エンタメ
タレント
2023/1/20 21:00

今年、最も注目の8人組・ダウ90000全員に聞く! 2023年にやり遂げたいことは何?【インタビュー後編】

いま、業界最注目といわれる、8人組ダウ90000。演劇、コント、地上波ドラマなどさまざまなフィールドで活動し、2022年に開催された、第4回演劇公演『いちおう捨てるけどとっておく』はチケットが即日完売。また、昨年7月に行われた『第43回ABCお笑いグランプリ』では決勝戦に進出するなど、八面六臂の活躍ぶりで界隈を賑わせている。

 

今回は、ダウ90000のメンバー全員にインタビューを敢行。2022年の活動を振り返ってもらうとともに、2023年の抱負を語ってもらった!

 

(構成・撮影:丸山剛史/執筆:kitsune)

●ダウ90000(左から)飯原僚也、忽那文香、上原佑太、中島百依子、蓮見 翔、道上珠妃、吉原怜那、園田祥太

【インタビュー前編はコチラ

 

メンバーの〝こんなところを知ってほしい〟大発表!「怜那ちゃんのギャップは、みんなに知ってもらいたい!」(忽那)

――ダウ90000のドキュメンタリー映画では、メンバーの皆さんのことをそれぞれ深掘りしていましたね。この機会に、お互いのことで、さらにファンの方に知ってほしい部分がありましたら、教えてください。

 

忽那 私は、怜那ちゃんの礼儀正しさをもっと知ってほしいなと思います。

 

吉原 え、初めて言われたけど……(笑)。

 

忽那 ギャルみたいな見た目なんですけど、誰よりも言葉使いが綺麗だし、一番年下なのに気も遣えるし、頭もいいし……! この怜那ちゃんのギャップをもっとみんなに知ってもらえたらいいなって思いますね。

 

吉原 なんか、ありがとうございます……!(笑)

 

中島 私も怜那ちゃんのことを言おうとしてた! 普段とってもしっかり者なんですけど、たまにナヨナヨしちゃったり、自信なさそうに話したりする時もあって。そういう、かわいらしい部分をもっと私たちが引き出していきたいなって思います。

 

――まだファンの方に見えてない部分があるんですね。

 

蓮見 じゃあ、吉原はどう?

 

吉原 それこそ百依子さんは、今まで後輩があんまりできたことがなかったんですって。

 

中島 年下の子と関わる人生じゃなかった……。

 

吉原 で、私が入ってきたタイミングで一番先輩らしいことをやってくれました。

 

中島 おしゃれなトルコ料理屋さんとかに誘って連れてってあげたんです。あんまり上手くいかなかったんですけど……(笑)。

 

吉原 お淑やかで、おっとりしてそうに見えるんですけど、めちゃくちゃ芯がある人なんです。お姉さんタイプですね。

 

――お姉さんな一面をもっと知ってほしいということですね。

 

忽那 えっと、ほかにもいろいろありますよ!

 

中島 忽那……もういいから(笑)。

 

蓮見 もう十分だってさ。

 

忽那 え~もっと言いたいことある!

 

――なんでも言っていただいて大丈夫です。

 

忽那 じゃあ、園田さんのことなんですけど。

 

一同 あははは!

 

忽那 今まで私は、園田さんの笑顔が作り過ぎて怖いなって思ってたんです。

 

蓮見 あ、わかる、わかる。

 

忽那 でも無理に笑わなくても、園田さんはそのままで十分魅力的なんだなって、ドキュメンタリーを見て気づいたんです。

 

蓮見 それまで思ってなかったんだ?

 

忽那 いやいや……最近それを見せてくれるようになったんですよ。嘘の笑顔で隠さないで、自然体でいてほしいです。

 

園田 わかったよ(笑)。ありがとうね。

 

蓮見 でも、本当にそうですね。なんなら、まだ全員楽屋のほうが面白い感じなんで。テレビに出るときは、テレビの顔をしちゃうし、張り切って話している若者で終わるんですよ。もっと素で話せるようになればいいな、とは思いますね。

 

上原が園田に問いただしたい〝トイレの蓋事件〟「排泄はエンタメにならないんだよ(?)」(蓮見)

――上原さんはいかがですか?

