ファッション
メガネ
2019/10/31 18:50

ツルの内側よーく見て…これ、世界初の技術です! JINSの高級ブランドから3Dプリンタ技術を活用したサングラス

ジンズが運営するハイエンド層向けアイウエアブランド「J of JINS(ジェイ オブ ジンズ)」から、世界で初めてCarbon(カーボン)社の最新3Dプリンタ技術を活用したサングラス「Neuron4D(ニューロンフォーディー)」を発売します。J of JINS六本木ヒルズ店にて10月31日(木)より発売。11月21日(木)よりオンライン購入も可能となります。価格は2万5000円で、一部偏光レンズは2万7000円(ともに税抜)。

 

3Dプリンタで造形した素材をツルの内側に施し、快適なフィット感を実現

「Neuron4D」は世界で初めて、革新的な3Dプリンティング技術で数々の企業とパートナーシップを組む米国Carbon社との協業により、テンプル(メガネのつる)の内側に3Dプリンタによるラティス構造(※)の造形品を装着したサングラス。着用時に締め付けることなく頭の形に合わせて変形するクッション性と通気性を兼ね備えた、これまでにない「快適なフィット感」を実現したといいます。

※ラティス構造…枝状に分岐した格子が周期的に並んだもの。もともとは軽量化技術として開発され、多彩な用途への可能性を秘める造形技術として注目されている。

↑テンプルの内側に施されたラティス構造。触感はシリコンの手触りをもう少し硬くしたイメージで、適度な弾力があります

 

多角形に組み上げられたラティス構造は、3Dプリンタでしか実現しえない緻密な構造。丁番側では0.8mm、テンプルエンド側では0.6mmと、柱の太さに0.1mm単位でグラデーションを施し、テンプルエンドに向かうほど柔らかくなる設計。これにより、動いてもずれにくく、ムレにくくなっているので、アクティブなシーンにおすすめだといいます。実際に掛け心地を試してみたところ、確かに通常のメガネとはフィット感が大きく違いました。テンプルの内側にあるネット状のラティス構造の素材がやさしく頭をホールドして、ズレる気配はまったくなし。網状ゆえ通気性が良いのもうなずけます。なるほど、これならスポーツでも違和感なく使えそうですね。

 

フレームは、複数素材を組み合わせたオリジナル設計。3Dプリンタ造形品は劣化しにくいポリウレタン、それを装着したテンプルは軽量樹脂素材のTR-90を採用。フロントは質感に優れたアセテート樹脂を採用するなど、独自の品質・品格感を生み出しているといいます。玉型はファッションアイテムとして取り入れやすいウエリントン、ボストンの2型を用意。レンズカラーは、マットミラーなど遊び心のあるバリエーション展開です。スポーツやアウトドアでアクティブに過ごすという方は、ぜひ注目してみてください。

 

【バリエーションをギャラリーでチェック】

TAG
SHARE ON