エンタメ
声優
2022/4/9 15:00

アニメ『アオアシ』スタート直前!八代 拓インタビュー「サッカーの戦術の面白さを描きながら、選手たちのドラマも表現している。そこがほかにはない面白さ!」

サッカーJリーグのユースチームを舞台に、プロを目指す高校生たちの熱き姿を描いた人気コミック『アオアシ』が待望のアニメ化。そこでGet Navi webでは注目のキャラクターにスポットを当てて、インタビューを敢行。今回は主人公・アシトとともに同じユースで切磋琢磨する冨樫慶司役の八代 拓さんに、サッカー好きの観点から見た『アオアシ』の魅力、そして自身が演じる冨樫のプレーヤーとしてのすごさをたっぷりと語っていただきました!

 

八代 拓●やしろ・たく…1月6日生まれ。岩手県出身。主な出演作に、『魔法使い黎明期』クドー役、『リーマンズクラブ』立花梓馬役、『遊☆戯☆王SEVENS』上城龍久〈ルーク〉役、『かくしごと』志治仰役、『不滅のあなたへ』グーグー役、『炎炎ノ消防隊』ヴァルカン・ジョゼフ役、『アイドルマスター SideM』柏木翼役など。

 

【八代 拓さんの撮りおろし写真】

原作を読んでいた時から、冨樫は完璧な原石だなとほれぼれしていました

 

──まずは、出演が決まった時のお気持ちをお聞かせください!

 

八代 嬉しかったです! 今回はオーディションだったんですが、僕自身、スポーツが大好きで、サッカーも大好きなスポーツの1つなんです。ですから、『アオアシ』の原作も当然のように読んでいて。その時から、サッカーへの愛や造詣の深さ、さらには物語の面白さやスリリングさを描いているマンガだなと感動していましたし、まさしくサッカーファンの心をくすぐる作品だなと思っていたんです。それもあって、出演が決まった時は、“声優をやっててよかった!!!!”と思えるぐらい喜びがこみ上げてきました(笑)。もちろん、人気のある作品ですから、同時にプレッシャーもありましたし、背筋が伸びるような思いにもなりましたね。

 

──サッカーを題材にしたマンガやアニメはたくさんありますが、『アオアシ』ならではの魅力はどんなところにあると感じていますか?

 

八代 プレーヤーの技術や成長過程を描く面白さはもちろんなのですが、戦術面をしっかりと描いているところだと思います。実際に今のサッカーってどんどんと戦術が発展してきていて、どんな戦略を立てて、そのためにいかに適材適所の選手を配置できるかということが、ものすごく重要視されているんです。『アオアシ』はそこを深くえぐりながらストーリーが進んでいくので、リアルさと説得力があるんですよね。

 

──ユースの世界を題材にしているのも面白いですよね。

 

八代 そこも本当に絶妙ですよね! ユースってプロを身近に感じることができる位置にいますけど、でも同じ階段上でもプロの場所は遙か先にある。夢の一歩手前のようでいて、厳しい見方をすれば、現実を目の当たりすることもあって。ただ、その一方で、今はJリーグはもちろんのこと、海外のクラブチームでもユースにどれだけ力を注いでいい選手を育てていくかがすごく重要だと言われているので、実はユース世代って選手たちの実力も含め、ものすごくアツいんですよね。

 

(C)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会

──八代さんが今回演じる冨樫慶司も、主人公・アシト(青井葦人)と同じエスペリオンユースチームの選手の一人ですね。

 

八代 冨樫の魅力は、まずは見た目に反して頭が良いというところでしょうか(笑)。彼は元ヤンキーで、グレていた過去がある。また、彼が本当に信じられるのは当時の仲間たち以外だと、ユースの福田監督やコーチたちで。サッカーという存在が冨樫少年と社会との繋がりをつなぎとめていたところがあるので、その意味では、彼のサッカーへの情熱にはほかの選手たちとは異なる強さを感じます。ただ、彼はちょっとひねくれているんですよね(笑)。素直に言葉を伝えられなかったりして。そうかと思えば、義理人情に厚く、優しさも持っているので、そうしたいろんな面をしっかり表現していけたらなと思っています。

 

──それと、興味深いのが、アシトをはじめ、周りの多くの選手がセレクションでの勝ち残りやジュニアユースからの昇格組ばかりなのに対し、冨樫は唯一のスカウトだという点です。

 

八代 そう! そこも彼のすごさなんですよね。実は、いち原作ファンとしてコミックを読んでいた時から冨樫のことを、“なんて素晴らしい選手なんだ!”とほれぼれしていたんです(笑)。恵まれたフィジカルを持ち、ロジックで物事を考えられる能力もあり、さらには独特の環境で育ってきた故の独創性もある。こんな完璧な原石はいないです!(笑) 元ヤンキーなので尖ったところもあるんですが、そうしたメンタルもアスリートにとっては時には必要だと思いますし、もっと言えば、あの尖り方が魅力的に見え、スター性を感じさせているところもある。そのくせ、人間関係を俯瞰で見る目を持っていて、ピッチ上では冷静だったりするし。スカウトされてきた理由がよく分かります。

 

──確かに。また、エスペリオンユースには個性的な選手がたくさんいますが、八代さん自身はどのキャラクターに一番近いですか?