 

上原 すみません、ちょっと文句みたいになってしまうんですが、いいですか……? また、園田さんなんですけど(笑)。

 

園田 さっきから目が合うなと思ってたよ……!

 

上原 園田さん、よくうちに泊まりに来るんですけど、トイレの便座を閉めないんですよ……。それで「便座を閉めてくれ」って言ったら「いや~悔しい。俺、普段は閉める人間なのにな」って言うんですよ!?

 

一同 (爆笑)。

 

蓮見 ダッサ、マジで!

 

忽那 それはやだー!

 

飯原 俺ですら閉めてるのに。

 

上原 しかも「閉めるのにな」って言った次の日に閉めないで帰ってくんですよ。閉めないことよりも「俺、閉める人間なのに」って言っちゃうところがダメです。

 

蓮見 汚れた便器じゃなくて、その薄汚れた性格が気に食わないってことだ(笑)。

 

園田 上手いこと言うな……!

 

――園田さん、その件についていかがでしょうか?

 

園田 いや~ウケると思ってやってるだけなんですよ、単純に。

 

吉原 笑ってほしいんだ。

 

蓮見  “天丼”ってこと?  もう一回開けっぱなしにしたら、ウケるかなって。

 

園田 そうそうそうそう。

 

蓮見 いや、まず謝れ……!

 

上原 『ダウドキュ』でもそうだったんですが、園田さんは、思ってることと口から出る言葉が違ったり、わざとかっこつけたりするタイプなんです。そういう部分がプライベートでも垣間見えるんですよね。

 

――園田さん、どうでしょうか?

 

園田 いや、それに関しては「ごめん」で終わっても、つまらないな~って思ってやっただけなんです。上原の家に泊まりに行くのって、すげえ楽しいんですよ。だから、少しでも盛り上げたくて。

 

蓮見 じゃあ、閉めろよ。盛り下がることをするな(笑)。

 

園田 俺が閉めておしっこしたらつまんないじゃん。

 

吉原 いや、開けておしっこしても盛り上がらないですよ。

 

蓮見 あのな、排泄は、エンタメにならないんだよ。

 

園田 あ、そうなんだ。

 

一同 あはははは!

 

蓮見 もう、これこいつの戒めとして見出しにしてください。「排泄はエンタメにならない」って。

 

――わかりました(笑)。

 

汚部屋だけじゃなかった!? 飯原に対する新たなクレーム「〇〇が汚いことはどうすんの? って言いたい」(道上)

――道上さんは、メンバーの皆さんのことで知ってほしいことはありますか?

 

道上 私は常々、飯原という人間が面白いので、もっと知ってほしいと思っています(笑)。これからどんどん掘られて、未知の面白い部分がまだまだ出てくると思うので。だけど……。

 

中島 なになにー?

 

道上 彼は、部屋が汚れていたことに関して「誰にも迷惑かけてないんで」って言っていたんですが、それはいいとしても、服が汚いことはどうすんの!? って文句を言いたいです。私たちは、私服を衣装に使うことが多いんですが、シワシワなだけじゃなくて、食べこぼしで汚れていたり、破けている服を平気で使うんですよ……!

 

蓮見 あ~それは嫌だね。

 

――飯原さんは「ん?」って顔をしていますが……。

 

道上 部屋が汚いとかは、こっちは知ったこっちゃないんですが、服は綺麗にしてほしい。そこは怒ってます!

 

中島 珠ちゃんは、誠実に怒ってくれる人なんですよ。

 

道上 でも、全然響かない……!

 

飯原 ん~申し訳ない。

 

道上 部屋は綺麗になったんだから、身だしなみもマジで頼むよって思っています。

 

飯原 でもねえ……洗濯がね、できないんだよ。本当にできない!

