デジタル
2017/1/12 17:12

「いま起こっている災害」の疑問に一発回答! 登録エリアの停電・雨雲・地震情報をプッシュ通知するスマホアプリが登場!

「停電があったらしいけど、実家は大丈夫かな?」「いまの地震、震源地はどこで大きさはどれくらい?」――災害に接したとき、だれもがいち早く正確な情報を知りたいはず。そんなとき、その都度ネットで調べるのもいいですが、もっと手軽に情報を得られたらうれしいですよね。今回、そんなニーズに応えてくれるアプリが、東京電力から登場しました。

 

自宅や実家の災害情報がすぐわかるのがうれしい!

2017012-s2-3

東京電力は、1月 12 日( 木)より、停電・雨雲・地震情報ならびに同社からの情報を配信するスマホ向けアプリ「TEPCO速報」のサービスを開始します(iOS版は追って近日公開予定)。同アプリでは、登録した地域の停電・雨雲・地震情報などをプッシュ通知でお知らせ。特に停電情報は、停電している地域だけでなく、停電軒数や復旧見込みも知らせてくれます。登録できる地域は最大8か所。自宅、実家、勤務先の状況をプッシュ通知で把握することができます。

 

また、地震や台風などが発生し た際には、 東京電力グループの設備の被害状況などもプッシュ通知で知らせてくれることから 、福島県や新潟に住んでいる方は、同アプリを通じ て、速やかに原子力発電所の設備状況について知ることが可能です。

 

気象庁から発表される雨雲情報も表示可能。過去と現在の状況と、6時間先までの未来予測を地図上に表示します。さらに、登録地域に雨雲の発生が予測された場合、1時間前にプッシュ通知で知らせてくれます。

↑雨雲情報
↑雨雲情報

 

さらにうれしいのが、気象庁から発表される震度3以上の地震情報を表示してくれること。登録地域の地震情報もプッシュ通知で知らせてくれるため、すぐに地震の規模や震源地などが把握できます。

↑地震情報
↑地震情報

 

その他、同社ホームページで掲載されている最新情報を表示するほか、気象庁から発表される登録地域の災害警報もプッシュ通知でお知らせ。津波警報・注意報もプッシュ通知で知らせてくれます。

 

「雨が降りそう」という身近な情報はもちろん、災害情報が素早く手に入るので、大切な人の安否確認に役立ち、慌てず適切な行動が取れるのがうれしいですね。このアプリを持っているか否かで、明暗が分かれる可能性もあります。日常生活にも役立つ気軽な情報ツールとして、また、いざというときの道しるべとして、いち早くインストールしておきましょう。

 

※同アプリの情報提供可能な地域は、東京都・栃木県・群馬県・茨城県・埼玉県・千葉県・神奈川県・山梨県・静岡県・福島県・新潟県です。なお、停電情報に関しては、東京電力パワーグリッドのサービスエリアが対象範囲で福島県・新潟県・静岡県の富士川以西は対象範囲外です。