiType-C本体

 

フラッシュメモリが搭載されている本体にはLightningとUSB Type-Cコネクタが搭載され、iOSだけではなく最新のMacBookなどにも接続可能です。また、専用アダプタにはUSB3.0とmicroUSBコネクタが搭載されているので、WindowsパソコンやAndroidスマートフォンにも接続できます。

↑iPhoneに接続したところ
↑iPhoneに接続したところ

 

本モデルも他モデルと同様に多数のファイル形式に対応。メモリ容量は64GB、128GB、200GBの3種類をラインナップしています。価格は64Gモデルが1万4800円、128GBが1万9800円、200GBが3万9800円(すべてて税抜き)。

 

 

↑3モデルすべてで使用できる専用アプリも用意されています
↑3モデルすべてで使用できる専用アプリも用意されています

 

いずれもデータのやりとりのほか、専用アプリを使ってデータのバックアップや機種変更時のデータの移行も行えます。iPhoneやiPadを使っている人なら、ひとつ持っていると色々と便利に使い回せそうですね。

TAG
SHARE ON