 

蓮見 できないんだよな。

 

――皆さん気になっているようですが、飯原さん、どうでしょうか。

 

飯原 え~みんな本気で言ってるのか。そっかあ……。

 

一同 (爆笑)。

 

上原 単独公演で、大穴空いたままの服で出てたもんね。

 

蓮見 それはちゃんとしてほしいわ。

 

飯原 わかりました……。じゃあ衣装については気をつけたいと思います。

 

蓮見 うん、よろしくな。

 

園田が服をあげまくる問題を議論!「無地の服だから、ラーメンズに憧れている若者3人って感じ」(蓮見)

蓮見 ちなみに、服で言ったら僕も一つやめてほしいことがあるんです。園田が後輩男子2人に服をあげるんですけど、全部無地の服をあげるんですよ……! 無地の服って他人にあげるものじゃないじゃないですか。

 

――たしかに、そうかもしれないです。

 

蓮見 で、こいつらもあんまり服を持ってないから、それを着るんですよ。すごく嫌なんですよね。ふんわりした色味の服を着ている集団になっちゃって。

 

――同じ雰囲気の服装の人が3人。

 

蓮見 そうなんです。無地の服なので、ラーメンズに憧れている若者3人って感じになってて恥ずかしい……!

 

――新しい服を買いたくないとかですか?

 

上原 いや、買ってるんです。

 

蓮見 その服はいいんですよ。なのに、洗濯のスケジュールがあるから、月火水は自分の服で、木金は園田になっちゃう(笑)。

 

園田 わかった! じゃあ、あげるのやめるし、捨ててくれ。

 

中島 2人が「服ください」って言い始めたわけじゃないの?

 

上原 くださいとは言ってない。

 

蓮見 そうなの? (笑) 園田、反論してもいいよ。くださいって言った?

 

園田 くださいって言ったけどなあ……。

 

蓮見 ほら、だからあげてるわけだろ?

 

上原 「いる?」が先だったよ。

 

飯原 ゼロの状態から園田さんに「服ください」なんて言わないでしょ。

 

蓮見 でも「その服いいっすね」って言って「でもちょっと飽きてきてんだよな」「じゃあくださいよ」って流れは会話としてあり得る。そういう感じ?

 

園田 そう、それだよ、それ!

 

一同 (苦笑)。

 

飯原 いや「もう着ねえからあげる」って先に言ってた!

 

上原 初めて服を貰った時は、園田さんちに僕が泊まりに行って、いきなりタンスからバババッて出して、ハイって渡された。

 

中島 私もこの前、急に園田さんが紙袋を渡してきて「どうしたの?」って聞いたら「服が小さくなっちゃったんだ。だから、この前コレいいねって言ってたからあげる」って言われて。かわいいし嬉しかったんだけど、服は小っちゃくならないよな~って。

 

蓮見 園田が太っただけじゃん。服が急に百依子のサイズに小さくならない(笑)。

 

道上 私も「バケットハットが欲しいな。挑戦したいな」って言ってたら「あげるよ」って言われて。バケハをくれたのは、たしかに嬉しかったんですけど、その他に5個くらい帽子がついてきて……!そんなにいらないよって。

 

園田 ねえ、何でみんなそのとき言わないの!  何で世に出るタイミングで全部言うの……。

 

道上 なんか余計なおせっかいが多いんすよ。

 

一同 あはははは!

 

飯原 ヤッバ! それは思ってないよ!

 

園田 さすがに泣いちゃうよ、俺……。

 

上原 服くれたのは嬉しかったし。

 

道上 んん~。まあ、園田さんは優しいから……なんでしょうね……。

 

蓮見 無理だよ、もう(笑)。おせっかい呼ばわりから入ってるんだから。

 

園田 おーい、なめんなよ……!

 

道上 いやいや……! 求めてないのに、押し付けられるとこっちも困っちゃうんですよ。

 

――園田さんは「何かしてあげたい」というお気持ちなんですか?

 

園田 僕はネットでよく服を買うんですが、サイズが合わないこともあって。それを処理したいのと、あげたら喜ぶかなっていう思いが、半分ずつくらいです。

 

道上 その捨てるならあげちゃえって精神が嫌なんです。断捨離に使われている感じで、無責任ですよ!

