ファッション
ホン・モノ・ケイカク
2018/10/29 17:00

秋冬コーデの最適解! 大人の「高コスパスニーカー」には履きやすさと光沢感を

カジュアルなコーディネートに欠かせないスニーカー。それひとつで全身のスタイルが決まると言っても過言ではありません。そこで頼りがちなのがホワイトスニーカー。この夏は、例年以上に人気を博しました。清潔感もあり、コーディネイトをキレイにまとめてくれるのが最大の特徴です。

 

そんなホワイトと対極にあるのが、ブラックのスニーカー。この秋〜冬に人気が高まっているようです。黒のスニーカーは、モード感とシャープさが演出でき、秋冬のカジュアルシーンで使いまわしやすい、万能さがウリです。

 

そこで、オススメしたいのが2017年にデビューした日本発のシューズブランド「スラック(SLACK)」です。

 

特徴はドレスシューズのエレガントさと、スポーツシューズならではの高機能を両立させながら、履き心地が抜群の気持ちよさであること。ドレスシューズメーカーとスポーツブランドで経験を積んだ日本人デザイナー・安田和矢さんが手がけているからこその仕様です。

 

今回紹介する、人気モデルの「CLUDE」では、細身のラスト(木型)を使い絶妙なソールの厚さ、ガラスレザーの光沢でシャープさを演出しています。これだけでモードなスタイリングにもマッチ。シックなコーディネイトでも、足下をキレイにまとめてくれます。

また、ヒールパッチ部分にはリフレクター素材を採用。シューレースには伸縮自在のエラスティックコードを使っており、着脱も簡単にできます。スポーティーさを失うことなくエレガントさと機能性を、こうしたディテールが体現しています。

 

また、コストパフォーマンスが高いことも魅力。中間コストを大幅に省く努力で、高品質ながら低価格を実現しています。

 

ここからはそのディテールを紹介していきましょう。

 

↑足なじみがいいカップインソールを採用。足入れがスムーズで包み込まれるような感覚を演出している

 

↑伸縮性が高く、スニーカーには珍しい丸ゴムのひもを採用。シューレースをしばらずにメタル製コードロックでの調節も可能。オーソドックスな平ひもも付属する

 

↑上品な光沢と張りを与える「ガラスレザー」をアッパー素材に使用。本革の表面に合成樹脂と顔料で加工しているため、汚れにも強く、手入れが簡単なところも利点だ

 

↑堅牢性の高いヴァルカナイズド製法を採用。さらに“オパンケ縫い”と呼ばれるサイドステッチを加え、誰もが経験する屈曲部テープのはがれを軽減。デザインと耐久性を両立させた

 

,↑目に見えない機能性を集約した、スラック独自のソールシステムを採用。アウトソールのラバーは、摩擦に対する耐久性を高めた独自配合によって成型している。また、快適な歩行を実現するためにソールのパーツを厳選し、屈曲性、グリップ力、安定感を追求した。普遍的なヴァルカナイズドソールに新たなアプローチを加えた、最先端のソールシステムだ

 

ぜひ、これからの季節、足下の選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

 

【商品情報】

SLACK(スラック)

CLUDE

1万3824円(税込)

 

問い合わせ先

エフ・エー・アール・エム 03-6409-6429

http://www.slackfootwear.com/

TAG
SHARE ON