ファッション
2016/10/20 17:35

クラークスの新作ブーツはGORE-TEX®ファブリクスを初採用! ピルグリム サーフ+サプライ限定のカラーもあり

1825年にイングランドのとある小さな町でスタートしたシューズブランド「クラークス(CLARKS)」。190年以上の長い歴史で培った経験、技術、履き心地の良いデザインと機能性が認められ、世界中で愛されているブランドです。そんなクラークスを代表するシューズ「デザートブーツ」に、シリーズ初となるGORE-TEX®ファブリクスバージョンが登場しました!

 

20161020-a06 (1)

老舗シューズブランドのクラークスが誇る傑作シューズのなかでも、特に有名なのがデザートブーツ。カジュアルなデニムパンツから上品なスラックスまで、合わせるボトムスを選ばない汎用性の高さと、発売以来変わらないデザインで多くのファンを魅了し続けています。

 

そんなデザートブーツのシンプルなデザイン性を損なうことなく、GORE-TEX®ファブリクスのライニングを配したスペシャルアイテムがこちらです。今作では、アイコンでもあるクレープソールではなく、ラバーソールを搭載したこともポイント。雨や雪の日でも履きやすく、機能性もアップデートされています。さらにサンドスエードは、「Pilgrim Surf+Supply(ピルグリム サーフ+サプライ)」の限定カラーが採用されているのです!

 

GORE-TEX®ファブリクスバージョンというだけでも話題性充分なのに、ダメ押しのピルグリム サーフ+サプライ限定となれば、試さないわけにはいられませんよね。ということで、早速見ていきましょう!

 

伝統的的なフォルムにハイテク素材が融合!

20161020-a06 (2)

アッパーの素材には上質なスエードを使用。ソールは軽くて屈曲性が良く履きやすい、ステッチダウン製法を採用しています。

 

20161020-a06 (3)

ライナーに使われている素材は要注目! GORE-TEX®ファブリクス採用することで外からの雨は侵入せず、余分な湿気をしっかりと排出してくれます。

 

今作では意図的にアイコンでもあるクレープソールからラバーソールにアレンジ。雨や雪の日でも履きやすく、機能性もアップデートしています。

 

20161020-a06 (5)

デザートブーツ定番のクレープソールと比べると若干の固さはありますが、履き込むことでソールは徐々にしなやかにしなってくれます。履きこむほど足にフィットしてくるわけです。

 

クラークスのデザートブーツは今も昔も変わらず鉄板ですね。しかもGORE-TEX®ファブリクスの採用で使い勝手がアップ。加えて、サンドスエードはピルグリム サーフ+サプライの限定カラーとなれば、ますますキャッチーなアイテムですね。雨の日や冬の装いにも対応しているので、とにかくオススメです!

 

Clarks ORIGINALS

DESERT BOOT GTX SAND SUEDE

2万9160円(税込)

クラークスを代表するデザートブーツのアッパーを、防水耐久性と水蒸気を発散させる透湿性の両方を兼ね備えた、GORE-TEX®ファブリクスでアップデート。

 

【URL】

CLARKS http://www.clarks.co.jp/

TAG
SHARE ON