 

蓮見 あ~なるほどね。そういうニュアンスだと嫌だな。

 

園田 何かを捨てるのが、自分の中でもったいなく思えて……。あげるなら、いいかって。

 

蓮見 じゃあ、これからは1回グループLINEで確認したらいいじゃん。誰かいりますかって。

 

園田 フリマみたいな感じか。じゃあ、そうしようかな。

 

蓮見 それでいいよ。まあ、俺が言ってんのは、すぐ服をあげるなっていうのはもちろんで、他のみんなもやすやすと着るなよって話!

 

――(笑)。これからは、あげるのも着るのも一度精査してからってことで。

 

蓮見 ですね。この話、いつまでもできてしまいそうなので、あとでよく話し合いたいと思います……。

 

2023年のダウメンバーの目標を聞く! 「今年は、ダウで全国ツアーに行きたい!」(道上)

――では、最後に皆さんの2023年の目標を聞いて行きたいと思います。

 

吉原 私は、ダウでコマーシャルの分野に進出できたらと思っています。昨年は、サントリーさんのBOSSとNetflixさんのコラボWEBムービーに出演することができて、良い経験ができたので。

 

――すごいことだと思います!

 

吉原 ありがたいです。テレビCMはまだなので、そこまで行けるくらい、頑張れたらいいなと思いますね。何かに使っていただけたら、すごくハッピーだなって。

 

蓮見 あっても良さそうなのにな。メルカリとか……な、園田?

 

一同 (爆笑)。

 

蓮見 「捨てるのもったいないな~」

 

園田 「みんなに断られちゃった~」

 

蓮見 無地の服いっぱい持ってくるんだろ!

 

――(笑)。あるかもしれないです。園田さんは何か目標はございますか?

 

園田 1人で企画ライブや大喜利ライブに呼ばれたら嬉しいなと思います。

 

蓮見 それは、いいね。

 

園田 誰かダウから出してください、ではなく、園田さんぜひ来てくださいって言われたいです。

 

蓮見 園田主催でもいいんじゃない?  面白いと思う。

 

――それこそ主催ライブを開いていたら、いろんな企画に呼ばれそうです。

 

蓮見 出たい人なんだってなりますよね。

 

園田 なるほど。僕としては、やっぱりウケるのが好きなのと、芸人さんたちとも仲良くしたいっていう気持ちもあるので、〝絶対的に面白い〟って信頼を得られるように努力したいな、とは思ってはいるんです。

 

――昨年は大喜利ライブなどには出演されなかったんですか?

 

園田 主催している方と会ったりはしたんですけど、まだスベるのが怖くて……出してくださいとまでは力強く言えなかった。そこをちゃんと自信がつけられたらいいなと思います。

 

――ぜひ出演していただきたいです。ほかの皆さんはいかがでしょうか。

 

道上 私は、みんなで全国を回りたいってずっと言ってますね。

 

――全国ツアーいいですね。

 

道上 とりあえず主要都市から回っていければ嬉しいです。一度、お笑いライブで大阪の方に呼ばれて行ったんですけど、今度は自分たち主催で地方に行ってみたいです。

 

――それはファンの方も楽しみですね。

 

道上 実現したいです。あとは、これは嫌な顔されそうなんですけど……私はネット活動をやりたいんです。歌ってみたとか踊ってみたとか、めちゃくちゃ好きだったんで、やってみたくて。

 

蓮見 やればいいと思うよ。去年は8人で活動できたし、ここからはそれぞれ個性を出すタイミングだと思うしね。

 

道上 え!!  意外な反応でビックリしてます……。

 

蓮見 でも、スタッフさん集めて編集するって部分をどこか面倒臭がってるじゃん(笑)。いまいち一歩踏みきれてない部分も少なからずあるはずなのに、俺が嫌がるからって理由つけてたから~。

 

――そうなんですか?

 

道上 うふふ、ちょっとね、そうなんですよ(笑)。

 

蓮見 いや、まあたしかに難しいよな~。

 

道上 でも気持ちはあるんで、今年は挑戦したいですね。

 

吉原 動画投稿だったら、1人でもできるんじゃない?

 

蓮見 いや、やるんだったら、クオリティ高いものを出してほしいとは思うんだよ。

 

吉原 なるほど。映像としてちゃんとしているものを出してほしいと。

 

道上 生半可な気持ちではやらないようにしたいです。乞うご期待ってことで!

