ファッション
2019/7/12 17:50

日本旗艦店「ナイキ原宿」がリニューアル。そして「NIKEアプリ」で買い物がすげーラクになる

渋谷区神宮前にある「NIKE HARAJUKU」が本日7月12日リニューアルオープンしました。1階全体はナイキウィメンズを展開し、広くなったフィッティングルームでは、女性ユーザーが購入前の商品を試着し、トレッドミルでのトライアルも可能です。さらに2階でもラン トライアルができ、メンズフットウェアとアパレルが並びます。3階にはジョーダンブランドを取り揃え、さらにナイキ最新のプロダクトを自分好みにカスタマイズできる「Nike By You」というカスタマイズスペースも新しく設置されました。

【フォトギャラリー】※GetNavi web本サイトにて見られます。

 

今回のリニューアルオープンで注目なのが、公式アプリ「NIKEアプリ」の存在。ナイキジャパン VP 兼 ゼネラルマネージャー小林哲二氏は、「2つの大きな戦略があります。まずは、この1Fのフロアは以前と違い、ウィメンズだけの取り扱いにしました。女性にもっとスポーツを楽しんでもらうためです。2つ目はデジタルとフィジカルの融合です。どのブランドもオンラインストアでの販売、そして実店舗での販売もしております。現状ユーザーにとって、この境界線はなくなっています」と、言います。そのデジタルとフィジカルの境界線をもっとシームレスにしようと考えられ、バージョンアップしたのが今回のNIKEアプリ。これ実店舗で利用することで、かなり利便性が上がります。

↑「原宿はナイキにとって特別な街。目と鼻の先には、ランニングなどスポーツが楽しめる代々木公園があります。ナイキはスポーツへの造詣が深いです。そして、スニーカーカルチャーが根付いています。スニ-カーへッズは、次にどのようなスニーカーが流行するのか、原宿という街に着目しているからです」とは、ナイキジャパン VP 兼 ゼネラルマネージャー小林哲二氏

では、NIKEアプリの特徴について紹介しましょう。

 

■在庫検索で取り置き
NIKEアプリで、ストアから80km以内であれば在庫をリアルタイムで見ることができ、48時間取り置きすることができます。

 

↑オンラインストアで購入するのはイヤだけど、時間がなく実店舗に行けなくて、だけど、どうしてもスニーカーを試着したい、という願いも本アプリで叶います。その商品をひとまず取り置きしてもらえるなんて、かなりハッピーなシステムです

 

■スキャンして商品情報
ユーザーは、NIKEアプリを通じてアイテムをスキャンすることで、そのアイテムのさらなる情報を得て、アイテム選びの手助けをしてくれます。特徴や素材、サイズについてのアドバイスなど、アイテムをより深く知ることができます。

 

↑スニーカーの場合、写真のようなバーコードをスキャンすればOK!

 

↑店舗とオンライン両方の在庫をリアルタイムで確認することができます

 

↑店舗にあるスニーカーをどれでもスキャンし、最大で3つのサイズの試着を1度にリクエストできます

 

■NIKEアプリメンバーの特典
店舗内もしくは、店舗の近くにいる場合、NIKEアプリから、メンバーへ各種特典を届けます。各種特典は、購入特典、パートナーリワード、プロモーションなど、あらゆるタイプの特典があります。

 

いずれは「インスタント・チェックアウト」という機能も展開される予定。これは会計の列に並ばず、店舗内各所に会計ステーションがあり、自分自身で会計することができます。

また、「ユーザーはいますぐ商品が欲しいと、渇望しています。その声に応えるため、AIロボットを導入した物流センターを千葉県に新設しました」と、小林氏。これによって東京都内の一部の地域であれば、当日発送が可能といいます。

今回はNIKE HARAJUKUの店舗リニューアルですが、それだけにとどまらず、NIKEアプリの大きなアップデートがありました。今後は同ブランドが目指す「デジタルとフィジカルの融合」の、より大きいスケール展開が楽しみです。

TAG
SHARE ON