 

八代 性格的なところでいえば…大友栄作かな(笑)。あくまでも、しいて言えば、ですけどね。僕は彼のように、プレーヤーになった時にカッコよく振る舞えないですから。それに大友って根っこは結構ビビリで、それを補うために明るく振る舞ったりしている。それでいて、意外に冷静な部分もあったりして。僕とは似ていないかもしれませんが、共感する部分はたくさんあります。

 

──なるほど。でも、あれだけ個性的な面々がそろっていると、感情移入してしまうキャラクターは必ず1人はいそうですよね。

 

八代 本当にそう思います。しかも、彼らのあの年代って精神面も肉体面も成長期で。その成長スピードがそれぞれ違うので、年齢的にあまり差がなくても、自然と個性が生まれていく。そこも面白いなと思います。それを思うと、この『アオアシ』はスポーツアニメという一面を持っていますが、実はヒューマンドラマの部分もすごく多くて、選手のみならず、監督やコーチ、それに選手を支える家族や友達など、それぞれのドラマもしっかり描かれているので、いろんな楽しみ方できると思います。

 

好きなチームは3rdユニフォームを買っちゃうくらい収集癖がすごいです(笑)

 

──先ほど、もともとサッカーがお好きだという話をされていましたが、スタジアムで観戦されたりもするんですか?

 

八代 時間がある時は行きます。今、一番行きたいのが「いわてグルージャ盛岡」の試合で。僕の地元のチームで、J2に昇格したので、なんとか観に行きたいんです。まだ応援し始めたばかりなので、にわかもいいところなんですが、さっそくユニフォームも買いましたし、スケジュールも調整して、観戦に行く計画も立てています。

 

──そういえば、以前はご自身のプロフィールに「趣味:サッカーのユニフォーム収集」と書かれていましたね。

 

八代 はい。つい買っちゃうんです(笑)。好きなチームでも毎年ちょっとずつデザインが変化していたりするので、そのたびに買いますし、好きな選手のユニフォームとなると注文もしたりして。海外チームだとそれを着て応援に行けるわけでもないので、まさに趣味の世界なんですけどね(笑)。

 

──ホームとアウェイの両方を買い揃えるんですか?

 

八代 ホームとアウェイだけじゃなく、3rdユニフォームもあるので、本当に好きなチームだと3枚買うこともあります(笑)。それに、最初は買うつもりがなくても、チームが勝ち続けて強くなると不思議とユニフォームもカッコよく見えてくるので、つい買ってしまう。これ、結構あるあるだと思います(笑)。

 

──ちょっと分かる気がします(笑)。

 

八代 本当ですか!? 嬉しいです。何年か経ってそのユニフォームを見た時に、「そうそう、このシーズンは最強だったんだよなぁ」と思いだせるのもまたいいんですよね。つまりは、思い出も一緒に買っているということです(笑)。

 

──(笑)。ちなみに、そのユニフォームコレクションの中で一番のお気に入りは?

 

八代 元フランス代表の選手でサミル・ナスリという方がいまして。ジダン二世とも呼ばれた選手なんですが、そのナスリ選手のマルセイユ時代の、それも長袖バージョンを持っています! ちょっと高かったんですが、自分へのご褒美として買いました。この長袖というところがお気に入りポイントで。分かる人にしか伝わらないと思いますが、ユニフォーム好きの方には深く同意してもらえると思います(笑)。

──では最後にもう一つ。Get Navi webということで、皆さんにお気に入りのアイテムをお聞きしているのですが、アフレコ現場で愛用しているものなどはありますか?

 

八代 最近ハンドクリームを持ち歩くようになりました(笑)。アフレコ中、台本のページをめくることが多いのに、指先が乾燥していると、めくりそびれてしまうことが稀にあるんです。「あ〜、次のセリフが〜!」みたいな(笑)。その対策用ですね。あとは、文字がはっきり見えるように目薬と、唇が乾燥しないようにリップクリームも持ち歩いてますね。コスメっぽいものが多いんですが、どれも体のケアではなく、仕事のためのものばかりです(笑)。それ以外だと、ありきたりですが色のついたペンも。赤色と青色のペンを使っていて、あえて消せないタイプのものを使っています。修正する際も二重線を引いて、最初に何を書いていたかを残しておくようにする。それもこだわりといえばこだわりかもしれませんね。

 

(C)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会

TVアニメ『アオアシ』

2022年4月9日(土) Eテレにて毎週土曜 後6・25〜

(STAFF&CAST)
原作:小林有吾「アオアシ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
監督:さとう陽
シリーズ構成:横谷昌宏
副監督/曽我準
キャラクターデザイン/中武 学、川村敏江、山口飛鳥、長谷川早紀
音響監督/はたしょう二
音楽/横山克
アニメーション制作/Production I.G
出演:大鈴功起、橘 龍丸、山下誠一郎、八代 拓、堀江 瞬、加藤 渉、榎木淳弥、熊谷健太郎、武内駿輔、梅原裕一郎、小野賢章、内山昂輝、古川 慎、興津和幸、河瀬茉希、上田麗奈、小松未可子、小林親弘、安元洋貴、園崎未恵、中島ヨシキ ほか

(STORY)
愛媛の弱小サッカー部でエースだった青井葦人(アシト)は中学最後の大会に破れ、ひとり海辺で走り込んでいたところ、試合を見てアシトに特別な才能を感じていたある男と出会う。その男とは、Jリーグの名門クラブ「東京シティ・エスペリオンFC」で高校生年代を育成するユースチームの監督、福田達也だった──。

【『アオアシ』シーン写真】

(C)小林有吾・小学館/「アオアシ」製作委員会

撮影/映美 取材・文/倉田モトキ

TAG
SHARE ON