 

趣味を生かした活動もあり?「自分がお酒を飲んで、人に喜んでもらえることってあるんだなって」(中島)

――楽しみにしております。次は、中島さんはいかがですか?

 

中島 私は強いて言うなら、演技をすることがすごい好きで、この世界に入っているので、まずは演技のお仕事をキツイ! って思えるまで取り組みたいですね。現段階だと、楽しいって気持ちが勝っていて、まだまだそういった立場になれているわけでもないので、もっと努力したいです。ほかに好きなことも見つかっていないので。

 

蓮見 あるじゃん。そのうちお酒の仕事が来るよ。

 

中島 あ、日本酒好きのこと?

 

――お好きですもんね。ドキュメンタリーでもおいしそうに飲んでいたのが印象的でした。

 

中島 いや、飲まれないってわけじゃないんですよ?

 

蓮見 それ飲めるヤツしか言わないから(笑)。

 

吉原 おいしそうに、たくさん飲むからね。

 

中島 みんなに言われました。まさか、自分がお酒を飲んで人に喜んでもらえるとは。思いもよらなかったことなので、驚きました……!

 

蓮見 飲み姿を見せていこう。

 

――お酒のリポートやハシゴ酒の動画、期待していますね。続いて、忽那さんはいかがですか?

 

忽那 昨年は、ドキュメンタリーとかでみんなの個性を知ってもらったことで「より面白くコントを見れるようになった」っていうお客さんの声があったんです。それで、自分の内面を知ってもらえると、プラスなことがいっぱいあるなって思ったので、自分を知ってもらうツールを何か持ちたいな、と考えています。最近はnoteを始めてみて。まだ更新できてないんですが……。

 

中島 下書きがいっぱいあるんだよね。

 

蓮見 たまってんだ、すごいなあ。

 

忽那 でも、全部途中までしか書けてない(笑)。努力したいとは思います。あとは、みんなを知ってもらうって意味で、ダウでロケに行きたいなって思ってます。

 

――わ~それは楽しそうですね。

 

蓮見 忽那はディズニーに行きたいだけでしょ?

 

中島 よくあるじゃないですか。食べ歩きグループとアトラクショングループに分かれるロケ。私たち8人もいるからできるんですよ!

 

――なるほど!

 

蓮見 女子は向いてるけどさ~。

 

飯原 じゃあ、俺たちはパチンコの実践動画だな。

 

蓮見 やろう! まじで!

 

中島 なんで急にディズニーからパチンコになっちゃうの~。

 

蓮見 女子がディズニーのとき、俺らガーデン(パチンコ店)行くからさ!

 

忽那 一緒に行きたいです。

 

蓮見 え、ガーデンに?

 

吉原 何でそっちについてくの!!

 

――(笑)。

 

新たなフィールドに挑戦したい。「何も武器がないなかで、どれだけ堂々とできるか大事」(飯原)

――次は、上原さんどうでしょうか?

 

上原 僕は、ダウの中で自分がどういう存在か、自分の個性をどう出せるかをちゃんと考え始めたのが最近なんで、まずはしっかりそこを見つけたいですね。みんなで話している時に、自分が何をしゃべりたいかよりも「うーん、やめておこう」が勝っちゃうので、それもしっかり考えられるようにしたいです。

 

――これからバラエティ番組やトークイベントも増えそうですよね。

 

上原 バラエティは苦手なんですけど、好きではあるので話す力は磨きたいです。あと、僕はサッカーが好きなんですけど、ワールドカップの時に蓮見さんが全然詳しくないのに、ラジオでサッカーの話をしていて。あんなに興味ない人が公共の場でサッカーの話してんのに、なんでこんなにサッカー好きな俺が視聴者側で聴いてるんだ!って (笑)。

 

蓮見 あははは! たしかにな~。

 

上原 悔しかったですよ! だから、自分の好きなものが話せるような場に行きたいですね。

 

――なるほど、それは4年後を楽しみにしていますね! 次は、飯原さんはどうでしょうか?

