ファッション
2018/3/26 18:30

「龍馬スニーカー」に「ジョン万デニム」!? プロジェクト「平成の海援隊」が物欲をそそる!

260年続いた江戸幕府が政権を朝廷に返上したのが1867年。昨年の2017年は、大政奉還からちょうど150年の節目の年でした。これを記念して高知県では観光博覧会「志国高知 幕末維新博」を2017年3月から開催。合わせて「高知県立高知城歴史博物館」がオープンし、坂本龍馬が暗殺5日前に書いた手紙も初公開されるなど、大きな盛り上がりを見せました。

 

ここまでは昨年の話です。大政奉還が1867年ということは明治維新は1868年。つまり、今年は明治維新から150年というやはり節目の年に当たります。150年前の数年間はまさに激動の時代だったんですね。

 

高知県では2018年4月21日から、明治維新150年を記念して「志国高知 幕末維新博」第二幕を開幕させます。今回は龍馬の殿堂「坂本龍馬記念館」が新館を加えてグランドオープンし、さらに多彩なジャンルの企業・団体とコラボするプロジェクト「平成の海援隊」もスタート。

 

歴史をテーマにした観光PRは、歴史に興味がない若い世代には響かない場合もありますが、今回のプロジェクト「平成の海援隊」では、坂本龍馬を題材にしたスニーカーや、ジョン万次郎とゆかりのある「ジョン万デニム」など、カジュアルな企画やサービスが展開される予定です。その詳細について知るべく、さっそく3月22日に行われた発表会に取材に行ってきました。

 

観光客は「龍馬伝」ブームを超えた!! 「幕末維新博」第一幕は大成功

会場は東銀座の銀座フェニックスプラザ。まずは、高知県の尾﨑正直知事が登壇し、挨拶をしました。

 

「去年は大政奉還150年の年、今年は明治維新150年の年ということで、少し駒を進めて、明治維新という国作りの物語も含め、私どもとしてもさらに多くの皆さんに見ていただきたいと考えているところでございます」(尾﨑知事)

↑高知県の尾﨑正直知事。プロジェクターを使って「幕末維新博」を紹介しました

 

昨年度の「幕末維新博」開幕から1年で高知の博覧会会場を訪れた観光客は157.7万人以上。県外からの観光客は「龍馬伝」ブームの2010年を超える440万人を達成したとか!

 

「坂本龍馬は海援隊のもとで、世界へ向けて初の商社として雄飛しようという試みを進めていました。残念ながら坂本龍馬の暗殺によってこの夢は叶うことがなかったのですが、私どもとしては、『平成の海援隊』として志を継いでいきたいと考えています。高知県は幕末維新博を通じて、企業団体の皆様方にそれぞれのアイデア、ノウハウ、ネットワークを生かしてコラボさせていただくなかで、高知の魅力を世界に発信していきたいと考えています」(尾﨑知事)

 

高知県の魅力を国内、さらに世界に発信する今回の「幕末維新博」第二幕に、知事も気合いが入っている様子でした。

  1. 1
  2. 2
全文表示
TAG
SHARE ON