 

飯原 まあ、僕はパチンコの実践動画をやりたいっていうのと……。

 

蓮見 それはやろう。必ずやろう。

 

飯原 あと、映画に出たいですね、今年中に。ドラマと何が違うのか知りたいですし、ベテランの俳優さんの中で自分がどうなるか試したい。そういった現場では、自分が本当に出せるものは、まずは度胸だけというか、何も武器がないなかでどれだけ堂々とできるかが大事だと思ってます。

――飯原さんは、いつも堂々となさっているイメージがありますが。

 

飯原 あー、本当にそこだけは取り柄なのかもしれないですね。自分を繕っても仕方がないので。僕は何もできませんっていうのを提示した上で、でも言われたことはしっかりやりますって態度を示しています。

 

――大事なことだと思います。

 

飯原 そう思ってはいますね。最近だと「『有吉ゼミ』見たよ」って話から始まるんで、変に自分を作らなくて良くて。「この子は何にもできない子なんだ」って、最初に思われてる(笑)。

 

蓮見 あんな汚い部屋に住んでて。

 

飯原 そうね。それでも現場ではちゃんとしますよ、と。

 

――映画出演、期待しています。

 

飯原 まだ、何も決まってないですけどね。できたら嬉しいです。

 

さらなる飛躍を遂げる一年へ。「クオリティがひとつ上がった新たなバージョンを皆さんに見せたい」(蓮見)

――それでは最後に蓮見さん、今年のダウ90000の展望をお願いします。

 

蓮見 はい。吉原も言っていましたけど、2022年は順風満帆に活動しているように見せたまま終わることができたので、それは本当に良かったなと思います。人前に出す部分じゃない、難しかったり、もがいていた部分を隠しつつ、活動できたことには、一安心といった年でした。

 

――本当に素晴らしい活躍でした。

 

蓮見 ですが、2023年はそうはいかない。昨年、訳わからないくらい忙しくさせてもらって、ありがたいのと同時に、全然できないことだらけだったので。それを一個ずつ潰していけたらいいなと自分では思っています。まずは、2022年のクオリティーがひとつ上がった新たなバージョンを皆さんに見せていきたいです。

 

――蓮見さんご自身の個人的な目標はありますか?

 

蓮見 まずは、各々がもっと目立つようになってくれたら嬉しいなと思います。その後で自分がやりたいこともやっていけたら。あ、あとは個人のYouTubeを始める予定なので、皆さんチェックお願いします!

 

――いいですね。宣伝しておきます。

 

中島 ちょこっと、わかる人にだけでいいですよ!

 

吉原 一番目立つ見出しは「排泄はエンタメにならない」だからね。

 

中島 そっちも、もういいよ…!!

 

蓮見 あ、ちなみにそれでいうと、俺が笹塚のサイゼリヤでうんち漏らした話もありますけど……?

 

――!?!? それは、また今度聞かせてください……!

 

蓮見 はーい(笑)。とにかく、2023年も8人で何事もなく仕事をしていけたらと思いますので、皆さん今年も宜しくお願いします。

 

――応援しております。ありがとうございました。

 

【ダウ90000 アンケート<女性編>】

1)個人の今後(将来)の目標
2)好きな言葉、座右の銘

 

道上珠妃(みちがみ・たまき)
1998年10月2日、タイ出身

1)年齢的に動けるうちにいっぱい動く系のスポーツバラエティに出たいです

2)薄利多売

 

忽那文香(くつな・あやか)
1999年4月10日、兵庫県出身

1)たくさん色んなドラマに出る

2)ぼちぼちいこか

 

中島百依子(なかしま・もえこ)
1999年8月21日、福岡県出身

1)個人としては役者業でもっと活躍したいと考えているんですが、わたしには強いキャラがあるわけではないので、細かいところまで積み重ねられるような演技でどんな役でも任せてもらえるように成長したいです。

2)いままでの人生で大きく影響するような言葉にまだ出会ってないので、今年はもっと本を読んで言葉に触れたいです。意味ではないんですが、「承」の形が書いていて大好きです。

 

吉原怜那(よしはら・れな)
2001年2月22日、東京都出身

1)ユニットコント番組のレギュラーになる!

2)女は皆正気じゃない

TAG
SHARE ON